.gsとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 記号 > 記号 > .gsの意味・解説 

ジー‐エス【GS】

読み方:じーえす

《(和)gasolinestandガソリンスタンド

[補説] 英語ではgas station


ジー‐エス【GS】

読み方:じーえす

《(和)group+sounds》⇒グループサウンズ


ジー‐エス【GS】

読み方:じーえす

giant slalom》⇒大回転競技1


ジー‐エス【GS】


ジー‐エス【GS】

読み方:じーえす

gender summit》⇒ジェンダーサミット


.gs

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/31 17:03 UTC 版)

.gs国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、イギリスサウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島に割り当てられている。






「.gs」の続きの解説一覧

GS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/18 23:11 UTC 版)

GS(ジー・エス)




「GS」の続きの解説一覧

G's

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/11 17:29 UTC 版)

G's(ジーズ)




「G's」の続きの解説一覧

G's

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 17:35 UTC 版)

GR (トヨタ自動車)」の記事における「G's」の解説

「G's(G SPORTS通称ジーズ)」は、2010年開催された「東京オートサロン2010」にて発表され同年4月発売された「ノアヴォクシーG's(初代)」から正式に発足した市販車ブランド幅広い顧客層に向けて走りの味」や「クルマ楽しさ」を提供するメーカーコンプリートモデル(トヨタ自動車では「スポーツコンバージョンモデル」と称していた)で、トヨタ自動車初め自社開発から製造一貫して手掛けたスポーツ仕様専門ブランドであり、現在のGR源流にあたる。 G SPORTSの「"G"」は、2000GTセリカGT-FOURといったトヨタスポーツモデルにも採用されていた「GT」や、それらに搭載されていた専用のチューンドエンジン(「〇〇-GE」など、形式名に「G」が入るエンジン)などに由来する。 本ブランド車の大きな特徴として基準車(ベース車両)の車体専用補強によって高剛性化しその上で高性能チューニング施されたサスペンションタイヤ変更することで走行性能大きく引き上げていることが挙げられる。なお、パワートレーンエンジントランスミッション)には専用チューニング等は施されず、基準車と同一の動力性能環境性能与えられたまた、販売に関して全車種が持ち込み登録となっていた。 本ブランド車両開発においては、「GAZOO Racing」でニュルブルクリンク24時間耐久レース等のモータースポーツ関わった専門技術者開発従事しており、レクサスブランド「F」モデルと同様基準車の開発チームとは別の開発チーム結成され各車種ごとにチーフエンジニアが置かれた。そして、車両性能評価走行試験には前述のニュルブルクリンク24時間耐久レース出場していたテストドライバートヨタ自動車内の呼称トップガン)が関わるなど、基準車の開発とは異な手法採用された各車両の生産工程において、基準車を生産する工場同一生産ライン上で専用ボディ補強溶接スポット追加補強材追加)や、専用チューニングサスペンション高性能タイヤ専用ホイール装着、そして専用デザイン内外装部品装着を行うことで無駄な純正部品発生抑制し大幅なコストダウンにも貢献したそのような生産体系を採ることで基準車との価格差狭め多くの顧客購入しやすい価格提供することに成功したラインナップとしてはファミリー層向けの乗用車ミニバンコンパクトカー)が中心となり、それらに加えてハイブリッドカー4ドアセダンSUVなどもラインナップ加わった。が、ピュアスポーツカー(86)や日本市場へも導入される欧州市場専売モデルアベンシスオーリス)、また軽自動車ダイハツOEM車両)には本ブランドラインアップされることはなかった。 2017年9月直接の後継となる「GRブランドへの再編にあわせ、「G's」ブランド車はすべて販売終了となったヴォクシーG's(2010-2014年…初代2016-2017年二代目ノアG's(2010-2014年…初代2016-2017年二代目ヴィッツRS G's(2011-2017年) プリウスG's(2011-2015年) マークX G's(2012-2017年) ヴェルファイアG's(2012-2014年アルファードG's(2012-2014年アクアG's(2013-2017年) ハリアーG's(2015-2017年プリウスα G's(2015-2017年ヴォクシーG's(初代) ヴォクシーG's(2代目) ノアG's(初代) ノアG's(2代目) ヴィッツG's プリウスG's マークX G's ヴェルファイアG's アルファードG's アクアG's ハリアーG's プリウスα G's

※この「G's」の解説は、「GR (トヨタ自動車)」の解説の一部です。
「G's」を含む「GR (トヨタ自動車)」の記事については、「GR (トヨタ自動車)」の概要を参照ください。


GS(Gene Strengthening Human)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/03 18:27 UTC 版)

ブルーフロウ」の記事における「GS(Gene Strengthening Human)」の解説

もとは宇宙開発用に作られたいわゆる人工人間人道的な問題により、強化人間の開発中断されたが、軍は優秀な兵士としての強化人間研究着手。 そして生まれた彼らは、高い戦闘能力身体能力兼ね備える存在となった一方寿命が短いという欠点併せ持つことになった続編である『ブルーブラスター』では、ネクタル戦役後の密約により、地球軍から強化人間一人クロウディア」を「供与」された惑星連合穏健派が、独自に強化人間研究着手するそれによって生まれたSG (The Second Generation) と呼ばれる強化人間は、従来能力に加えて比較豊かな感情情緒持ち諜報戦にも対応できるようになった実際に数名SGが、敵側である平和維持軍潜入していたといわれている。

※この「GS(Gene Strengthening Human)」の解説は、「ブルーフロウ」の解説の一部です。
「GS(Gene Strengthening Human)」を含む「ブルーフロウ」の記事については、「ブルーフロウ」の概要を参照ください。


GS(日本電池)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 19:06 UTC 版)

ジーエス・ユアサコーポレーション」の記事における「GS(日本電池)」の解説

1895年 - 島津源蔵 (2代目)日本初め鉛蓄電池製造 1908年 - 商標「GS」を使用開始 1917年 - 日本電池株式会社設立 1919年 - 自動車用電池製造開始 1933年 - ガラス製水銀整流器製造開始 1938年 - アルカリ電池製造開始 1940年 - 超高圧水銀灯開発 1966年 - サイアムGSバッテリータイ設立 1993年 - 角形リチウムイオン電池開発 1995年 - 産業用鉛蓄電池製造・販売会社 山東日電有限公司 設立 1997年 - リチウムイオン電池製造・販売会社「ジーエス・メルコテック」(後の三洋ジーエスソフトエナジー)を設立産業用電源装置製造・販売会社北京日佳電源有限公司設立。「GS Battery Vietnam Co., Ltd.設立2002年 - 電気車鉛蓄電池製造・販売会社「杰士電池有限公司設立

※この「GS(日本電池)」の解説は、「ジーエス・ユアサコーポレーション」の解説の一部です。
「GS(日本電池)」を含む「ジーエス・ユアサコーポレーション」の記事については、「ジーエス・ユアサコーポレーション」の概要を参照ください。


GS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/19 14:25 UTC 版)

食変光星」の記事における「GS」の解説

1つまたは両方成分星が巨星輝巨星または超巨星の型。

※この「GS」の解説は、「食変光星」の解説の一部です。
「GS」を含む「食変光星」の記事については、「食変光星」の概要を参照ください。


GS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/18 23:01 UTC 版)

ジバクくん」の記事における「GS」の解説

グレートソルジャーの略。GCから能力優れた者が試験を受け、合格すればGSになれる。

※この「GS」の解説は、「ジバクくん」の解説の一部です。
「GS」を含む「ジバクくん」の記事については、「ジバクくん」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「.gs」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「GS」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



.gsと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「.gs」に関係したコラム

  • ETFのセミナーの一覧

    ETFを取り扱う証券会社の中には、ETFのセミナーを開催していることがあります。また、インターネットを介した「Webセミナー」を開催しているところもあります。次の表はセミナーを開催している証券会社と過...

  • 株式の株価水準による分類

    株式市場に上場している銘柄を分類する方法の1つに、株価水準が挙げられます。株価水準では、株価の高い、安いによって銘柄を分類します。一般的に株価水準では、次のように分類します。値がさ株(値嵩株)中位株低...

  • 株式の投資基準とされるPERとは

    株式の投資基準とされるPERとは、株価収益率のことです。PERは、次の計算式で求めることができます。PER=株価÷EPSEPSは、1株当たりの利益額のことで、「当期純利益÷発行済み株式数」で計算されま...

  • 株式の投資基準とされるEPSとは

    株式の投資基準とされるEPSとは、1株あたりの利益額のことです。EPSは、次の計算式で求めることができます。EPS=当期純利益÷発行済み株式数例えば、当期純利益が100億円で発行済み株式数が1億株の企...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.gs」の関連用語

.gsのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.gsのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.gs (改訂履歴)、GS (改訂履歴)、G's (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのGR (トヨタ自動車) (改訂履歴)、ブルーフロウ (改訂履歴)、ジーエス・ユアサコーポレーション (改訂履歴)、食変光星 (改訂履歴)、ジバクくん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS