.rsとは? わかりやすく解説

アール‐エス【RS】

読み方:あーるえす

remote sensing》⇒リモートセンシング


アール‐エス【RS】


RS

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

トヨペットクラウンRS型

日本ではトラックベースの乗用車主流であったが、1955年専用シャシーをはじめ多くの新機構を持つ純国産技術によるトヨタ最初の本格的な量産乗用車嚆矢
前車軸乗心地向上させるためコイルスプリング独立懸架方式採用この方式は、ほとんどの外車採用されていたが、日本の悪路ではガタ等の問題生じタクシー車で耐久性危惧されていた。後車軸は3枚板ばねリジッドアクスルフレームX型ドア後席乗降性向上させるため観音開き採用
十分な強度柔らかい乗心地低速域での容易な操縦性など、当時国内用途マッチし純国産車として大衆からの熱烈な支援を得る。
最初RS型乗用車一般ユーザー用、RR乗用車(前車軸板ばね)をタクシー用として発売したが、RS型タクシー車としても使われるようになり、1956年11月RR乗用車生産打ち切る

保管場所:トヨタ博物館 (〒480-1131 愛知県愛知郡長久手町大字長湫横道41100号)

製作(製造)年:1955

製作者(社):トヨタ自動車工業株式会社

資料種類:量産品

現状:展示(静態)・公開

車名 / 製作
車名:トヨペットクラウン

モデル:RS

会社名:トヨタ自動車工業(株)

製作年:1955

車種用途:小型乗用車

実車所在/模型:トヨタ博物館

型式 / 重量
スタイル:セダン

ドア:4ドア(観音開き)

乗員:6名

車両重量:1210kg

車両総重量:1540kg

車体 / 寸法
バンパー:スチール

ステップ:なし

全長:4285mm

全幅:1680mm

全高:1525mm

タイヤサイズ:6.40-15 4P

特徴:前窓曲面2枚ガラス透明度の高い安全な磨き合わせガラス

車体 / 車軸 /
操縦 / 付属
フレーム:梯子型閉断面

前軸:ウィッシュボーン式独立型コイルばね

後軸:浮動バンジョー

軸距:2530mm

トレッド×後トレッド:1326×1370mm

ステアリング:ウォーム&セクターローラー

ダンパー:油圧単動筒型

スタビライザー:トーションバー式(前)

特徴:リアスプリングの3枚ばねは、日本初実用化。リヤサス板ばねは半楕円形浮動シュー式2輪手動併用ブレーキ

機関 / 寸法 /
出力
冷却/気筒配列:水冷/直列4気筒(R型)

機構:OHV

内程×行程:77×78mm

排気量:1453mL

最高出力/回転数:48HP/4000rpm

最大トルク/回転数:10kgm/2400rpm

特徴:S型エンジンに代わるトヨタ主力エンジンとして、1953年製造開始高速高性能目指して内径工程をほぼ同じにする。

ハイブリッド
ハイブリッドシステム形式:なし

駆動系
変速機:前進3段後退1段

性能
モード燃費:-

その他事項:床面地上高:320mm;前照灯:セミシールド型2灯;足ブレーキ:油圧;手ブレーキ:機械式2輪制動方式;圧縮比:6.8;最終減速:5.286(ハイポイドギア);2・3シンクロメッシュ;最高速度:100km/h;燃費率:14km/l;


.rs

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/20 08:21 UTC 版)

.rsセルビア国別コードトップレベルドメイン (ccTLD)。




「.rs」の続きの解説一覧

光学異性体

(.rs から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/16 16:29 UTC 版)

光学異性体(こうがくいせいたい)とは、主に有機化学で用いられる用語である。"optical isomer" の訳語で、立体異性体の種類を表すが、IUPACでは使用が推奨されておらず、代わりに「エナンチオマー」や「ジアステレオマー」を使うことが推奨されている[1]。関連する光学的な現象の詳細については、「キラリティー」および「旋光」(光学活性)の項を参照されたい。




  1. ^ IUPAC Recommendations 1996 ;Basic Terminology of Stereochemistry(外部リンク参照)
  2. ^ 日本化学会(編)「標準-化学用語辞典-第2版」丸善 (2005/03, 初版1991/03)
  3. ^ a b 長倉三郎、他(編)「岩波理化学辞典-第5版」岩波書店 (1998/02)
  4. ^ 化学大辞典編集委員会(編)「化学大辞典-第3版」共立 (2001/09, 初版1960/09)


「光学異性体」の続きの解説一覧

RS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/13 22:30 UTC 版)

Rs,RS,rs(アールエス)




「RS」の続きの解説一覧

RS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/02 20:12 UTC 版)

アリアプロII」の記事における「RS」の解説

スルーネックで左右非対称カッタウェイ初期モデル複雑なサーキット特徴。RS-850はアクティブピックアップでブースター回路搭載しており、多彩な音を本体から出力することができる。このような初期モデル仕様B.C.リッチ手本にしたと言われている。80年代になると一般的なサーキットロックトレモロユニット搭載したモデル登場してHM/HM向けモデルとなった

※この「RS」の解説は、「アリアプロII」の解説の一部です。
「RS」を含む「アリアプロII」の記事については、「アリアプロII」の概要を参照ください。


RS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/19 14:25 UTC 版)

食変光星」の記事における「RS」の解説

回転変光星RS型のうち食変光見られる型。食外で正弦曲線のような光度変化があり、その原因が成分星の黒点活動よるものである。

※この「RS」の解説は、「食変光星」の解説の一部です。
「RS」を含む「食変光星」の記事については、「食変光星」の概要を参照ください。


RS(リア・セキュリティ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 10:19 UTC 版)

バイオハザード (ゲーム)」の記事における「RS(リア・セキュリティ)」の解説

ヘリ操縦警護後方警戒主な任務時には狙撃手にもなる。

※この「RS(リア・セキュリティ)」の解説は、「バイオハザード (ゲーム)」の解説の一部です。
「RS(リア・セキュリティ)」を含む「バイオハザード (ゲーム)」の記事については、「バイオハザード (ゲーム)」の概要を参照ください。


RS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 09:58 UTC 版)

トヨタ・GRヤリス」の記事における「RS」の解説

外装はRZ/RCグレード共通ながら、パワートレーンを「ヤリス(5ドアハッチバック)」と同じ1.5 Lの自然吸気エンジン『M15A-FKS』型、さらに前輪駆動としたモデルである。これにより車重が「RZ」の1,280Kgから1,130Kgと大幅な軽量化実現している。トランスミッションは、発進ギア兼ね備える『ダイレクトシフトCVTに加え、「ヴィッツ GR」で実用化した「シーケンシャル10段変速MTモード」を搭載するパーキングブレーキはRZ/RCグレード異なり、「ヤリスクロス」と同じく電動式採用している。

※この「RS」の解説は、「トヨタ・GRヤリス」の解説の一部です。
「RS」を含む「トヨタ・GRヤリス」の記事については、「トヨタ・GRヤリス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「.rs」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「RS」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

.rsのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.rsのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
社団法人自動車技術会社団法人自動車技術会
COPYRIGHT(C)SOCIETY OF AUTOMOTIVE ENGINEERS OF JAPAN, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.rs (改訂履歴)、光学異性体 (改訂履歴)、RS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのアリアプロII (改訂履歴)、食変光星 (改訂履歴)、バイオハザード (ゲーム) (改訂履歴)、トヨタ・GRヤリス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS