.adとは?

AD 【Asistant Director】

演出助手のこと。

Archival Disc

読み方アーカイバルディスク
別名:AD

Archival Discとは、ソニーパナソニック共同開発した追記型光ディスク規格である。2014年3月に正式発表された。

Archival Discが想定する主な用途は、業務上のデータ長期保存である。温度湿度によるメディア変化少なく、塵やなどによる影響少ないという。また、フォーマット互換性保証されているため、フォーマット世代経てデータ読み出せなくなる懸念がない。

Archival Discの1あたり記憶容量は、最初段階300ギガバイトGB)とされている。ちなみに4層Blu-ray DiscBDXL)は128GBである。将来的には500GB、1テラバイトTB)のArchival Discも登場する計画であるという。

2014年3月発表時点ロードマップでは、2015年以降のArchival Discの製品投入目指されている。


参照リンク
業務用次世代光ディスク規格Archival Disc(アーカイバル・ディスク)を策定 - ソニーパナソニック プレスリリース 2014年3月10日
光ディスクのほかの用語一覧
DVD:  UDF  VOB
光ディスク・ドライブ:  AACS  Archival Disc  イジェクトボタン  オーサリング  オンザフライ書き込み

アクチノマイシンD

分子式C62H86N12O16
その他の名称:コスメゲン、ダクチノマイシン、メラクチノマイシン、アクチノマイシンIVアクチノマイシンC1アクチノマイシンI1アクチノマイシンX1アクチノマイシンAIV、Cosmegen、NSC 3053、DactinomycinActinomycin DActinomycin IV、Meractinomycin、Actinomycin C1Actinomycin I1Actinomycin AIVACTダクチノマイシンD、オンコスタチンK、Oncostatin K、NCI-C-04682、Dactinomycin D、AD、ACT D、N,N'-[(2-Amino-4,6-dimethyl-3-oxo-3H-phenoxazine-1,9-diyl)bis(carbonyl)]bis[cyclo(L-Thr*-D-Val-L-Pro-N-methyl-Gly-N-methyl-L-Val-)]、Actinomycin X1
体系名:アクチノマイシンD、N,N'-[(2-アミノ-4,6-ジメチル-3-オキソ-3H-フェノキサジン-1,9-ジイル)ビス(カルボニル)]ビス[シクロ(L-Thr*-D-Val-L-Pro-N-メチル-Gly-N-メチル-L-Val-)]


HapMap計画

英訳・(英)同義/類義語:HapMap project, Ad

ヒトゲノム計画成果であるヒトゲノム配列基準として、各地域のヒト集団対象として一塩基多型(SNP)の頻度からハプロタイプ決定し、比較を行うための標準データ作成目指し国際計画

Ad

名前 アドアトエート

.ad

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/03 06:07 UTC 版)

.ad
アンドラの旗
施行 1996年
TLDの種類 ccTLD
現在の状態 利用可
管理団体 Nic.ad
後援組織 Servei de Telecommunicacions d'Andorra
利用地域 アンドラに関連のある団体
使用状況 アンドラ内でいくつかの使用。
登録の制限 登録は国家記章サイン事務所[リンク切れ]によって承認されていなければならない。アンドラ住人かアンドラに代理人を置くアンドラ関連の商標所有者に限られる。一人が登録できる数には制限がある。
階層構造 登録名は第2レベル直下に登録される。.nom.ad以下での第3レベルは個人サイトに使用される。
関連文書 Legislation
ウェブサイト Nic.ad
テンプレートを表示

.ad は、国別コードトップレベルドメイン (ccTLD) の一つ。アンドラに割り当てられている。Servei de Telecommunications d'Andorraによって管理されている。

外部リンク


イーホテルショッピングモール

(.ad から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/17 07:27 UTC 版)

イーホテルショッピングモール
E・Hotel Shopping Mall
イーホテル秋田
イーホテル秋田
店舗概要
正式名称 秋田大町第一生命ビルディング
所在地 010-0921
秋田県秋田市大町2-2-11
座標 北緯39度43分6.9秒東経140度7分2.3秒座標: 北緯39度43分6.9秒 東経140度7分2.3秒
開業日 1987年10月8日
施設管理者 グローカル・ホテルグループ
商業施設面積 7,759 m²
駐車台数 0台(契約駐車場有)台
前身 ファッションアベニューAD

イーホテルショッピングモールE・Hotel Shopping Mall)は、秋田県秋田市大町二丁目にある商業施設。旧名称は「ファッションアベニューAD」である。

概要

秋田市中通二丁目に移転した本金(現在の秋田西武)や秋田名店街の跡地などに、第一生命保険が「秋田大町第一生命ビルディング」を建設。ホテル棟には藤田観光が運営する「秋田ワシントンホテル」、商業棟に第一生命保険の子会社、第一ビルディングが運営する「ファッションアベニューAD」が入居し、1987年10月にオープンした。

開設当初は、若者向けのDCブランドショップや新星堂などが入居していたが、郊外型店舗の進出などにより売上が減少。最近では空き店舗が目立つようになってきた。

2007年8月に「秋田ワシントンホテル」が赤字などの理由により撤退。後続のホテルとしてグローカル・ホテルグループが施設を取得し、2007年9月に「イーホテル秋田」を開業。それに合わせて、グローカル・ホテルグループが「ファッションアベニューAD」の運営権も取得した。

グローカル・ホテルグループは「ファッションアベニューAD」の地下階と1階に中華料理店や雑貨店を集め、「秋田中華街」構想を発表。横浜中華街などの飲食店に出店の打診をしてきたが、出店希望者が集まらず「秋田中華街」構想は断念された。

2008年12月、「秋田ニューシティ」に出店しているヤマトが撤退を表明。また、「ファッションアベニューAD」の出店者協議会の席上で、2009年3月、地下階にヤマトが移転するとグローカル・ホテルグループが発表。地下階の全フロアをヤマトが運営する新業態の店舗となり、現在地下階にある店舗は1階に移転する。また、商業施設名の変更を検討していることを明らかにした。

2009年4月、実質ヤマト社が全占有した地下フロアを「大町こみち」の名称で、食料品と飲食店、1階に所在した藤木で構成される店舗を開業した。なお、従前からの藤木店舗の所在地はヤマト社が運営するコンビニエンスストア形態のショップ「one-day market」が同時に開業した。同時にグローカル・ホテルグループが商業施設名を「イーホテルショッピングモール」に変更すると発表した。

しかし、2009年3月までに衣料品専門店が移転や撤退などしたため、1階と2階については半分以上が空き店舗になっている。また、核店舗の「大町こみち」は、2010年10月25日にヤマトの事業停止に伴い閉店した。

沿革

  • 1987年(昭和62年)10月8日 - 「ファッションアベニューAD」オープン、「秋田ワシントンホテル」開業。
  • 2007年(平成19年)
    • 9月 - グローカル・ホテルグループが「ファッションアベニューAD」の運営権を取得。
    • 9月10日 - グローカル・ホテルグループが「秋田中華街」構想を発表。
  • 2008年(平成20年)2月7日 - グローカル・ホテルグループが「秋田中華街」構想断念を発表。
  • 2009年(平成21年)
  • 2010年(平成22年)
    • 2月1日 - 「財団法人秋田観光コンベンション協会」が秋田ニューシティから移転。
    • 3月15日 - 「秋田贔屓」がオープン。
    • 4月16日 - 「辻兵スクールコーナー」がオープン。
    • 10月25日 - ヤマトの事業停止に伴い、「大町こみち」が閉店[1]

テナント

周辺

アクセス

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 「スーパー経営の「ヤマト」 事業停止、破産申請へ 大手と競合、売り上げ減」『秋田魁新報』2010年10月26日付

外部リンク


AD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/28 02:54 UTC 版)

AD, Ad, ad

記号

略称・略語

一般名詞

固有名詞

コード・形式

他の記号等を付して用いるもの

.ad

関連項目


アナログ-デジタル変換回路

(.ad から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/05 04:58 UTC 版)

アナログ-デジタル変換回路(アナログ-デジタルへんかんかいろ、A/D変換回路)は、アナログ電気信号デジタル電気信号に変換する電子回路である。A/DコンバーターADC(エーディーシー)、英語: Analog-to-digital converter)とも言う。

また、アナログ-デジタル変換(アナログ-デジタルへんかん、A/D変換)は、アナログ信号をデジタル信号に変換することをいう。

逆はデジタル-アナログ変換回路である。

アナログ-デジタル変換回路
:連続量であるアナログ信号
:離散化されたデジタル信号
アナログ・デジタル変換回路の方式
名称 サンプリングレート(Hz) 分解能(bit) 特徴 用途
フラッシュ形
(並列比較形)
10G~10M 12~6 高速・大規模 高速測定器
パイプライン形 200M~10M 14~8 映像、通信
逐次比較形 1M~10k 16~8 低消費電力 マイコン
デルタシグマ形 10M~100 24~12 高分解能 音声処理、計測、通信
二重積分形 1k~10 22~12 高精度 計測

変調方式の一種として見た場合は、A/D変換はパルス符号変調である。A/D変換のような操作をデジタイズということがある。

基本的なA/D変換の操作は、まずサンプリング周波数で入力を標本化し、それを量子化することでおこなう。標本化にともなう折り返し雑音は、重要な問題である。また、量子化にともなう量子化誤差による量子化雑音もある。

原理

比較器」とは、入力電圧を基準電圧と比較して、基準より高いか低いかを出力する回路であり、1bitのAD変換器と言える。

フラッシュ型(並列比較型)

フラッシュ型(並列比較型)

bit出力のAD変換であれば、個の比較器を用意して変換を行う。たとえば0Vから15Vまで1V間隔でAD変換して4bit出力を得る場合であれば、1Vから15Vまで15個の比較器を用意して入力と比較を行い、必要があればそれらの出力を2進数にエンコードする。

原理が単純であり、比較器の動作だけで結果が出るので高速である。しかしビット数が増えると比較器の数が急激に増える。

逐次比較型およびパイプライン型

正確な n bit DA変換器の出力は個の電圧の基準になる。つまりDA変換器出力を入力電圧と比較する事で n bitのAD変換を実現できる。1回の比較で1bitずつ精度を上げる事が出来るので、 n bitの場合は n 回の比較で結果が得られる。比較器1つを繰り返し用いて n 回の比較を行い正確な値に近づける方法が逐次比較型、パイプライン処理のように n 段階の回路構成で処理する場合がパイプライン型である。

この他に、上位半分用と下位半分用のフラッシュ型および上位半分に相当するDA変換器を用意して、2段階に分けて変換する方法などがある。この場合でも完全なフラッシュ型と比べれば比較器の数を大幅に削減できる。

1回の変換のために何度も入力を参照する必要があり、その間に入力電圧が変動すると誤変換をしてしまう。そのため、変換が完了するまでの一定時間だけ入力電圧を固定する回路(サンプルアンドホールド回路)が必要となる。

傾斜型および追従型

のこぎり波を常時発生させておき、入力電圧と比較する。その上で、のこぎり波の立ち上がりの時点から、のこぎり波の電圧が入力電圧と一致するまでの時間を計測する(傾斜型)。

のこぎり波の代わりに、必要な精度のDA変換器とカウンタにより生成した階段状波形と入力電圧とを比較する場合もある(追従型)。この場合は入力電圧を超えた時点のカウンタ値を採用すればよい。

回路は簡単かつ小規模であるが、遅い。DA変換器を用いる追従型の場合、同じくDA変換器の出力と入力電圧との比較を行う逐次比較型と比べれば、その遅さは明らかである。また、サンプルアンドホールド回路で入力を固定せず入力が変動すると、サンプリングのタイミングが不均等になる。

VF変換型

入力電圧をコンデンサに充電するマルチバイブレータを用いて矩形波を発生させる。入力電圧を積分し、一定電圧になった時に動作を反転させ、そのタイミングでパルスを切り替えて矩形波を作るが、この矩形波の周波数(F)は入力電圧(V)に比例する。必要な場合はこれをカウントする。

傾斜型では、一定電圧の積分であるのこぎり波と入力を比較して時間を計測しており、時間対周波数という観点も含めて、逆の方法と言える。

二重積分型(二重傾斜型)

まず入力電圧を一定時間積分する。その後に逆符号の基準電圧で積分して、積分値が0になるまでの時間を計測する。これにより入力電圧と基準電圧の比を、時間の比として計測できる。

入力電圧の充電と基準電圧の放電という二つの操作を同じ回路で行う事で、回路に含まれる誤差(ノイズ)をキャンセルすることができて高精度が得やすい。一方で複雑なアナログ回路になり、積分時間がかかることもあり、高速化しにくい。

積分回路を用いるので一種の平均化が行われる。別の言い方をすると回路自体が1次ローパスフィルタであり、ある程度高い周波数成分はカットされるので、アンチエイリアスフィルタが不要な場合もある。しかしナイキスト周波数付近でも中途半端に減衰されるので、ナイキスト周波数ギリギリまで用いる用途にはあまり向かない。

ウィルキンソン型

パルス状入力信号のピーク値、またはパルスの総電荷を計測するために、核物理学者のD.H.Wilkinsonが考案した方法である。

ピーク値測定の場合は入力をコンデンサに接続し、ピーク判定をした時点で接続を切る(一種のピークホールド回路になっている)。総電荷の場合は入力を積分回路に接続し、パルスが完了した時点で接続を切る。その後に充電したコンデンサを定電流で放電し、コンデンサの電圧が0になるのに要する時間を測定する。

デルタ・シグマ型

もっとも簡単な、量子化を1bit(比較器)で行う1次デルタ・シグマ・モジュレータの場合で説明する。[1] Deltasigma.png

入力は1bitでAD変換され、この結果は+1と-1の列からなる。しかし積分器により量子化誤差が蓄積されていくので、入力を単純に1bit AD変換した値とは異なる値の列が出る。入力の変化が遅い場合、例えば入力が0Vであれば+1と-1が交互にほぼ等しい回数出力され、高い電圧ならば+1が多くなる等、+1と-1の個数の比が入力電圧に比例するように出力される。つまり一種のディザ化を行っている。この+1と-1の個数をmステップ分だけ数えれば、それに応じたbit数のAD変換となる。

1 bit AD変換なので各瞬間での量子化誤差は非常に大きいが、変換時間と比較して十分長い時間での平均出力で見れば、誤差を帰還させているので誤差をなくすよう動作する。これにより、高いサンプリング周波数の低ビットAD変換を用いて、低いサンプリング周波数の高ビットAD変換を実現している。あるいは「mステップ分だけ数えた後の結果」という最終的なAD変換のサンプリング周波数から見ると、1bitのAD変換器はそのm倍のサンプリング周波数で変換を行っている、すなわちオーバーサンプリングを行っている。

ここで見方を変えると、この回路は量子誤差を帰還させる一種のフィルタになっている。実際この回路は、入力信号に対しては1次ローパスフィルタ、量子化誤差に対しては1次ハイパスフィルタになっている。入力信号では、最終的なナイキスト周波数以下の部分が必要であり、高い周波数成分は除去したい。一方量子化誤差に起因するノイズは出来るだけ除去したいが、これはフィルタにより高い周波数帯に残っている(上記の0Vの例では+1と-1の交互列、すなわちオーバーサンプリングのナイキスト周波数で出力されている)。そこで、1bitオーバーサンプリングで量子化された出力に対しデジタルフィルタを適用し、量子化ノイズを可能な限り除去して、目的のbit数とサンプリング周波数の出力に仕立てる。上記の「mステップ分だけ数える(連続したmステップのデータを単純平均する)」というのも、一種のデジタルフィルタになっている。

実際にはもっと複雑な帰還をかけて高次のデルタ・シグマ・モジュレータを構成し、フィルタとしての特性を急峻にする。 しかし他の方式のAD変換及びアンチエイリアスフィルタと比べるとアナログ回路部分は簡単であり、その分デジタル回路で処理する部分が増える。

AD変換器の性能表示

AD変換器の性能を表示するため、以下のような項目がある。

分解能

測定可能な最大値(または最大値と最小値の幅、フルスケール)が、離散化の最小単位でみていくつになるかを表したもので、通常は2進数の桁数(すなわちビット)で表示する。ただしデジタル電圧計など目読する場合は10進数の桁数などで表す。いわば表示可能桁数であるが、他の要因の誤差があるので必ずしも有効桁数とは言えない。

AD変換における誤差要因

誤差

理想的なAD変換をグラフで表示すると、原点を通る傾き一定の階段状であり(量子化誤差を除けば直線であり)、フルスケールが指定値通りとなる。 しかし現実にはこれからずれており、それを許容誤差として表示する必要がある。

誤差の表示方法としては、平均直線からのずれ(積分非線形性誤差)、部分的な傾きのずれ(微分非線形性誤差)、原点やフルスケールでのずれ、これらの温度依存性などがある。

変換時間とサンプリング周波数

入力がデジタルに変換されて出力として現れるまでの時間、または変換開始のための合図を入力して結果が出るまでの時間が変換時間である。 一方、サンプリング周波数は、時間方向の分解能と呼べるものである。

単純な構造であればサンプリング周波数は変換時間の逆数より小さいが、パイプライン型のように変換処理を同時並行で行える場合はそれより早くなる。

時間方向の誤差

音声信号など、最終的にアナログ信号に復元するためのデジタル化のケースを考えると、サンプリングのタイミングのずれ(ジッター)も重要な誤差の要素になる。 入力信号の周波数が高いと、短い時間の間でも値が変化してしまい、誤差の要因になる。

電気記号

ADC Symbol.svg

関連項目

参考文献

[ヘルプ]
  1. ^ Analog Devices アプリケーションノートAN-283





.adと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

.adのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

2007 Microsoft Office system

GALAXY S III SC-06D

レグザG9シリーズ

arrows Tab F-02K

GALAXY J SC-02F

libretto W100

Disney Mobile on docomo DM-02H

Windows 8.1 Pro





.adのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2018 Japan Video Software Association
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリArchival Discの記事を利用しております。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2018 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.ad (改訂履歴)、イーホテルショッピングモール (改訂履歴)、AD (改訂履歴)、アナログ-デジタル変換回路 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS