.msとは?

ミズ [1] 【Ms.】


Ms. (ミズ)

未婚Miss)および既婚Mrs.)の女性対する共通の敬称既婚未婚女性場合だけ区別するのをやめるための呼称

覆面調査員

読み方:ふくめんちょうさいん
別表記:ミステリショッパー、MS、サービスインスペクター

飲食店小売店などにおけるサービスなどを評価するために、調査会社などによる募集に応じ、通常の客を装って覆面調査ミステリーショッピング)を行うモニターを意味する語。覆面調査員による評価は、店舗運営する企業などにフィードバックされ、顧客満足度の向上に利用されている。

Microsoft

読み方マイクロソフト
別名:MS,Microsoft Corporation

Microsoftとは、1975年ビル・ゲイツBill Gates)とポール・アレンPaul Allen)によって設立されたソフトウェアメーカーの名称である。オペレーティングシステムOS)「Windowsシリーズ開発元などとして知られている。

Microsoftは、当初BASICインタープリタ開発などを行っており、IBM PCOSとしてMS-DOSを提供したことをきっかけとして、IBM PCと共に市場浸透ていったその後グラフィカルユーザーインターフェースGUI)を採用したWindowsリリースされると、急速にシェア伸ばし圧倒的な市場シェア獲得するに至る。2007年現在、OS市場全体対すWindows系OSシェアは、90%以上になるといわれている。

Windowsと並んでWebブラウザの「Internet Explorer」(IE)や、オフィススイートの「Microsoft Office」も普及している。Microsoft Officeにおける、ワープロソフトの「Word」、表計算ソフトの「Excel」、プレゼンテーションソフトの「PowerPoint」といったアプリケーションソフトは、それぞれ同種の製品代表的存在となっている。他にも、ポータルサイトの「MSN」の運営や、家庭用ゲーム機Xbox」「Xbox 360」の販売なども行っている。


参照リンク
Microsoft Corporation
マイクロソフト

MS曲線


変形正弦曲線

英語表記Modified Sine,MS

最も広く一般に用いられている標準的カム曲線一つ最大速度カム軸トルク係数小さく加速度比較小さいので負荷性質未知場合などでも広く用いられる。⇒MS曲線

凡例同義語は⇒、類似語は→、関連語は?で示す。

MS

読み方えむえす

路盤用鉄鋼スラグのうち、所定良好粒度となるようにしたもの等値換算係数は0.35である。

粒度調整鉄鋼スラグ


質量分析法

英訳・(英)同義/類義語:mass spectrometry, MS

質量分析計使い原子質量分子構造調べ手法

.ms

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/21 01:12 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
.ms
モントセラトの旗
施行 1997年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 MNI Networks Ltd.
後援組織 Lubimal (MS) Ltd.
利用地域 モントセラトに関係する団体・個人
全世界
使用状況 モントセラトのいくつかのサイトで使われている。
登録の制限 モントセラト内ほか、世界中から登録可能。
階層構造 登録は第二レベルに直接行われる。
ウェブサイト mninet.ms
テンプレートを表示

.ms国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、イギリスの海外領土モントセラトに割り当てられている[1]

マイクロソフトが利用しているサービスとして Visual Studio App Center [2] がある。

Second-level domains

  • co.ms 商業用
  • edu.ms 教育
  • gov.ms 行政
  • net.ms ネットワーク関連
  • org.ms 非営利団体

出典

外部リンク



MS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/01 20:42 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

MS, ms

サイズ

  • のサイズの1つ。農林水産省の「鶏卵規格取引要綱」が定めた「箱詰鶏卵規格」の種類。包装中の鶏卵1個の重量が、52グラム以上58グラム未満であるもの。Sより大きくMより小さい。

IDコード・略号

略称・頭字語(アクロニム)

型番

関連項目


メートル毎秒

(.ms から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/22 19:28 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
メートル毎秒
記号 m/s
国際単位系組立単位
速さ
定義 1秒間に1mの速さ
テンプレートを表示

メートル毎秒(メートルまいびょう、記号m/s)は、国際単位系(SI)における速さ又は速度単位である[注釈 1][1][2][3]。1メートル毎秒は、「1間に1メートル速さ」と定義される[4]。なお、速さ速度の違いについては、速度#速度と速さを参照のこと。

単位記号は、m/s である。m/sec としてはならない[注釈 2]

日常会話では「秒速何メートル」とも表現する。また、風速日本では通常メートル毎秒で測るが、「毎秒」を省略して「風速何メートル」と表現することが多い。

1メートル毎秒は、以下に等しい。

派生単位

センチメートル毎秒

センチメートル毎秒(記号:cm/s)は、1秒間に1センチメートルの速さと定義される速度の単位で、1メートル毎秒の100分の1である。

CGS単位系における速度の基本単位である。

カイン(kine)の別名があり、日本では地震動の最大の速さを表す単位として用いられている。建物の被害との関連では、加速度ガルとともに、重要な指標とされる[6]

尚、カイン(kine)の語源は運動を表すkinematicの頭4文字を取って読んだものと言われている。

符号位置

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+33A7 - ㎧
㎧
メートル毎秒

Unicodeには、メートル毎秒を表す上記の文字が収録されている。これはCJK互換用文字であり、既存の文字コードに対する後方互換性のために収録されているものであるので、使用は推奨されない[7][8]

換算

速度の単位
メートル毎秒
SI単位)
キロメートル毎時 ノット マイル毎時 フィート毎秒
1 m/s = 1 m/s = 3.6 km/h ≈ 1.9438 kt ≈ 2.2369 mph ≈ 3.2808 fps
1 km/h ≈ 0.27778 m/s = 1 km/h ≈ 0.53996 kt ≈ 0.62137 mph ≈ 0.91134 fps
1 kt ≈ 0.51444 m/s = 1.852 km/h = 1 海里/h ≈ 1.1508 mph ≈ 1.6878 fps
1 mph = 0.44704 m/s = 1.609344 km/h ≈ 0.8690 kt = 1 mi/h ≈ 1.4667 fps
1 fps = 0.3048 m/s = 1.09728 km/h ≈ 0.59248 kt ≈ 0.68181 mph = 1 ft/s

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 国際単位系では、「速さ」、「速度」の単位としているが、日本の計量法では、「速さ」の単位としており、「速度」の単位とはしていない。
  2. ^ 誤りやすい単位記号の例として、「50 sec(正しくは→50 s)」とある[5]

出典

  1. ^ 独立行政法人産業技術総合研究所 計量標準総合センター『国際文書 国際単位系 (SI)』、2006年、第 8 版日本語版。 p.28 「表 2 基本単位を用いて表される一貫性のある SI 組立単位の例」に「速さ,速度」とある。
  2. ^ 計量法第2条第1項第1号中、「速さ」とある。「速度」ではない。
  3. ^ 計量単位令 別表第1 項番14に「速さ」とある。
  4. ^ 計量単位令 別表第2 項番14 速さ 「メートル毎秒」の欄
  5. ^ 国際単位系(SI)は世界共通のルールです (PDF) 3ページ目
  6. ^ 『地震-3』- 地震の大きさ”. 日本建築構造技術者協会. 2018年10月23日閲覧。
  7. ^ CJK Compatibility (PDF)” (2015年). 2016年2月21日閲覧。
  8. ^ The Unicode Standard, Version 8.0.0”. Mountain View, CA: The Unicode Consortium (2015年). 2016年2月21日閲覧。

関連項目


ミズ (敬称)

(.ms から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/04 16:04 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

ミズ(Ms または Ms.、[ˈmɪz][1]は、英語における敬称の一つであり、女性のラストネームまたはフルネームに対して使用され、配偶者の有無にかかわらず、女性のデフォルトの敬称として使用することを目的としている[2]

ミス (Miss) やミセス (Mrs) と同様、ミズの語源は、かつて全ての女性に対して使われていた英語の敬称「ミストレス (Mistress)」である。「ミストレス」は17世紀に起源を持ち、20世紀に主流の用法に復活した[3]イギリスと多くのイギリス連邦諸国では、通常ピリオドはつけない。アメリカ合衆国カナダでは、通常ピリオドをつける[1][4]

歴史

ミスとミセスはミストレスから派生したものであり、それはミスター (Mr) と同様に配偶者の有無を示さない敬称だった[5][6]。ミズは20世紀になって普及した[7][8]

配偶者の有無を示さない女性の敬称が現代に復活することになった最も初期の提案として知られているのは、マサチューセッツ州スプリングフィールドの新聞『リパブリカン (The Republican)』の1901年11月10日の以下の記事である。

英語には欠如やある程度の間違いはあるが、我々はそれを補完することを約束する。ある女性が既婚か未婚かを知らないことで恥ずかしい立場に置かれたことは誰にでもある。未婚女性にミセスと呼びかけることは、既婚女性にミスと呼びかけて侮辱することよりも悪い。しかし、事実を知ることは必ずしも容易ではない。……

明らかに、今必要とされているのは、彼女が既婚か未婚かについていかなる見解も表明せずに、女性に敬意を表するより包括的な用語であり、2つの紛らわしい言葉を保持するよりも、単純で論理的である。略語 "Ms" は単純で書きやすく、関係者は状況に応じて適切に言い換えできる。口頭での使用のために "Mizz" と表記されるかもしれない。不明瞭に言ったMis' はMissやMrsに似ており、多くの牧歌的な地域での長い普遍的な慣行に合わせることができる[3]

この言葉はまた、1951年の『アメリカビジネス執筆協会会報 (Bulletin of the American Business Writing Association)』や1952年の全米オフィス管理協会が発行した『平易な手紙(The Simplified Letter)』などの出版物で、ビジネスレターを書く際の便利さが示唆された[9]

1961年、シェイラ・マイケルズ英語版は、ルームメイト宛に送られた雑誌の宛名ラベルに誤記があるのを見て、この用語を使用しようとした[10][11]。マイケルズは「男性に『属して』いない女性の敬称を探していた」と述べた[12]。彼女は、今日では一般的な用語のミスとミセスが「ミストレス」から派生したことを知っていたが、ミストレスは今ではいかがわしい意味合いで使われており、それをそのまま女性の敬称として使うことはできないと考えた。新しい敬語の使用を促進するという彼女の努力は最初は無視された[13]

1969年The Feministsグループのラジオインタビューにおいて、マイケルズはミズ (Ms.) の使用を提案した。フェミニズム活動家グロリア・スタイネムの友人がそれを聞き、彼女の新しい雑誌のタイトルとしてそれを提案した。雑誌『ミズ英語版』は1972年1月に創刊され、「ミズ」という言葉が広く使われるようになった[14]。1972年2月、米国政府印刷局は、公式の政府文書にミズを使用することを承認した[15]1976年マーベル・コミックミズ・マーベルという新しいスーパーヒーローを「初のフェミニストスーパーヒーロー」として発表した。

ウィリアム・セイファイア英語版のような非性差別的な言葉に公に反対している者でさえ、米国議会議員ジェラルディン・フェラーロ英語版の一件によって、ミズが英語で定着したと確信した。1984年に米国の副大統領候補だったフェラーロは、夫の姓(ザッカーロ Zaccaro)ではなく自分の出生時の姓を公的に使用していた。セイファイアは、彼女のことを、(彼女は既婚なので)「ミス・フェラーロ」と呼ぶのも、(夫はフェラーロではないので)「ミセス・フェラーロ」と呼ぶのも誤っており、また「ミセス・ザッカーロ」と呼ぶと読者を混乱させることになると指摘した[16]

使用

「ミズ」をどのような場合に使うか、あるいは常に使うべきであるかどうかについての提案は様々である[17]

デイリー・テレグラフ』はスタイルガイドで、「ミズ」は相手が自分で要求した場合にのみ使用されるべきであり、「その女性がミスなのかミセスなのかが分からないからといって使用されるべきではない」としている[18]。一方、敬称の使用を社説のみに限定している『ガーディアン』では、スタイルガイドの中で「ミスやミセスに対する嗜好を表明していない限り、女性にはミズを使用する 」としている[19]。『エコノミスト』は、一般的に採用される称号を使用するとしているが、「ミズ」 は「見苦しい (ugly)」敬称であると警告している[20]BBCアカデミー英語版のスタイルガイドは、「ミス、ミセス、ミズの間で選ぶ際に、彼女自身がどれを使っているのかを調べ、それを使用する」としている[21]。『ニューヨーク・タイムズ』は、ミセス・ミス・ミズの3つ全ての使用を受け入れ[22]、個人の好みに従うとしている[23]

"Debrett's英語版 Peerage and Baronetage" の編集者チャールズ・キッズなど、エチケット評論家や一部の著名な人物からは、「ミズ」の使用は支持されていない。彼は、その使用法は「あまり役に立たない」とし、「(自分は)既婚女性には、例えば『ジョン・スミス夫人』と話しかけるように育てられた」と主張した[24]。デブレッツ社自体も、夫の名前を名乗らないことを選択した既婚女性の場合について、「見苦しく聞こえるミズは問題が多い。多くの女性がこの当たり障りのないエピソードを想定しているが、公的な手紙を扱うときにそれを使用することは正しくない」と表明している[25]イギリス保守党の元国会議員アン・ウィデクーム英語版は、「私にはミズの論点が分からないし、それを問題として見ることもできない」と述べている[24]。作家・ジャーナリストのジェシカ・フェローズ英語版は、ミズの敬称を「不愉快(ghastly)」と述べている[25]クイーンズ・イングリッシュ・ソサエティ英語版は、ミズの使用を「何かを略したものではない略語」であると批判しており、「一部の女性が自らの配偶者の有無を明らかにすることに敏感になったため生じた言語上の不一致」とした[26]

一方で、特にビジネスの目的において「ミズ」をデフォルトで使用することは、ジュディス・マーティン英語版(別名 ミス・マナー)ら一部のアメリカの情報源によって支持されている[27]。ビジネスに関して、エミリーポスト協会は、「女性がミセスと呼びかけられることを望んでいることをあなたが積極的に知らない限り、ミズはデフォルトの呼びかけ方である」と述べている[28]The American Heritage Book of English Usageでは、「ミズを使用すると、誰かをミセスまたミスのどちらで呼ぶべきか判断するのに当て推量が不要になる。あなたはミズを使っていれば間違えることがない。呼びかける女性が既婚か未婚か、姓が変わったかどうかに関わらず、ミズは常に正しい」としている[29]

脚注

  1. ^ a b Oxford English Dictionary online, Ms, n.2. Etymology: "An orthographic and phonetic blend of Mrs n.1 and miss n.2 Compare mizz n. The pronunciation with final /-z/ would appear to have arisen as a result of deliberate attempts to distinguish between this word and miss n.2; compare mizz n., and perhaps also Miz n.1" — [mizz n.: Etymology: Representing the spoken realization of Ms n.2 (see discussion at that entry)]. Accessed 2012-07-25.
  2. ^ Emily Post's Guide to Addressing Correspondence: Addressing a Woman”. The Emily Post Institute. 2010年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月12日閲覧。
  3. ^ a b Zimmer, Ben (2009年6月23日). “Hunting the Elusive First 'Ms.'”. Word Routes. The Visual Thesaurus. 2009年6月23日閲覧。
  4. ^ Abbreviations : Capital Letters and Abbreviations”. www.sussex.ac.uk. 2018年2月26日閲覧。
  5. ^ Spender, Dale (1981). Man Made Language. London: Routledge & Kegan Paul. ISBN 978-0-7100-0675-2. 
  6. ^ Stannard, Una (1977). Mrs Man. San Francisco: Germainbooks. ISBN 978-0-914142-02-7. 
  7. ^ Martin, Judith (2009年10月11日). “What’s in a name?”. Buffalo News. 2009年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月20日閲覧。
  8. ^ Martin, Judith. Miss Manners' Guide for the Turn of the Millennium. New York, New York: Simon & Schuster. p. 10. ISBN 0-671-72228-X. 
  9. ^ Ms.”. The American Heritage Dictionary of the English Language. Houghton Mifflin Company (2009年). 2019年3月20日閲覧。
  10. ^ Jeffs, Angela (2000年11月5日). “Missing piece of puzzle in story of 'Ms.'”. The Japan Times Online. http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fl20001105a1.html 
  11. ^ Michaels, Sheila (March–April 2008). “Forty Years of Defying the Odds”. Solidarity Webzine. Solidarity. 2009年11月9日閲覧。
  12. ^ Kay, Eve (2007年6月28日). “Call Me Ms”. The Guardian. 2007年8月20日閲覧。
  13. ^ Fishko, Sara (2012年6月28日). “Fishko Files: Ms.”. WNYC. 2013年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月12日閲覧。
  14. ^ Zimmer, Ben (2009年10月25日). “On Language: Ms.”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2009/10/25/magazine/25FOB-onlanguage-t.html 2009年11月16日閲覧。 
  15. ^ Frum, David (2000). How We Got Here: The '70s. New York, New York: Basic Books. p. 246. ISBN 0-465-04195-7. 
  16. ^ Safire, William. "On Language: Goodbye Sex, Hello Gender", The New York Times, August 5, 1984, Section 6 p. 8.
  17. ^ Grigg, John (1991年11月2日). “The Times”. "Most married women are still addressed, and wish to be addressed, as Mrs, while most unmarried women are still addressed as Miss. Ms is used by feminists to make their point, or by male chauvinists trying to make the opposite point, though of course it is also used by unprejudiced correspondents in a state of doubt."  quoted in Burchfield, R. W. (1996). The New Fowler's Modern English Usage (3rd ed.). p. 512. ISBN 0-19-969036-7. 
  18. ^ Telegraph style book: names and titles”. Telegraph.co.uk (2008年2月19日). 2019年3月20日閲覧。
  19. ^ The Guardian Style Guide: Mr, Ms, Mrs, Miss”. The Guardian (2009年8月). 2013年3月12日閲覧。
  20. ^ Titles”. The Economist. 2016年11月16日閲覧。
  21. ^ Names”. BBC Academy. 2015年6月25日閲覧。
  22. ^ Zimmer, Ben. "On Language: Ms." The New York Times’’. 23 October 2009.
  23. ^ Siegal, Allan M., Connolly, William G. "Courtesy title". The New York Times Manual of Style and Usage: The Official Style Guide Used by the Writers and Editors of the World's Most Authoritative News Organization. Random House USA Incorporated, 2015. 9781101905449. Page 79.
  24. ^ a b Mrs? Or is that Ms, Miss?”. BBC NEWS. 2019年3月20日閲覧。
  25. ^ a b Fellowes, By Jessica. “Etiquette: Mind your 'please' and cues”. 2019年3月20日閲覧。
  26. ^ ERROR – Ms”. The Queen's English Society: QES English Academy. 2010年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月20日閲覧。
  27. ^ Martin, Judith. “Miss Manners: How and When to Use 'Ms.' in Business Correspondence”. MSN. 2012年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月20日閲覧。
  28. ^ Guide to Addressing Correspondence”. 2019年3月20日閲覧。
  29. ^ The American Heritage Book of English Usage” (2007年10月31日). 2008年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月20日閲覧。

外部リンク


M's

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/31 07:55 UTC 版)

M's(エムズ)

関連項目



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「.ms」に関係したコラム

  • 株式の大型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

  • 株365の株価指数に採用されている銘柄

    株365の銘柄の価格は、株価指数に採用されている銘柄の価格をもとにして算出されます。株価指数に採用されている銘柄はその国を代表するような優良企業であることが多く、また、取引高も多く市場から注目されてい...

  • 株式の投資基準とされるBPSとは

    株式の投資基準とされるBPS(Book-value Per Share)とは、1株あたり純資産のことです。BPSは、次の計算式で求めることができます。BPS=純資産÷発行済み株式数BPSは、企業の解散...

  • 株式の投資基準とされるPBRとは

    株式の投資基準とされるPBR(Price Book-value Ratio)とは、時価総額が株主資本の何倍かを示す指標のことで、株価純資産倍率とも呼ばれています。PBRは、次の計算式で求めることができ...

  • 株式の株価水準による分類

    株式市場に上場している銘柄を分類する方法の1つに、株価水準が挙げられます。株価水準では、株価の高い、安いによって銘柄を分類します。一般的に株価水準では、次のように分類します。値がさ株(値嵩株)中位株低...

  • 株式の投資基準とされるPERとは

    株式の投資基準とされるPERとは、株価収益率のことです。PERは、次の計算式で求めることができます。PER=株価÷EPSEPSは、1株当たりの利益額のことで、「当期純利益÷発行済み株式数」で計算されま...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.ms」の関連用語

.msのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.msのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリMicrosoftの記事を利用しております。
三共製作所三共製作所
Copyright(C) 1998-2019, Sankyo Seisakusho co. All rights reserved.
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2019 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.ms (改訂履歴)、MS (改訂履歴)、メートル毎秒 (改訂履歴)、ミズ (敬称) (改訂履歴)、M's (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS