.adとは?

エー‐ディー【AD】

《analog-to-digital》アナログからデジタルへ(の変換)。A/Dとも書く。→ディー‐エーDA


エー‐ディー【AD】


エー‐ディー【A.D.】

《(ラテン)anno Domini 主の年に、の意》西暦紀元紀元。⇔B.C.


エー‐ディー【AD】


エー‐ディー【AD】


エー‐ディー【AD】


エー‐ディー【AD】

《airworthiness directive》耐空性改善命令。米連邦航空局FAA)が自国内の航空会社に対して航空機改善検査実施させる行政命令日本の国土交通省が出す耐空性改善通報にあたる。


エー‐ディー【AD】

advance directives》⇒事前指示書


アド【ad】

advertisementの略》広告。「アドマン


アット【@】

《at/(ラテン)ad》

単価…で、…につきの意を表す記号単価記号

電子メールアドレスで、ユーザー名ドメイン名の間を区切る符号アットマーク


エー‐ディー【AD】


エー‐ディー【ad】


エー‐ディー【AD】

automatic depositor》現金自動預入機。


AD 【Asistant Director】

演出助手のこと。

Archival Disc

読み方アーカイバルディスク
別名:AD

Archival Discとは、ソニーパナソニック共同開発した追記型光ディスク規格である。2014年3月に正式発表された。

Archival Discが想定する主な用途は、業務上のデータ長期保存である。温度湿度によるメディア変化少なく、塵やなどによる影響少ないという。また、フォーマット互換性保証されているため、フォーマット世代経てデータ読み出せなくなる懸念がない。

Archival Discの1あたり記憶容量は、最初段階300ギガバイトGB)とされている。ちなみに4層Blu-ray DiscBDXL)は128GBである。将来的には500GB、1テラバイトTB)のArchival Discも登場する計画であるという。

2014年3月発表時点ロードマップでは、2015年以降のArchival Discの製品投入目指されている。


参照リンク
業務用次世代光ディスク規格Archival Disc(アーカイバル・ディスク)を策定 - ソニーパナソニック プレスリリース 2014年3月10日
光ディスクのほかの用語一覧
DVD:  UDF  VOB
光ディスク・ドライブ:  AACS  Archival Disc  イジェクトボタン  オーサリング  オンザフライ書き込み

アクチノマイシンD

分子式C62H86N12O16
その他の名称:コスメゲン、ダクチノマイシン、メラクチノマイシン、アクチノマイシンIVアクチノマイシンC1アクチノマイシンI1アクチノマイシンX1アクチノマイシンAIV、Cosmegen、NSC 3053、DactinomycinActinomycin DActinomycin IV、Meractinomycin、Actinomycin C1Actinomycin I1Actinomycin AIVACTダクチノマイシンD、オンコスタチンK、Oncostatin K、NCI-C-04682、Dactinomycin D、AD、ACT D、N,N'-[(2-Amino-4,6-dimethyl-3-oxo-3H-phenoxazine-1,9-diyl)bis(carbonyl)]bis[cyclo(L-Thr*-D-Val-L-Pro-N-methyl-Gly-N-methyl-L-Val-)]、Actinomycin X1
体系名:アクチノマイシンD、N,N'-[(2-アミノ-4,6-ジメチル-3-オキソ-3H-フェノキサジン-1,9-ジイル)ビス(カルボニル)]ビス[シクロ(L-Thr*-D-Val-L-Pro-N-メチル-Gly-N-メチル-L-Val-)]


HapMap計画

英訳・(英)同義/類義語:HapMap project, Ad

ヒトゲノム計画成果であるヒトゲノム配列基準として、各地域のヒト集団対象として一塩基多型(SNP)の頻度からハプロタイプ決定し、比較を行うための標準データ作成目指し国際計画

Ad

名前 アドアトエート

.ad

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/24 00:30 UTC 版)

.ad は、国別コードトップレベルドメイン (ccTLD) の一つ。アンドラに割り当てられている。Servei de Telecommunications d'Andorraによって管理されている。






「.ad」の続きの解説一覧

イーホテルショッピングモール

(.ad から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/31 09:07 UTC 版)

イーホテルショッピングモールE・Hotel Shopping Mall)は、秋田県秋田市大町二丁目にある商業施設。旧名称は「ファッションアベニューAD」である。


  1. ^ 「スーパー経営の「ヤマト」 事業停止、破産申請へ 大手と競合、売り上げ減」『秋田魁新報』2010年10月26日付


「イーホテルショッピングモール」の続きの解説一覧

AD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/05 02:39 UTC 版)

AD, Ad, ad




「AD」の続きの解説一覧

アナログ-デジタル変換回路

(.ad から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/26 15:59 UTC 版)

アナログ-デジタル変換回路(アナログ-デジタルへんかんかいろ、A/D変換回路)は、アナログ電気信号デジタル電気信号に変換する電子回路である。A/DコンバーターADC(エーディーシー)、英語: Analog-to-digital converter)とも言う。




「アナログ-デジタル変換回路」の続きの解説一覧



.adと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「.ad」に関係したコラム

  • 株式の大型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

  • 株365の株価指数に採用されている銘柄

    株365の銘柄の価格は、株価指数に採用されている銘柄の価格をもとにして算出されます。株価指数に採用されている銘柄はその国を代表するような優良企業であることが多く、また、取引高も多く市場から注目されてい...

  • 株式の投資基準とされるBPSとは

    株式の投資基準とされるBPS(Book-value Per Share)とは、1株あたり純資産のことです。BPSは、次の計算式で求めることができます。BPS=純資産÷発行済み株式数BPSは、企業の解散...

  • 株式の投資基準とされるPBRとは

    株式の投資基準とされるPBR(Price Book-value Ratio)とは、時価総額が株主資本の何倍かを示す指標のことで、株価純資産倍率とも呼ばれています。PBRは、次の計算式で求めることができ...

  • 株式の株価水準による分類

    株式市場に上場している銘柄を分類する方法の1つに、株価水準が挙げられます。株価水準では、株価の高い、安いによって銘柄を分類します。一般的に株価水準では、次のように分類します。値がさ株(値嵩株)中位株低...

  • 株式の投資基準とされるPERとは

    株式の投資基準とされるPERとは、株価収益率のことです。PERは、次の計算式で求めることができます。PER=株価÷EPSEPSは、1株当たりの利益額のことで、「当期純利益÷発行済み株式数」で計算されま...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.ad」の関連用語

.adのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.adのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2021 Japan Video Software Association
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリArchival Discの記事を利用しております。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.ad (改訂履歴)、イーホテルショッピングモール (改訂履歴)、AD (改訂履歴)、アナログ-デジタル変換回路 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS