.msとは?

覆面調査員

読み方:ふくめんちょうさいん
別表記:ミステリショッパー、MS、サービスインスペクター

飲食店小売店などにおけるサービスなどを評価するために、調査会社などによる募集に応じ、通常の客を装って覆面調査ミステリーショッピング)を行うモニターを意味する語。覆面調査員による評価は、店舗運営する企業などにフィードバックされ、顧客満足度の向上に利用されている。

ミズ【Ms.】

未婚既婚に関係なく、女性の姓または姓名前に付け敬称Missミス)とMrs.ミセス)の合成語


エム‐エス【MS】

management service公認会計士提供する経営コンサルティングサービス。


エム‐エス【MS】


エム‐エス【MS】


エム‐エス【MS】


エム‐エス【MS】

mass spectrometry》マススペクトロメトリー(質量分析)の略。


エム‐エス【MS】


エム‐エス【MS】


エム‐エス【MS】

meal solution》ミールソリューション。女性社会進出などに伴う、家庭で調理時間短縮に対応した、食材加工調理業。また、そのような調理食品1990年代半ばに、米国スーパーマーケット業界外食産業対抗するために提案したコンセプト日本における中食(なかしょく)に相当する。


エム‐エス【M/S】

《meters per secondメートル毎秒速度を表す記号


エム‐エス【MS】


ミリ‐セック【msec/ms】


Microsoft

読み方マイクロソフト
別名:MS,Microsoft Corporation

Microsoftとは、1975年ビル・ゲイツBill Gates)とポール・アレンPaul Allen)によって設立されたソフトウェアメーカーの名称である。オペレーティングシステムOS)「Windowsシリーズ開発元などとして知られている。

Microsoftは、当初BASICインタープリタ開発などを行っており、IBM PCOSとしてMS-DOSを提供したことをきっかけとして、IBM PCと共に市場浸透ていったその後グラフィカルユーザーインターフェースGUI)を採用したWindowsリリースされると、急速にシェア伸ばし圧倒的な市場シェア獲得するに至る。2007年現在、OS市場全体対すWindows系OSシェアは、90%以上になるといわれている。

Windowsと並んでWebブラウザの「Internet Explorer」(IE)や、オフィススイートの「Microsoft Office」も普及している。Microsoft Officeにおける、ワープロソフトの「Word」、表計算ソフトの「Excel」、プレゼンテーションソフトの「PowerPoint」といったアプリケーションソフトは、それぞれ同種の製品代表的存在となっている。他にも、ポータルサイトの「MSN」の運営や、家庭用ゲーム機Xbox」「Xbox 360」の販売なども行っている。


参照リンク
Microsoft Corporation
マイクロソフト

MS曲線


変形正弦曲線

英語表記Modified Sine,MS

最も広く一般に用いられている標準的カム曲線一つ最大速度カム軸トルク係数小さく加速度比較小さいので負荷性質未知場合などでも広く用いられる。⇒MS曲線

凡例同義語は⇒、類似語は→、関連語は?で示す。

MS

読み方えむえす

路盤用鉄鋼スラグのうち、所定良好粒度となるようにしたもの等値換算係数は0.35である。

粒度調整鉄鋼スラグ


質量分析法

英訳・(英)同義/類義語:mass spectrometry, MS

質量分析計使い原子質量分子構造調べ手法

.ms

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/21 01:12 UTC 版)

.ms国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、イギリスの海外領土モントセラトに割り当てられている[1]






「.ms」の続きの解説一覧

メートル毎秒

(.ms から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/01 00:18 UTC 版)

メートル毎秒(メートルまいびょう、記号m/s)は、国際単位系(SI)における速さ又は速度単位である[注釈 1][1][2][3]。1メートル毎秒は、「1間に1メートル速さ」と定義される[4]。なお、速さ速度の違いについては、速度#速度と速さを参照のこと。


注釈

  1. ^ 国際単位系では、「速さ」、「速度」の単位としているが、日本の計量法では、「速さ」の単位としており、「速度」の単位とはしていない。
  2. ^ 誤りやすい単位記号の例として、「50 sec(正しくは→50 s)」とある[5]

出典

  1. ^ 独立行政法人産業技術総合研究所 計量標準総合センター『国際文書 国際単位系 (SI)』、2006年、第 8 版日本語版。 p.28 「表 2 基本単位を用いて表される一貫性のある SI 組立単位の例」に「速さ,速度」とある。
  2. ^ 計量法第2条第1項第1号中、「速さ」とある。「速度」ではない。
  3. ^ 計量単位令 別表第1 項番14に「速さ」とある。
  4. ^ 計量単位令 別表第2 項番14 速さ 「メートル毎秒」の欄
  5. ^ 国際単位系(SI)は世界共通のルールです (PDF) 3ページ目
  6. ^ 『地震-3』- 地震の大きさ”. 日本建築構造技術者協会. 2018年10月23日閲覧。
  7. ^ CJK Compatibility (PDF)” (2015年). 2016年2月21日閲覧。
  8. ^ The Unicode Standard, Version 8.0.0”. Mountain View, CA: The Unicode Consortium (2015年). 2016年2月21日閲覧。


「メートル毎秒」の続きの解説一覧

ミズ (敬称)

(.ms から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/29 15:31 UTC 版)

ミズ(Ms または Ms.、[ˈmɪz][1]は、英語における敬称の一つであり、女性のラストネームまたはフルネームに対して使用され、配偶者の有無に関わらず、女性のデフォルトの敬称として使用することを目的としている[2]




  1. ^ a b Oxford English Dictionary online, Ms, n.2. Etymology: "An orthographic and phonetic blend of Mrs n.1 and miss n.2 Compare mizz n. The pronunciation with final /-z/ would appear to have arisen as a result of deliberate attempts to distinguish between this word and miss n.2; compare mizz n., and perhaps also Miz n.1" — [mizz n.: Etymology: Representing the spoken realization of Ms n.2 (see discussion at that entry)]. Accessed 2012-07-25.
  2. ^ Emily Post's Guide to Addressing Correspondence: Addressing a Woman”. The Emily Post Institute. 2010年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月12日閲覧。
  3. ^ a b Zimmer, Ben (2009年6月23日). “Hunting the Elusive First 'Ms.'”. Word Routes. The Visual Thesaurus. 2009年6月23日閲覧。
  4. ^ Abbreviations : Capital Letters and Abbreviations”. www.sussex.ac.uk. 2018年2月26日閲覧。
  5. ^ Spender, Dale (1981). Man Made Language. London: Routledge & Kegan Paul. ISBN 978-0-7100-0675-2 
  6. ^ Stannard, Una (1977). Mrs Man. San Francisco: Germainbooks. ISBN 978-0-914142-02-7 
  7. ^ Martin, Judith (2009年10月11日). “What’s in a name?”. Buffalo News. 2009年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月20日閲覧。
  8. ^ Martin, Judith. Miss Manners' Guide for the Turn of the Millennium. New York, New York: Simon & Schuster. p. 10. ISBN 0-671-72228-X 
  9. ^ Ms.”. The American Heritage Dictionary of the English Language. Houghton Mifflin Company (2009年). 2019年3月20日閲覧。
  10. ^ Jeffs, Angela (2000年11月5日). “Missing piece of puzzle in story of 'Ms.'”. The Japan Times Online. http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fl20001105a1.html 
  11. ^ Michaels, Sheila (March–April 2008). “Forty Years of Defying the Odds”. Solidarity Webzine. Solidarity. 2009年11月9日閲覧。
  12. ^ Kay, Eve (2007年6月28日). “Call Me Ms”. The Guardian. 2007年8月20日閲覧。
  13. ^ Fishko, Sara (2012年6月28日). “Fishko Files: Ms.”. WNYC. 2013年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月12日閲覧。
  14. ^ Zimmer, Ben (2009年10月25日). “On Language: Ms.”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2009/10/25/magazine/25FOB-onlanguage-t.html 2009年11月16日閲覧。 
  15. ^ Frum, David (2000). How We Got Here: The '70s. New York, New York: Basic Books. p. 246. ISBN 0-465-04195-7 
  16. ^ Safire, William. "On Language: Goodbye Sex, Hello Gender", The New York Times, August 5, 1984, Section 6 p. 8.
  17. ^ Grigg, John (1991年11月2日). “The Times”. "Most married women are still addressed, and wish to be addressed, as Mrs, while most unmarried women are still addressed as Miss. Ms is used by feminists to make their point, or by male chauvinists trying to make the opposite point, though of course it is also used by unprejudiced correspondents in a state of doubt."  quoted in Burchfield, R. W. (1996). The New Fowler's Modern English Usage (3rd ed.). p. 512. ISBN 0-19-969036-7 
  18. ^ Telegraph style book: names and titles”. Telegraph.co.uk (2008年2月19日). 2019年3月20日閲覧。
  19. ^ The Guardian Style Guide: Mr, Ms, Mrs, Miss”. The Guardian (2009年8月). 2013年3月12日閲覧。
  20. ^ Titles”. The Economist. 2016年11月16日閲覧。
  21. ^ Names”. BBC Academy. 2015年6月25日閲覧。
  22. ^ Zimmer, Ben. "On Language: Ms." The New York Times’’. 23 October 2009.
  23. ^ Siegal, Allan M., Connolly, William G. "Courtesy title". The New York Times Manual of Style and Usage: The Official Style Guide Used by the Writers and Editors of the World's Most Authoritative News Organization. Random House USA Incorporated, 2015. 9781101905449. Page 79.
  24. ^ a b Mrs? Or is that Ms, Miss?”. BBC NEWS. 2019年3月20日閲覧。
  25. ^ a b Fellowes, By Jessica. “Etiquette: Mind your 'please' and cues”. 2019年3月20日閲覧。
  26. ^ ERROR – Ms”. The Queen's English Society: QES English Academy. 2010年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月20日閲覧。
  27. ^ Martin, Judith. “Miss Manners: How and When to Use 'Ms.' in Business Correspondence”. MSN. 2012年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月20日閲覧。
  28. ^ Guide to Addressing Correspondence”. 2019年3月20日閲覧。
  29. ^ The American Heritage Book of English Usage” (2007年10月31日). 2008年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月20日閲覧。


「ミズ (敬称)」の続きの解説一覧

M's

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/31 07:55 UTC 版)

M's(エムズ)




「M's」の続きの解説一覧

ミリ秒

(.ms から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/18 14:59 UTC 版)

ミリ秒(ミリびょう、millisecond、記号: ms)は、1000分の1 (10−3 s, 1/1000 s) に等しい時間の単位である[1]


  1. ^ Units: M”. How Many? A Dictionary of Units of Measurement (2001年11月20日). 2017年8月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年8月25日閲覧。


「ミリ秒」の続きの解説一覧

MS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/14 14:02 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

MS, ms

サイズ

  • のサイズの1つ。農林水産省の「鶏卵規格取引要綱」が定めた「箱詰鶏卵規格」の種類。包装中の鶏卵1個の重量が、52グラム以上58グラム未満であるもの。Sより大きくMより小さい。

IDコード・略号

略称・頭字語(アクロニム)

型番




「MS」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「.ms」に関係したコラム

  • 株式の大型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

  • 株365の株価指数に採用されている銘柄

    株365の銘柄の価格は、株価指数に採用されている銘柄の価格をもとにして算出されます。株価指数に採用されている銘柄はその国を代表するような優良企業であることが多く、また、取引高も多く市場から注目されてい...

  • 株式の投資基準とされるBPSとは

    株式の投資基準とされるBPS(Book-value Per Share)とは、1株あたり純資産のことです。BPSは、次の計算式で求めることができます。BPS=純資産÷発行済み株式数BPSは、企業の解散...

  • 株式の投資基準とされるPBRとは

    株式の投資基準とされるPBR(Price Book-value Ratio)とは、時価総額が株主資本の何倍かを示す指標のことで、株価純資産倍率とも呼ばれています。PBRは、次の計算式で求めることができ...

  • 株式の株価水準による分類

    株式市場に上場している銘柄を分類する方法の1つに、株価水準が挙げられます。株価水準では、株価の高い、安いによって銘柄を分類します。一般的に株価水準では、次のように分類します。値がさ株(値嵩株)中位株低...

  • 株式の投資基準とされるPERとは

    株式の投資基準とされるPERとは、株価収益率のことです。PERは、次の計算式で求めることができます。PER=株価÷EPSEPSは、1株当たりの利益額のことで、「当期純利益÷発行済み株式数」で計算されま...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.ms」の関連用語

.msのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.msのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリMicrosoftの記事を利用しております。
三共製作所三共製作所
Copyright(C) 1998-2021, Sankyo Seisakusho co. All rights reserved.
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2021 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.ms (改訂履歴)、メートル毎秒 (改訂履歴)、ミズ (敬称) (改訂履歴)、M's (改訂履歴)、ミリ秒 (改訂履歴)、MS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS