.rsとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > .rsの意味・解説 

アール‐エス【RS】


アール‐エス【RS】


【RS】(あーるえす)

ロシア語で「РС(エルエス)」
1950年代初頭ソビエト開発したラムジェット推進超音速特攻機弾頭戦略核兵器である。
特別改造Tu-95から投下され、アメリカ防空網突破する計画であったが、弾道ミサイル巡航ミサイル発展に伴い中止された。


RS

英語 Racing Sport

クローズドサーキット専用タイヤを覆うカウルの付いた、オープンタイプの単座レーシングカーエンジンは2000ccまでのレシプロロータリー13B使用可能。2002年レースでは、トヨタ3S-GE(7600rpmのリミッター付き)と3ローター13B勢力を2分した。以前F4などのシャシーカウルを載せたものもあったが、現在はオリジナルシャシーカウル大半占めている。最低車重は500kg。タイヤも自由。1983年筑波RJ鈴鹿SJとして始まり90年JAF規格のRSとして公認競技となった。2003年現在、鈴鹿だけが戦場となっている。

RS

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

トヨペットクラウンRS型

日本ではトラックベースの乗用車主流であったが、1955年専用シャシーをはじめ多く新機構を持つ純国産技術によるトヨタ最初本格的量産乗用車嚆矢
前車軸は乗心地向上させるためコイルスプリング独立懸架方式採用この方式は、ほとんどの外車採用されていたが、日本悪路ではガタ等の問題が生じ、タクシー車では耐久性危惧されていた。後車軸は3板ばねリジッドアクスルフレームはX型、ドア後席乗降性向上させるため観音開き採用
十分な強度柔らかい乗心地低速域での容易な操縦性など、当時国内用途マッチした純国産車として大衆からの熱烈支援を得る。
最初はRS型乗用車一般ユーザー用、RR乗用車(前車軸も板ばね)をタクシー用として発売したが、RS型がタクシー車としても使われるようになり、1956年11月RR乗用車生産打ち切る

保管場所:トヨタ博物館 (〒480-1131 愛知県愛知郡長久手町大字長湫横道41100号)

製作(製造)年:1955

製作者(社):トヨタ自動車工業株式会社

資料種類:量産品

現状:展示(静態)・公開

車名 / 製作
車名:トヨペットクラウン

モデル:RS

会社名:トヨタ自動車工業()

製作年:1955

車種用途:小型乗用車

実車所在/模型:トヨタ博物館

型式 / 重量
スタイル:セダン

ドア:4ドア(観音開き)

乗員:6名

車両重量:1210kg

車両総重量:1540kg

車体 / 寸法
バンパー:スチール

ステップ:なし

全長:4285mm

全幅:1680mm

全高:1525mm

タイヤサイズ:6.40-15 4P

特徴:前窓は曲面2ガラス透明度の高い安全な磨き合わせガラス

車体 / 車軸 /
操縦 / 付属
フレーム:梯子型閉断面

前軸:ウィッシュボーン式独立コイルばね

後軸:浮動バンジョー

軸距:2530mm

トレッド×後トレッド:1326×1370mm

ステアリング:ウォーム&セクターローラー

ダンパー:油圧単動筒型

スタビライザー:トーションバー式(前)

特徴:リアスプリングの3ばねは、日本初実用化。リヤサス板ばねは半楕円形浮動シュー式後2輪手動併用ブレーキ

機関 / 寸法 /
出力
冷却/気筒配列:水冷/直列4気筒(R型)

機構:OHV

内程×行程:77×78mm

排気量:1453mL

最高出力/回転数:48HP/4000rpm

最大トルク/回転数:10kgm/2400rpm

特徴:S型エンジン代わるトヨタ主力エンジンとして、1953年製造開始高速高性能目指し内径工程をほぼ同じにする。

ハイブリッド
ハイブリッドシステム形式:なし

駆動系
変速機:前進3段、後退1段

性能
モード燃費:-

その他事:床面地上高:320mm;前照灯:セミシールド型2灯;足ブレーキ:油圧;手ブレーキ:機械式後2輪制動方式;圧縮比:6.8;最終減速:5.286(ハイポイドギア);2・3シンクロメッシュ;最高速度:100km/h;燃費率:14km/l;


.rs

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/20 08:21 UTC 版)

.rsセルビア国別コードトップレベルドメイン (ccTLD)。




「.rs」の続きの解説一覧

光学異性体

(.rs から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/16 16:29 UTC 版)

光学異性体(こうがくいせいたい)とは、主に有機化学で用いられる用語である。"optical isomer" の訳語で、立体異性体の種類を表すが、IUPACでは使用が推奨されておらず、代わりに「エナンチオマー」や「ジアステレオマー」を使うことが推奨されている[1]。関連する光学的な現象の詳細については、「キラリティー」および「旋光」(光学活性)の項を参照されたい。




  1. ^ IUPAC Recommendations 1996 ;Basic Terminology of Stereochemistry(外部リンク参照)
  2. ^ 日本化学会(編)「標準-化学用語辞典-第2版」丸善 (2005/03, 初版1991/03)
  3. ^ a b 長倉三郎、他(編)「岩波理化学辞典-第5版」岩波書店 (1998/02)
  4. ^ 化学大辞典編集委員会(編)「化学大辞典-第3版」共立 (2001/09, 初版1960/09)


「光学異性体」の続きの解説一覧

RS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/13 22:30 UTC 版)

Rs,RS,rs(アールエス)




「RS」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.rs」の関連用語

.rsのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.rsのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
社団法人自動車技術会社団法人自動車技術会
COPYRIGHT(C)SOCIETY OF AUTOMOTIVE ENGINEERS OF JAPAN, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.rs (改訂履歴)、光学異性体 (改訂履歴)、RS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS