最初の段階とは? わかりやすく解説

最初の段階

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 14:25 UTC 版)

アムンセンの南極点遠征」の記事における「最初の段階」の解説

アムンセン1908年11月10日開催されノルウェー地理学会の会合でその計画発表した。その計画ではフラム号ホーン岬回って太平洋出てサンフランシスコ物資補給した後に北に向かいベーリング海峡抜けてポイント・バローに至る。そこから真っ直氷の間に進みその後4年ないし5年間に及ぶ漂流を始める。科学地理的探検と同様重要であり連続した観測によって多くの未解決の問題説明してくれるとアムンセン期待した。この計画熱狂的に受け入れられ翌日ノルウェー国王ホーコン7世募金リスト明けると2クローネになっていた。1909年2月6日ノルウェー議会は船の再装備のために75,000クローネ補助金認めた遠征資金集め事業管理全体アムンセン兄弟であるレオン任されアムンセン組織実際的な面に注力できるように計らわれた。 1909年3月シャクルトン南緯8823分、南極点まで97海里 (180 km) に達した後引き返したという発表があり、アムンセン南極に「小さな片隅残っている」と考えたアムンセン手放しシャクルトン功績称賛し南極シャクルトン北極ナンセン匹敵すると書き送ったシャクルトン続いてスコット即座に小さな片隅」に向かい栄光イギリス帝国ものとする遠征テラノバ遠征)を率い意思確認した

※この「最初の段階」の解説は、「アムンセンの南極点遠征」の解説の一部です。
「最初の段階」を含む「アムンセンの南極点遠征」の記事については、「アムンセンの南極点遠征」の概要を参照ください。


最初の段階

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 01:54 UTC 版)

奴隷制度廃止運動」の記事における「最初の段階」の解説

イギリス奴隷消滅したにもかかわらずイギリス帝国領であるアメリカ西インド諸島植民地では奴隷生活の一部だった。 1783年アメリカ独立戦争終結の年)までに、イギリス大衆の間では反奴隷制度運動始まりだした。この年イギリス最初の奴隷制度廃止運動組織クエーカー教徒集団によって創設された。クエーカー教徒多くのやり方運動先導し、この運動続いている間は影響力保ち続けた1783年6月17日、セシル・レイ卿(レットフォード選出国会議員)がクエーカー教徒請願取り上げ、この問題正式に政府持ち上げた1783年にはまた、ビールビー・ポーテウス主教英国国教会に対し奴隷貿易関わることをやめること、またアフリカ系カリブ人奴隷注目するような実行可能政策作り奴隷待遇を改善するよう訴えた黒人奴隷制度廃止運動重要な役割演じたイギリスでは、その自叙伝生きている間に9版を重ねたオローダー・エキアーノが黒人貿易反対する疲れ知らぬ運動続けた

※この「最初の段階」の解説は、「奴隷制度廃止運動」の解説の一部です。
「最初の段階」を含む「奴隷制度廃止運動」の記事については、「奴隷制度廃止運動」の概要を参照ください。


最初の段階

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/04 01:45 UTC 版)

ノース・ブリティッシュ鉄道」の記事における「最初の段階」の解説

スコットランド初期の鉄道は、主に鉱物資源初期にはたいてい石炭と石灰石)の輸送従事しており、船で積み出す川や海岸の港までの短い距離であった1842年のエディンバラ・アンド・グラスゴー鉄道英語版)の開業は、より長距離の一般輸送目的鉄道商業的に成功しうることを示した。 エディンバラ・アンド・グラスゴー鉄道の建設中に金融市場幾分緩和しイングランド側では長距離鉄道急速な発展起きたスコットランド発起人らはスコットランド中心部発展しつつあるイングランドの鉄道網どうやってつなぐかの検討を始め承認経路決定するための政府委員会設立された。しばらくの間は、1本鉄道のみが商業的に実行可能あるもの思われていた。この委員会スミスバーロー委員会)はしばらくの間審議しあいまいな報告書出した大衆世論はさらに先に進み数多く鉄道構想提案されたが、すべての提案実行可能というわけではなかった。 この狂乱状態の中で事業家一団ノース・ブリティッシュ鉄道会社設立しエディンバラからベリック後にベリック・アポン・ツイード呼ばれるうになる)の路線と、ハディントン(英語版)への支線建設しようとした。彼らは1844年議会承認する立法成立させた。ニューカッスル・アンド・ベリック鉄道この時点で路線建設中であり、これに間に合うようにノース・ブリティッシュ鉄道エディンバラロンドンを結ぶ鉄道通し路線形成することになっていた。

※この「最初の段階」の解説は、「ノース・ブリティッシュ鉄道」の解説の一部です。
「最初の段階」を含む「ノース・ブリティッシュ鉄道」の記事については、「ノース・ブリティッシュ鉄道」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「最初の段階」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「最初の段階」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「最初の段階」の関連用語

最初の段階のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



最初の段階のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアムンセンの南極点遠征 (改訂履歴)、奴隷制度廃止運動 (改訂履歴)、ノース・ブリティッシュ鉄道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS