嚆矢とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > 嚆矢の意味・解説 

こう‐し〔カウ‐〕【×嚆矢】

《「嚆」は叫び呼ぶ意》かぶら矢。

《昔、中国戦い始めるとき、敵陣に向かって1を射たところから》物事はじまり最初。「二葉亭の『浮雲をもって日本近代小説の嚆矢とする」


嚆矢

読み方:コウシ(koushi)

かぶら矢


嚆矢

読み方:コウシ(koushi)

かぶら矢。


嚆矢

読み方:こうし

  1. 物事最初に手をつけることをいふ。昔戦争始める時嚆矢を発して戦争合図にしたから起つた。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

嚆矢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/10/07 10:41 UTC 版)

嚆矢(こうし)




「嚆矢」の続きの解説一覧

嚆矢

出典:『Wiktionary』 (2018/04/29 02:27 UTC 版)

名詞

(こうし 歴史的仮名遣い:かうし)

  1. 鏑矢
  2. 会戦において鏑矢互いに放って戦を始めたことから転じて物事始まり

発音

こ↘ーし

派生語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「嚆矢」の関連用語

嚆矢のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



嚆矢のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの嚆矢 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの嚆矢 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS