濫觴とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > 濫觴の意味・解説 

らん‐しょう〔‐シヤウ〕【濫×觴】

揚子江のような大河も源は觴(さかずき)を濫(うか)べるほどの細流にすぎないという「荀子子道にみえる孔子言葉から》物事起こり始まり起源。「私(わたくし)小説の濫觴と目される作品


濫觴

読み方:ランショウ(ranshou)

物事始まり


濫觴

名字 読み方
濫觴らんしょう
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

濫觴

読み方
濫觴らんしょう

濫觴

出典:『Wiktionary』 (2018/03/31 21:21 UTC 版)

名詞

らんしょう

  1. 事象物事発端起源始まり

発音

ら↗んしょー

語源

荀子子道

白文

昔者江出於山,其始出也,其源可以濫觴

解説

類義語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「濫觴」の関連用語

濫觴のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



濫觴のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2020 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの濫觴 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS