黒点とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > > 黒点の意味・解説 

こく‐てん【黒点】


黒点(太陽黒点)

太陽の表面黒っぽい領域として現れる磁気嵐。黒点は周囲よりもおよそ摂氏1500温度が低い。ある時点における黒点の数は、11年ごとに繰り返す。紫外線:非常に短い波長から成る目にみえない電磁放射人間は、太陽から放出される紫外線により日焼けをおこす。

太陽黒点

(黒点 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/04 09:27 UTC 版)

太陽黒点(たいようこくてん、: sunspot)とは、太陽表面を観測した時に黒い点のように見える部分のこと。単に黒点とも呼ぶ。実際には完全な黒ではなく、この部分も光を放っているが、周囲よりも弱い光なので黒く見える。太陽黒点は、約9.5年から12年ほどの周期で増減を繰り返している。


  1. ^ W.S.Jevons: Investigations in Currency and Finance, 1884, pp.194-243
  2. ^ 太陽:黒点少ない時期、巨大地震頻発 九州大宙空環境研が分析(毎日新聞 2011年9月26日), 宙空環境研究センター(九州大学)のサイトで記事閲覧可(ニュース・トピック > 新聞記事等掲載情報)
  3. ^ 太陽黒点と地震の関係(妄想科學日報 2011年9月26日)


「太陽黒点」の続きの解説一覧

黒点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 02:25 UTC 版)

金烏」の記事における「黒点」の解説

天文学者山本一清は、古代中国において語られていた「太陽カラスがいる」という説は太陽見えた黒点のことを「黒いもの」であることから「烏」と表現したものであろう示しているこのように金烏太陽の黒点象徴実際に太陽そのような大きなカラスがいるわけではない)とする説は、近世から語られており、大雑書庶民向けに出版された暦占を中心とした実用百科事典)などに書かれ日月についての説においても日の中三足の烏実に有(ある)にあらず大陽の火にして中くろく烏(からす)の形の如く黒気有のみなり」(『永暦雑書天文大成』、1809年)などのように古くから金烏・玉兎の説を書きつつ、そこに輸入を通じて広まった西洋的観察基づいた説を採り込んだ紹介とられるようになったものが見られる

※この「黒点」の解説は、「金烏」の解説の一部です。
「黒点」を含む「金烏」の記事については、「金烏」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「黒点」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

黒点

出典:『Wiktionary』 (2020/09/03 00:06 UTC 版)

発音

名詞

(こくてん)

  1. (天文学) 太陽表面見られる温度周囲よりも低くなっているために黒く見え太陽黒点
  2. (「くろてん」とも)黒い点や、点状に見える部分

翻訳


「黒点」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



黒点と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「黒点」の関連用語

黒点のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



黒点のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本惑星協会日本惑星協会
All rights reserved. The Planetary Society of Japan 2022.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの太陽黒点 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの金烏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの黒点 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS