全地球測位システムとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 全地球測位システムの意味・解説 

ぜんちきゅう‐そくいシステム〔ゼンチキウソクヰ‐〕【全地球測位システム】

読み方:ぜんちきゅうそくいしすてむ

衛星測位システム


全地球測位システム

ネットワークシステムのほかの用語一覧
位置情報:  POIX  ロケつく  Skybox  全地球測位システム  ジオコーディング  準天頂衛星システム  スタンドアロンGPS

グローバル・ポジショニング・システム

(全地球測位システム から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/16 07:14 UTC 版)

グローバル・ポジショニング・システム英語: Global Positioning System, Global Positioning Satellite, GPS全地球測位システム)とは、アメリカ合衆国によって運用される衛星測位システム地球上の現在位置を測定するためのシステムのこと)を指す。


注釈

  1. ^ ただし、宇宙空間からの電波を利用するため、電波の受信が著しく困難な、トンネル等の地下空間においては、特別な措置を施していない場合には、著しく受信精度が低下するか、若しくは、受信困難に陥る可能性が高い。
  2. ^ 太陽の見え方が日の出、直上、日没で異なることから理解しやすい
  3. ^ ドップラーシフト値を用いると、0.1 m/s以下の精度で速度計測が得られる。
  4. ^ 他に、カーナビでは移動方位センサ、速度発電機や操舵角(ハンドル)センサ等である程度の補正を行うものがある。
  5. ^ (例えば最寄の料理店を検索し電話を掛けて予約する)
  6. ^ つまり、衛星軌道の変更や閏秒実施通知の受け取りなど、指令電波は受けるが、GPS受信機からの電波を受信できる機能は持っていない。

出典

  1. ^ 準天頂衛星システムの歴史”. JAXA. 2017年4月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年2月20日閲覧。
  2. ^ ディファレンシャルGPSの廃止について (PDF)”. 海上保安庁 (2017年6月30日). 2019年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月7日閲覧。
  3. ^ Interface Control Document (ICD 200c)” (英語). U.S. Coast Guard Navigation Center,. 2010年4月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年4月11日閲覧。
  4. ^ 野村清英. “GPSと物理 九州大学理学部物理”. 2011年9月24日閲覧。
  5. ^ GPS without limits” (英語). 2017年9月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年4月7日閲覧。
  6. ^ Why are there altitude and velocity limits for GPS equipment?” (英語). 2017年3月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年4月7日閲覧。
  7. ^ COCOM Limits” (英語). 2016年4月7日閲覧。
  8. ^ Data From the First Week Without Selective Availability” (英語). 2013年5月18日閲覧。 2000年5月2日4時以降は、それまでの最大100mの誤差が10m程度の誤差に改善されている。
  9. ^ “STATEMENT BY THE PRESIDENT REGARDING THE UNITED STATES' DECISION TO STOP DEGRADING GLOBAL POSITIONING SYSTEM ACCURACY” (英語) (プレスリリース), (2000年5月1日), https://clintonwhitehouse4.archives.gov/WH/EOP/OSTP/html/0053_2.html 2013年5月18日閲覧。 
  10. ^ Frequently Asked Questions About Selective Availability - Will SA ever be turned back on?” (英語). 2013年5月18日閲覧。
  11. ^ “Statement by the Press Secretary” (英語) (プレスリリース), (2007年9月18日), http://georgewbush-whitehouse.archives.gov/news/releases/2007/09/20070918-2.html 2013年5月18日閲覧。 
  12. ^ “DoD Permanently Discontinues Procurement Of Global Positioning System Selective Availability” (英語) (プレスリリース), (2007年9月18日), https://archive.defense.gov/releases/release.aspx?releaseid=11335 2013年5月18日閲覧。 
  13. ^ 片岡義明 (2019年3月14日). “GPSの“19.6年問題”、4月7日に「週数ロールオーバー」が発生、古いGPS機器では不具合の可能性も”. INTERNET Watch. 2019年4月20日閲覧。
  14. ^ GPSリセットによる運航への影響発生について”. 日本航空. 2019年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月21日閲覧。
  15. ^ A-GPSの概要”. 2011年5月24日閲覧。
  16. ^ 空港への新たな高精度航法(RNAV)の導入に向けて”. 2007年10月4日閲覧。
  17. ^ 東京新聞特報部「太平洋渡るアホウドリ」『東京新聞』2009年(平成21年)10月28日(水曜日)、 24面。
  18. ^ 1979年時点でも、100分の1秒の精度が望ましいとされた。地震学会編、1979、『地震の科学』、保育社
  19. ^ “建設機械にGPSなど「防犯」効果 盗難被害激減”. 神戸新聞. (2011年2月9日). http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0003794636.shtml 2011年2月1日閲覧。 
  20. ^ ココセコム 高齢者を見守る”. 2011年2月10日閲覧。
  21. ^ 毎日新聞2017年2月1日1面・31面
  22. ^ GPS コンパスの性能評価 (PDF)”. 2014年10月12日閲覧。
  23. ^ http://gishop.jp/html/page8.html”. 2014年10月12日閲覧。
  24. ^ 航空機の運航の安全に支障を及ぼすおそれのある電子機器の使用制限について”. 国土交通省航空局. 2016年4月28日閲覧。
  25. ^ “ついに運用が始まった欧州版GPS「ガリレオ」”. http://news.mynavi.jp/articles/2016/12/20/galileo/ 2017年1月21日閲覧。 
  26. ^ India’s PSLV successfully launches the IRNSS-1B spacecraft” (英語). NASA Spaceflight.com (2013年4月3日). 2013年4月13日閲覧。
  27. ^ PSLV-C24 IRNSS-1B Presskit (PDF)” (英語). 2014年11月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年2月12日閲覧。
  28. ^ About QZSS” (英語). JAXA. 2012年1月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年2月22日閲覧。
  29. ^ 「みちびき」によるサービス開始について, (日本語), みちびき(準天頂衛星システム), http://qzss.go.jp/overview/information/qzss_181101.html 2018年11月29日閲覧。 


「グローバル・ポジショニング・システム」の続きの解説一覧

「全地球測位システム」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

全地球測位システムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



全地球測位システムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ全地球測位システムの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグローバル・ポジショニング・システム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS