.msとは? わかりやすく解説

ms

ms は略語である。
  1. milli secondミリ秒)の略。「1000分の1秒」を表す時間の単位
  2. mystery shopperミステリーショッパー)の略。「覆面調査員」ともいう。一般客のふりをして店舗偵察評価する
  3. Microsoftマイクロソフト)の略。Windows OS や「Office」などの製品知られるIT企業
  4. manuscriptマニュスクリプト)の略。「原稿」「手稿」を意味する
  5. Master of Science理学修士)の略。理学修士課程修了した者に授与される学位
  6. mission specialistミッションスペシャリスト)の略。NASA所属し船長操縦手と共に宇宙船運用携わる宇宙飛行士
  7. Mississippiミシシッピ州)の略。USPS ZIP CODEアメリカ郵便番号制度)などで用いられる州の略称
  8. magnetic storage磁気記憶)の略。磁性体利用したデータ記憶技術HDD代表的
  9. multiple sclerosis多発性硬化症)の略。免疫系ミエリン鞘呼ばれる組織破壊することで生じ神経の機能の異常。難病特定疾患指定
  10. Mobile Suitモビルスーツ)の略。ガンダム用語。ざっくり言えばガンダムに代表される人型兵器のこと
  11. Morgan Stanleyモルガン・スタンレー)の略。米国大手金融機関グループ
  12. mansionマンション)の略。特に「M/S」と表記されることが多い
  13. meters per secondメートル毎秒)の略。1秒間に進む距離を示す単位。特に「m/s」と表記されることが多い
  14. Missミス)とMrs.ミセス)の合成語で、未婚既婚かに関係なく女性に対して使える英語の敬称。「Ms.」と表記される

覆面調査員


エム‐エス【M/S】

読み方:えむえす

meters per secondメートル毎秒速度を表す記号


ミズ【Ms.】

読み方:みず

未婚既婚関係なく女性の姓または姓名前に付け敬称Missミス)とMrs.ミセス)の合成語


エム‐エス【MS】

読み方:えむえす

Master of Science理学修士


エム‐エス【MS】

読み方:えむえす

multiple sclerosis》⇒多発性硬化症


エム‐エス【MS】


エム‐エス【MS】

読み方:えむえす

manuscript原稿また、写本複数MSS


エム‐エス【MS】


エム‐エス【MS】


エム‐エス【MS】

読み方:えむえす

mitral stenosis》⇒僧帽弁狭窄症


エム‐エス【MS】

読み方:えむえす

Microsoft》⇒マイクロソフト


エム‐エス【MS】

読み方:えむえす

mass spectrometryマススペクトロメトリー質量分析)の略。


ミリ‐セック【msec/ms】

読み方:みりせっく

ミリ秒


Microsoft

読み方マイクロソフト
別名:MS,Microsoft Corporation

Microsoftとは、1975年ビル・ゲイツBill Gates)とポール・アレンPaul Allen)によって設立されたソフトウェアメーカーの名称である。オペレーティングシステムOS)「Windowsシリーズ開発元などとして知られている

Microsoftは、当初はBASICインタープリタ開発などを行っており、IBM PCOSとしてMS-DOS提供したことをきっかけとしてIBM PCと共に市場浸透していった。その後グラフィカルユーザーインターフェースGUI)を採用したWindowsリリースされると、急速にシェア伸ばし圧倒的な市場シェア獲得するに至る。2007年現在OS市場全体に対すWindows系OSシェアは、90%以上になるといわれている。

Windows並んでWebブラウザの「Internet Explorer」(IE)や、オフィススイートの「Microsoft Office」も普及している。Microsoft Officeにおける、ワープロソフトの「Word」、表計算ソフトの「Excel」、プレゼンテーションソフトの「PowerPoint」といったアプリケーションソフトは、それぞれ同種の製品代表的な存在となっている。他にもポータルサイトの「MSN」の運営や、家庭用ゲーム機Xbox」「Xbox 360」の販売なども行っている


参照リンク
Microsoft Corporation
マイクロソフト

質量分析法

英訳・(英)同義/類義語:mass spectrometry, MS

質量分析計使い原子質量は分子の構造調べ手法

.ms

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 09:06 UTC 版)

.ms国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、イギリスの海外領土モントセラトに割り当てられている[1]




「.ms」の続きの解説一覧

メートル毎秒

(.ms から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/30 05:49 UTC 版)

メートル毎秒(メートルまいびょう、記号m/s)は、国際単位系(SI)における速さ又は速度一貫性のある組立単位である[1]


  1. ^ 産業技術総合研究所 計量標準総合センター 『国際文書 国際単位系 (SI)』(第 9 版日本語版)、2020年https://unit.aist.go.jp/nmij/public/report/SI_9th/pdf/SI_9th_日本語版_r.pdf  p.108 「表 5 基本単位を用いて表現された一貫性のある組立単位の例」に「速さ,速度」とある。
  2. ^ 計量法第2条第1項第1号中、「速さ」とある。「速度」ではない。
  3. ^ 計量単位令 別表第1 項番14に「速さ」とある。
  4. ^ 計量単位令 別表第2 項番14 速さ 「メートル毎秒」の欄
  5. ^ 国際単位系(SI)は世界共通のルールです 産総研 計量標準総合センター 計量標準普及センター 計量標準調査室、2020年4月、p.2、誤りやすい単位記号の例 50 sec(正しくは 50 s)とある。
  6. ^ 『地震-3』- 地震の大きさ”. 日本建築構造技術者協会. 2018年10月23日閲覧。
  7. ^ CJK Compatibility (PDF)” (2015年). 2016年2月21日閲覧。
  8. ^ The Unicode Standard, Version 8.0.0”. Mountain View, CA: The Unicode Consortium (2015年). 2016年2月21日閲覧。


「メートル毎秒」の続きの解説一覧

M's

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/31 07:55 UTC 版)

M's(エムズ)




「M's」の続きの解説一覧

ミリ秒

(.ms から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/21 06:32 UTC 版)

ミリ秒(ミリびょう、millisecond、記号: ms)は、1000分の1 (10−3 s, 1/1000 s) に等しい時間の単位である[1]


  1. ^ Units: M”. How Many? A Dictionary of Units of Measurement (2001年11月20日). 2017年8月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年8月25日閲覧。


「ミリ秒」の続きの解説一覧

Ms.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/27 02:09 UTC 版)

Ms.』(ミズ)は1983年9月2日にリリースされた門あさ美の1枚目のベスト・アルバムである。


  1. ^ Ms. 門あさ美”. Apple Inc.. 2014年12月6日23:00閲覧。


「Ms.」の続きの解説一覧

MS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/14 14:02 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

MS, ms

サイズ

  • のサイズの1つ。農林水産省の「鶏卵規格取引要綱」が定めた「箱詰鶏卵規格」の種類。包装中の鶏卵1個の重量が、52グラム以上58グラム未満であるもの。Sより大きくMより小さい。

IDコード・略号

略称・頭字語(アクロニム)

型番




「MS」の続きの解説一覧

M's (マサちゃんズ, M's Trio)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 06:50 UTC 版)

大坂昌彦」の記事における「M's (マサちゃんズ, M's Trio)」の解説

大坂昌彦(Ds.)、佐山雅弘(Pf.)、小井政都志(B.)から成る1990年ごろから不定期に活動ユニット名の由来メンバー全員の名前に含まれるマサ」から。 Floatin' Time - 2002年9月21日 M's 2nd. - 2003年8月21日 Standard Mind - 2005年1月21日 We Got Rhythm~M's LIVE at MUZA - 2007年2月7日

※この「M's (マサちゃんズ, M's Trio)」の解説は、「大坂昌彦」の解説の一部です。
「M's (マサちゃんズ, M's Trio)」を含む「大坂昌彦」の記事については、「大坂昌彦」の概要を参照ください。


MS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 00:28 UTC 版)

プラント (ガンダムシリーズ)」の記事における「MS」の解説

詳細は『ザフトの機動兵器を参照

※この「MS」の解説は、「プラント (ガンダムシリーズ)」の解説の一部です。
「MS」を含む「プラント (ガンダムシリーズ)」の記事については、「プラント (ガンダムシリーズ)」の概要を参照ください。


MS(モビルスーツ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 23:35 UTC 版)

SDガンダムフォースの登場勢力」の記事における「MS(モビルスーツ)」の解説

ガンダミウム持たない機械の総称対象となるのはネオトピア一般ロボットダークアクシズのコマンダーサザビー、ザコソルジャーなど。

※この「MS(モビルスーツ)」の解説は、「SDガンダムフォースの登場勢力」の解説の一部です。
「MS(モビルスーツ)」を含む「SDガンダムフォースの登場勢力」の記事については、「SDガンダムフォースの登場勢力」の概要を参照ください。


MS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 05:25 UTC 版)

多発性硬化症」の記事における「MS」の解説

多発性硬化症(MS)は臨床症候MRIによって炎症性脱髄によると判断される病変時間的多発性DITdissemination in time)と空間的多発性(DISdissemination in space)を呈する急性増悪繰り返再発寛解型(RRMS)と発症時から急性増悪がなく1年以上にわたり徐々に病状進行していく一次進行型(PPMS)はMcDonald基準によりMRI所見髄液所見考慮して高い精度早期診断がすることが可能である。RRMSとして経過した後に慢性進行型に移行するSPMSはMcDonald診断基準では定義されていない診断基準は、1954年Allison基準1965年Schumacher基準1983年Poser基準1988年の旧厚労省基準2001年McDonald基準知られており、McDonald診断基準2005年2010年改訂されているが、現在基本的にこの「McDonald診断基準」が広く用いられている。McDonald基準初版ら変わっていない基本原則4つあり、1つMcDonald基準中枢神経病変DITDIS証明するための基準であるということ発作増悪再発)には定義がある。それは中枢神経症候炎症性脱髄によると考えられ患者主観的な報告あるいは客観的な観察よるものであり24時間以上持続しpseudo-relapseや再発性でない突発性症候除外されており、ある発作発症次の発作発症間隔30日上であること必要である。なお病歴上の神経症状であって現在はその症状見られない場合MRIでそれに関連する病変有無検証する必要がある診断はMS、possible MS(CIS)、non MSとなるということである。 自然経過から多発性硬化症以下に大別される再発寛解型 (relapseing-remitting MS:RRMS) 再発寛解繰り返すもの。ほとんど初期の場合多くはこの症状を呈する進行一次性進行型 (primary-progressive MS:PPMS) 発症当初から進行性経過を経るもの。 二次性進行型 (secondary-progressive MS:SPMS) RRMSの中で発症後1520年経過再発がなくても次第障害進行するうになるもので、再発炎症過程示しており進行変性過程示している考えられている。非常に治療抵抗性治療コントロールが困難。 欧米白人ではRRMSが8090%であり、PPMSが1020%占めが日本人ではPPMSは5%前後である。RRMSとPPMSは治療に対する反応性違いから異な疾患とする立場と、長時間自然経過観察基いてRRMSもPPMSも同じような年齢同様な障害度に進行することから1つ疾患異なる表現型とする立場がある。EDSSスコアで4に達すまでの期間進行スピード)は病型によって異なるスコア4からスコア6に至る期間は病型再発有無に関係なく一定である。スコア6にはPPMSでは49歳、RRMS/SPMSでは48歳であり、スコア8に達するのはともに58歳である。 RRMSPPMSMSに占め頻度 8590% 1015% 性比(男:女) 1:2〜3 1:1 平均発症年齢 30歳 40歳 主たる症候 脊髄感覚優位)、視神経脳幹症候 痙性対麻痺小脳性運動失調 脳MRI上のGd造影病変 よくあり 少な早期脊髄萎縮 まれ あり 髄液OB頻度 90% 80% 経過車椅子生活までの期間中央値) より遅い(33.1年) より早い(13.4年) IFNβ治療効果 あり なし MSの障害年齢依存し、RRMSでは初回発作からの完全回復率は高齢者では若年者より有意に低下する。MSの予後不良因子としては男性高齢発症、PPMS、初発運動症候、小脳症候膀胱直腸障害存在再発間隔の短さ年間再発率の高さ)、病初期の再発多さ初期からの障害残存、より多くの神経機能障害発症5年後障害度の高さとMRI lession load多さあげられる良性型MS (benign MS) 良性型MSの定義は一様ではないももの発症5〜10年後EDSSスコア3点以下のもの1020年後障害呈するリスク極めて低いといわれている。しかし発症10年後にEDSS3.0以下であっても約半数認知機能障害をおこすといった報告発症10年後にEDSS3.0点以下であっても20年後EDSS3.0以下のもの半数であり、20%はEDSS6.0以上となり歩行補助必要なレベルという報告もある。経過は必ずしも軽症のまま推移するとは限らない急性劇症型)MS 大脳脳幹脊髄などの多彩な症状が2〜3週間のうちに出現し昏睡など顕著な意識障害をきたし数週間から数ヶ月のうちに寛解をみることなく死に至る劇症経過をとるMSである。剖検例では急性散在性脳脊髄炎異なり比較大きな典型的なMSの肉眼脱髄斑が多数認められるアフェレーシス有効なことが多く救命例の報告増えてきつつある。

※この「MS」の解説は、「多発性硬化症」の解説の一部です。
「MS」を含む「多発性硬化症」の記事については、「多発性硬化症」の概要を参照ください。


MS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 17:52 UTC 版)

切手」の記事における「MS」の解説

Mint Stamp (s) の略称。単にMintともいう。Mintは、もともと貨幣収集の用語であり、切手の場合、郵便局窓口などで発売された状態のままのものをいう。ただの未使用切手の場合、Unusedなどの語があてられる

※この「MS」の解説は、「切手」の解説の一部です。
「MS」を含む「切手」の記事については、「切手」の概要を参照ください。


Ms.(ミズ・ミス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 17:05 UTC 版)

敬称」の記事における「Ms.(ミズ・ミス)」の解説

既婚未婚を問わず女性に対して広く用いられる和訳は「様」「先生」など。上の2語が婚姻有無区別することから女性差別受け取られることがあり、ビジネスの場などでこの敬称良く使われる下記項目参照)。

※この「Ms.(ミズ・ミス)」の解説は、「敬称」の解説の一部です。
「Ms.(ミズ・ミス)」を含む「敬称」の記事については、「敬称」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「.ms」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「MS」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「.ms」に関係したコラム

  • 株式の大型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

  • 株365の株価指数に採用されている銘柄

    株365の銘柄の価格は、株価指数に採用されている銘柄の価格をもとにして算出されます。株価指数に採用されている銘柄はその国を代表するような優良企業であることが多く、また、取引高も多く市場から注目されてい...

  • 株式の投資基準とされるBPSとは

    株式の投資基準とされるBPS(Book-value Per Share)とは、1株あたり純資産のことです。BPSは、次の計算式で求めることができます。BPS=純資産÷発行済み株式数BPSは、企業の解散...

  • 株式の投資基準とされるPBRとは

    株式の投資基準とされるPBR(Price Book-value Ratio)とは、時価総額が株主資本の何倍かを示す指標のことで、株価純資産倍率とも呼ばれています。PBRは、次の計算式で求めることができ...

  • 株式の株価水準による分類

    株式市場に上場している銘柄を分類する方法の1つに、株価水準が挙げられます。株価水準では、株価の高い、安いによって銘柄を分類します。一般的に株価水準では、次のように分類します。値がさ株(値嵩株)中位株低...

  • 株式の投資基準とされるPERとは

    株式の投資基準とされるPERとは、株価収益率のことです。PERは、次の計算式で求めることができます。PER=株価÷EPSEPSは、1株当たりの利益額のことで、「当期純利益÷発行済み株式数」で計算されま...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.ms」の関連用語

.msのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.msのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリMicrosoftの記事を利用しております。
三共製作所三共製作所
Copyright(C) 1998-2023, Sankyo Seisakusho co. All rights reserved.
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2023 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2023 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.ms (改訂履歴)、メートル毎秒 (改訂履歴)、M's (改訂履歴)、ミリ秒 (改訂履歴)、Ms. (改訂履歴)、MS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの大坂昌彦 (改訂履歴)、プラント (ガンダムシリーズ) (改訂履歴)、SDガンダムフォースの登場勢力 (改訂履歴)、多発性硬化症 (改訂履歴)、切手 (改訂履歴)、敬称 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS