大韓航空機撃墜事件とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > できごと > 事件・事故 > 事件・事故 > 大韓民国の事件 > 大韓航空機撃墜事件の意味・解説 

だいかんこうくうきげきつい じけん -かうくうき- 【大韓航空機撃墜事件】


大韓航空機撃墜事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/09 16:40 UTC 版)

大韓航空機撃墜事件(だいかんこうくうきげきついじけん)は、1983年9月1日大韓航空ボーイング747が、ソ連領空侵犯(航路逸脱の原因については後述)したために、ソ連防空軍[1] の戦闘機により撃墜された事件のこと。乗員・乗客合わせて269人全員が死亡した。




  1. ^ 本事件についてしばしば「ソ連空軍の戦闘機に撃墜された」と書かれることがあるが、これは誤りで、迎撃したのはソ連防空軍迎撃戦闘機である。当時、ソ連では「防空軍」と「空軍」は別の組織とされ、領空侵犯機を迎撃する任務は主に防空軍が担当していたため、本事件も防空軍が担当している。
  2. ^ Airliners net
  3. ^ a b c 原口和久『成田空港365日』崙書房、2000年、208頁。
  4. ^ 曳光弾は事件発生の半年前に底をつき、部隊は補給申請していたが事件発生時も補給されてない状態であった。
  5. ^ ナショナルジオグラフィック 「メーデー 航空機事故の真相」から
  6. ^ 実際の正確な発言内容は"Rapid compression(急激な加圧)"であり、機長は加圧と減圧(decompression)を混同している。その他にも、"All compression"、"Power compression"という誤った発言がボイスレコーダーに記録されている
  7. ^ ボイスレコーダーには、機長の管制官への「待て、待て、待て、待て、セットする(Standby,standby,standby,standby,set.)」という返事が記録されているが、これが確認できる乗務員の最後の会話となった
  8. ^ スノーデン文書の中に日本情報 ネットメディアが公開 - NHK Archived 2017年4月24日, at Archive.is
  9. ^ 「ナショナルジオグラフィックチャンネル」のドキュメンタリー「メーデー!:航空機事故の真実と真相」シリーズ(シーズン7「大韓航空007便」)で同事件が紹介された際、無線交信を傍受した再現シーンは自衛隊レーダーサイトではなく、アメリカ軍の通信傍受施設で傍受したようにされている。
  10. ^ 「KAL007 Shooting Down」公開された傍受した交信記録。
  11. ^ 藤田勝利編『新航空法講義』信山社、2007年、72-73頁。
  12. ^ 準天頂衛星システムの歴史 - JAXA。2016年2月20日閲覧
  13. ^ 田英夫参議院議員(当時)の 質問趣意書 に対する1994年11月14日村山富市総理大臣(当時)による 答弁書
  14. ^ 大韓航空の生え抜き機体はカスタマーコードがB5。
  15. ^ 1983年9月26日には、ソ連の監視衛星がアメリカからの核ミサイル攻撃を誤検出する事件が発生した。当時ソ連戦略ロケット軍中佐で当直将校であったスタニスラフ・ペトロフの誤報判断により回避された。







大韓航空機撃墜事件と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「大韓航空機撃墜事件」の関連用語

大韓航空機撃墜事件のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大韓航空機撃墜事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大韓航空機撃墜事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS