.isとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > 文字 > .isの意味・解説 

イスラム国

読み方:イスラムこく
別名:イスラーム国自称イスラム国イスラミックステート過激派組織IS
英語:Islamic State、IS

イラクおよびシリア拠点として活動するイスラム教スンニ派組織ISIS」(「イラクとシリアのイスラーム国」または「イラクとシャームのイスラーム国」)が、2014年6月国家樹立宣言して国名とした呼び名。「国」(state)と名乗ってはいるが、これは自称であり、イスラム国を国家として承認した国はない。

「イスラム国」という呼び名は、予備知識なければ国家であると誤認させる懸念があり、また「イスラム」の語を含むことにより同組織非道活動イスラム教そのものに基づく思想といった印象与えやすいなど、呼称については複数問題指摘されている。日本政府2015年1月に、政府は同組織を「ISIL」と呼ぶ方針固めた。

日本国内の新聞テレビ等の報道機関大半は、2015年2月時点では「イスラム国」の呼称を主に用いている。NHKは、同組織が「国家であると受け止められないようにするとともにイスラム教についての誤解生まれないように」、イスラム国を「「イスラミックステート」と呼ぶ方針公表したが、「イスラミック」は「イスラムの」という意味であり、「ステート」は「国」を意味する英語であって、意味上の違いはない。

ISIS改めイスラム国は、過激派武装勢力として、自爆テロなども含む過激手段による都市への侵攻制圧などの活動続けている。結成2000年代半ば遡ることができるが、2010年代以降顕著勢力強めてきた。2014年にイスラム国の樹立宣言した時点で、ISISシリアイラク都市・地域点々制圧しており、これら地域がイスラム国の領土として主張されている。

ISIS建国宣言した「イスラム国」は、カリフ指導者として戴き、「聖戦」(ジハード)を肯定積極的に遂行するいわゆるイスラム教原理主義体制を取る。

な、文脈によっては、「イスラム国」を単にイスラム教社会規範としている国々(イスラム教国家)の意味で用いている場合あり得る

関連サイト:
過激派組織ISについて - NHK NEWS WEB

アイ‐エス【I/S】


アイ‐エス【IS】


デメトン‐S

分子式C8H19O3PS2
その他の名称:デメトン-S、イソ-シストックス、Demeton-S、Iso-Systox、Phosphorothioic acid O,O-diethyl S-[2-(ethylthio)ethyl]、IS、Thioldemeton、チオールデメトン、Thiophosphoric acid O,O-diethyl S-[2-(ethylthio)ethyl] ester、ジメトンチオール、Dimetonthiol
体系名:チオりん酸O,O-ジエチル-S-(2-エチルチオエチル)、チオりん酸O,O-ジエチルS-(2-エチルチオエチル)、チオりん酸O,O-ジエチルS-[2-(エチルチオ)エチル]


.is

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/05 15:47 UTC 版)

.isアイスランド国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。ISNICが管理する。外国団体がドメインをとる場合現地代理人が必要となり、単語商標に対してドメインを取るだけの場合もある。






「.is」の続きの解説一覧

I"s

(.is から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/17 14:58 UTC 版)

I"s』(アイズ)は、桂正和の日本の漫画およびこれを原作としたメディアミックス作品。




  1. ^ https://mainichi.jp/articles/20171030/dyo/00m/200/006000c
  2. ^ 『4C R-side <HEROES-side> Katsura Masakazu Illustrations 2』72頁。
  3. ^ 桂正和『I"s 12巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉表紙そで。
  4. ^ 桂正和「GOKURAKU CLUB 6」『電影少女 13巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉1992年9月9日、ISBN 4-08-871703-1、191頁。
  5. ^ a b c 桂正和『I"s 6巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉表紙そで。
  6. ^ 桂正和 原作漫画 『I”s』 スカパー! で、実写ドラマ化決定!”. BS!スカパー! (2017年10月30日). 2017年11月3日閲覧。
  7. ^ ゲーム版では後半に進むにつれ越苗と共に行動することが多い。そのため泉エンドでナミから「越苗の結婚相手」と言われたほど。
  8. ^ 桂正和『I"s 1巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉表紙そで。
  9. ^ a b c 桂正和『I"s 4巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉表紙そで。
  10. ^ + 桂正和プロフィール +」『+ 桂正和公式サイト K2R村 +』 2013年1月4日閲覧。
  11. ^ I"s公式サイト』 2013年1月4日閲覧。
  12. ^ 『週刊少年ジャンプ 1997年51号』集英社。
  13. ^ 桂正和『I"s 15巻』〈ジャンプ・コミックス〉表紙そで。
  14. ^ 『4C R-side <HEROES-side> Katsura Masakazu Illustrations 2』74 - 75頁。
  15. ^ a b “岡山天音、男子中高生の恋愛バイブル「I”s」実写化で主人公に! 「僕なりに体現していきたい」”. シネマカフェ (イード). (2017年10月30日). http://www.cinemacafe.net/article/2017/10/30/53578.html 2017年10月30日閲覧。 
  16. ^ “実写ドラマ『I"s』葦月伊織役は白石聖に決定 オーディション700人の中から選出”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年11月9日). https://www.oricon.co.jp/news/2123086/full/ 2018年11月9日閲覧。 
  17. ^ a b c 「I"s」徹底ガイド、「I"s」女子旅、『演劇人は、夜な夜な、下北の街で呑み明かす…』 番外編~ドラマ「I“s」スペシャル〜、参照
  18. ^ a b c d Inc, Natasha. “「I”s」特集 伊島空(寺谷役)×小越勇輝(越苗役)×冨田佳輔(木田役)座談会 - コミックナタリー 特集・インタビュー” (日本語). コミックナタリー. 2020年8月13日閲覧。
  19. ^ 白石聖、『I”s』伊織役の決め手は“笑顔” 原作・桂正和氏が太鼓判「ヒロイン感があった」”. ORICON NEWS. 2020年8月13日閲覧。
  20. ^ 白石聖、漫画家・桂正和の宝物!? ドラマ『I"s』で漫画の葦月伊織を完コピ?『白石聖のわたくしごとですが...』” (日本語). www.joqr.co.jp. 2020年8月13日閲覧。
  21. ^ “桂正和「I"s」実写ドラマ化、美少女ヒロイン伊織役は白石聖”. シネマトゥデイ. (2018年11月9日). https://www.cinematoday.jp/news/N0104797 2018年11月9日閲覧。 
  22. ^ 白石聖、ドラマ『I”s』伊織と真逆の“毒舌キャラ” 思ったことを全部いう「悪い癖」”. ORICON NEWS. 2020年8月13日閲覧。
  23. ^ 連続ドラマ『I”s』、柴田杏花が収録で直面した困難 -監督から言われた一言は「もっと下手くそに」【連載インタビュー】” (日本語). 超!アニメディア. 2020年8月13日閲覧。
  24. ^ PICK UP ACTRESS 萩原みのり | HUSTLE PRESS OFFICIAL WEB SITE” (日本語). 2020年8月13日閲覧。
  25. ^ 加藤小夏、役者の道を選んだ理由は『I”s』 尊敬する共演陣に囲まれ「初めてがI”sで幸せです」”. ORICON NEWS. 2020年8月13日閲覧。



IS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/21 10:14 UTC 版)

IS, Is, is(アイエス、イズ)




「IS」の続きの解説一覧



.isと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

.isのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.isのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.is (改訂履歴)、I"s (改訂履歴)、IS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS