無人機とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 無人機の意味・解説 

むじん‐き【無人機】

読み方:むじんき

人が搭乗せず、遠隔操作自動操縦で動く航空機UAV)・地上車両UGV)・船艇USV)・潜水艇UUV)・宇宙探査機などをいう。


【無人機】(むじんき)

Unmanned Aerial Vehicle (UAV).

人間乗らずコンピュータによる自動操縦もしくは遠隔操作飛行する航空機
ドローン」とも呼ばれる

乗員考慮する必要がないため安価に製造でき、撃墜されても人命失われない
反面コンピュータ操作性には未だ難があり、有人戦闘機との直接交戦には対応が困難である
こうした特性を踏まえ、主に偵察機標的機として利用される

その形状多種多様である。
ホビーなどの技術蓄積から、最も小さいものは電池式の手投げサイズにまで小型化できる。
一方サイズ価格機体性能全て有人機に互するようなものも現れている


各国の主な機体

余談:「無人機」を名乗ったミサイル

第二次世界大戦後ミサイル技術黎明期において、ミサイルが無人機として扱われていた時期があった。

当時アメリカ空軍では地対空ミサイル空対空ミサイルは「無人戦闘機」として扱われた。
また同様に地対地ミサイル空対地ミサイル巡航ミサイル弾道ミサイル)は「無人爆撃機であった

これは概念的に間違っているわけでもなかったが、書面上で恐ろし事態引き起こした

ミサイル交戦の度に失われる
従って、ミサイル航空機同列管理すると、損耗率・未帰還率などの数字とてつもな事になる

必然的にミサイル航空機分類から独立し新たな型式割り振られる事となった。

無人機とされたミサイルの一覧

旧名称(無人機)新名称(ミサイル主契約メーカーその他
無人戦闘機地対空ミサイル/空対空ミサイル
F-98ファルコンAIM-4ヒューズ 
F-99「ボマークIM-99/CIM-10ボーイング核弾頭型が「CIM-10」、通常弾頭型が「IM-99」
無人爆撃機地対地ミサイル/空対地ミサイル
B-61マタドールMGM-1マーティン 
B-62「スナークSM-62ノースロップ初期の巡航ミサイル
XB-63「ラスカルGAM-63ベル試作のみ。
B-64「ナヴァホSM-64ノースアメリカン開発中止
B-65「アトラスCGM/HGM-16コンベアアメリカ初の大陸間弾道ミサイル
XB-67「クロスボーGAM-67ラジオプレーン対レーダーミサイル試作のみ。
B-68「タイタンHGM-25マーティンⅠ型のみ。以後当初からミサイルとしての形式付与
B-72クエイルADM-20マクダネルB-52搭載空中発射デコイ
B-73「ブルグース」SM-63フェアチャイルド 
B-75「ソーPGM-17ダグラス中距離弾道ミサイル
英国空軍にも配備されたが、キューバ危機後に撤去
B-76「メースMGM/CGM-13マーティン 
B-77ハウンドドッグAGM-28ノースアメリカン核弾頭搭載大型空対地巡航ミサイル
B-78「ジュピターPGM-19クライスラーキューバ危機後に退役
一部人工衛星打ち上げ転用
B-80「ミニットマンLGM-30ボーイングⅠ型のみ。以後当初からミサイルとしての形式付与
B-83ブルパップAGM-12マーティンアメリカ初の実用空対地ミサイル
XB-87「スカイボルトAGM-48ダグラス空中発射型弾道ミサイル試験のみ。

無人機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/18 18:30 UTC 版)

無人機(むじんき, : unmanned vehicle, uncrewed vehicle)とは、人が搭乗しない乗り物または輸送機械


  1. ^ マルチコプターの類が「ドローン」と呼ばれるようになった際に、それ以前からドローンと呼ばれていた主として軍事用自律機を指すのが本来、というように誤った説明がされたが、曳航されるだけ、ないしラジコンの「ターゲットドローン」などもあるように、無人機全般を指して「ドローン」という語は使われる。
  2. ^ ディプロ2009-12「遠隔操作される死の飛行機
  3. ^ 各種計測における無人ヘリコプタの利用
  4. ^ en:Autonomous Underwater Vehicle 09:28, 25 September 2007版
  5. ^ 自律型水中航走式機雷探知機(OZZ-X)の開発”. 公益財団法人防衛基盤整備協会. 2020年2月25日閲覧。
  6. ^ 無人機雷排除システム用水上無人機(試験用)の研究及び設計の契約希望業者募集要項”. 防衛省. 2020年2月25日閲覧。
  7. ^ [1]


「無人機」の続きの解説一覧

無人機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 15:30 UTC 版)

メタルギアシリーズの用語一覧」の記事における「無人機」の解説

月光 (IRVING) (MGS4MGR) ATセキュリティ製の無人二足歩行兵器アームズテック社製で、製品名称はIRVINGアーヴィング)。「月光」という名称は、大日本帝国海軍夜間戦闘機月光」が由来であり、当時連合軍側の本機に対するコードネームは「IRVINGアーヴィング)」であった。これをスネークは「月光」の発音にちなんで「GECKOヤモリ)」と呼んでいた。 『MGS4』では、既に量産化されており、民間軍事企業にも採用され戦場で実働台数戦車上回るなど、白兵戦市街戦主流兵器となっている。 高度な赤外線センサー備え屋内で掃討なども視野入れ軽量化高機動化がなされている歩兵随伴協働できる能力持ち自律行動作戦遂行することも可能。セミや低い牛の鳴き声のような作動音を立てながら活動し担当する区域制圧すると、排泄のように緑色液体落としてマーキングを行う。 全高5メートル前後で、RPG等にも耐える堅牢な装甲持ち脚部折りたたんだ態でトラックでの輸送も可能。上部ダンボールなどの中身透視できる赤外線メインカメラ搭載されて、広い視界確保している。脚部有蹄類特有のES細胞遺伝子操作して作り出した人工筋肉で、広い稼動範囲柔軟な動作実現している。壁の凹凸掴んだり、壁面突き刺すことで高い場所よじ登ることができ、市外ブロック単位跳躍するなど、三次元方向機動性有し近接戦では足を用いた蹴り投げ技繰り出す。ただし、脚部装甲比較薄く麻酔銃撃たれたり、大きなダメージを受けると一時的に歩けなくなる。生体部品保護するために冬眠機能搭載されている。 中距離では前部装備している機銃使用する他、上部ブローニングM2重機関銃対空ミサイル対戦車ミサイル発煙弾発射機などを搭載でき、ここに爆薬搭載した自爆型」や、対戦車ミサイルなどを容易に防ぐ「アクティブ防護システム搭載型」も存在するワイヤー状のマニピュレーター装備しており、落ちているタバコ拾い上げる繊細さと、掴んだ人間引き倒す程のパワー兼ね備えている。 月光デザイン影響与えたのは、DARPA国防高等研究計画局)の資金提供により、2005年アメリカジェット推進研究所ハーバード大学開発した四足歩行ロボットビッグドッグとされているシリーズを通してメタルギアと同様の姿をして見えるが、核戦略中核をなすべく作り出され存在ではなく、必ずしも搭載オプション備えないことから兵器としてメタルギア分類されない仔月光 (TRIPOD) (MGS4MGR) 直径は約30センチメートルほどで、月光 (IRVING) を母機としてサポートする小型の無人偵察機 (UAV)。IRVING同じくATセキュリティ社製で、製品名称はTRIPODトライポッド)。中央にカメラ持った球状ボディ3本の腕を模した機動オプション搭載しており、歩行地面転がるといった移動方法や壁をよじ登ったりパイプ掴まるなどといった動作も可能。その姿から、作中では「フンコロガシ」と呼ばれることがあるまた、月光の子であることから『MGS4』ではスネークオタコン仔月光名付けている。 体躯小ささ活かし入り組んだ地形屋内などの地表における偵察主とする一機辺り戦闘力は低いが、連携して自律行動をとることができ、個体少数では隠密行動集団になると群れをなして攻撃を行う。また、仔月光人間として3機が縦に重なって人間擬態する機能も持つ他、壁に張り付いて監視カメラのように振る舞う小型の偵察機ありながら攻撃オプション搭載されており、中央のカメラ部分にはスタン機能内蔵されており、アーム相手掴んで電気ショック与え攻撃をする。GSRデザートイーグル武装した個体確認される『MGR』では、CNT筋繊維による強化によりアサルトライフル片腕で扱う程のパワー有するようになっているまた、停止中仔月光背面にある接続コード雷電接続することで、プレイヤーによる操作可能になった。さらに、左右にジャンプして喜んだり手拍子したり、親指立ててポーズをとるなど、『MGS4』の時と比べると感情表現豊かになっている。2体が上下に繋がった人間タイプ仔月光登場し雷電攻撃軽々と弾いている。また、初回限定版であるプレミアムパッケージには仔月光フィギュアが2体付属しており、前述の2体が上下に繋がった人間タイプにすることが可能となっている。 『MGS4』の開発当初デザートイーグル所持している仔月光白色するつもりだったが、監督却下され廃案となったと、作中iPod聴くことの出来る「ガンズ・オブ・ヒデチャンラジオ」にて語られた。 LQ-84 フェンリル (Fenrir) (MGR) PMCデスペラード・エンフォースメントLLC保有する四足獣型無人機。自己学習AIチェーンソー、またはレールガン搭載。LQ-84i/ブレードウルフ (BladeWolf) (MGR) デスペラード・エンフォースメントLLCR&D開発していた「音声対話自己判断出来人間サイボーグに代わる兵器」。光ニューロAIノイマン型コンピュータ違い人間に近い思考する事着眼しAIニューロン900億にして丸3年かけ会話が行えるようになった。が、人間違い残忍性持ち合わせず敵を殲滅して初め価値を持つ兵器」としては役に立たないとされ研究中止AIモスボール保管されていた(海外版ではシャットダウンされたとなっている)。残虐性持たない無人機にデスペラード社のサンダウナーが興味持ち、LQ-84のプロトタイプボディに納めて再稼動させた。 自律行動為に搭載されAI自我発生していると自称し、己の消去免れる為に兵備として自身保有するデスペラード社の命に従う初登場時兵装背中マウントされたチェーンソーと熱溶断機能備えた投げナイフヒートナイフ」で、それらを尾の位置から伸びているマニピュレーター把持し、使用するサムとの交戦一度雷電との交戦二度ボディ破壊され雷電によりAI部は回収された。ブレードウルフ(海外版では「canine」と「thousand」を掛けた型番K-9000)のボディはLQ-84iのボディ黒くし、より生物的にした物で、索敵合体型バイザーがあり、武装ヒートナイフと脚の刃のみ。 追加シナリオ『BladeWolf』では主人公として登場マスティフ (Mastiff) (MGR) ゴリラのような大型類人猿似た風貌をした人型無人機。その大柄なボディとは裏腹に動き俊敏で、ぶら下がったり胸を鳴らすといった動作見せる。遠距離では右腕マシンガン近距離で圧倒的なパワーと太い両腕によるパンチ掴み技攻撃する両腕斬られても両足ドロップキックを行う。マスティフとは番犬闘犬意味する当初ゲーム企画であった『MGSR』の頃から登場している唯一の兵器でもあるラプター (Raptor) (MGR) 獣脚類模した二足歩行型無人機。月光仔月光中間的な構想製作されており、月光では適さない屋内や狭い地下通路等での戦闘想定されている。集団行動を得意としており登録され仲間機能停止陥ると、AI埋め込まれた仲間意識により原始的な怒りの感情を抱く。主な武装脚部設けられブレードや、サイボーグ一定時間行動不能にするEMP兵器などが挙げられるまた、胴体部には制御ユニットとして仔月光組み込まれており、同時に破壊しなければ仔月光のみが自律行動を開始する。なお、同じ小島プロダクション作品である『ZONE OF THE ENDERS』にもラプターという無人機が登場するが、関連性全くないヴォドムジェルカ (Водомерки) (MGR) ロシア製の無人ACV(エアクッションビークル)。ウォーターストライダーとも呼ばれる水上での活動視野入れられており、ロシア語アメンボ意味する名の通り3つの脚部によって水面滑るように移動する主な武装火炎放射器また、ジェットエンジン有しており、高速移動突進攻撃を行う。 グラート (Град) (MGR) ウクライナ製の無人攻撃兵器大きな盾と無数の砲塔によって敵を寄せ付けぬトーチカモードと、その巨体反し踵部分の車輪による俊敏な動きで敵を翻弄する歩行モード2つ形態使い分ける。名称はロシア語意味する製造元ウクライナでは「フラードと呼ぶらしいが、無人機業界ではグラートの名称で一般的である。 当初は『MGSR』にて登場する予定だったとされており、その際にはボリス乗り込んで雷電共闘するシチュエーション考えられていたという。

※この「無人機」の解説は、「メタルギアシリーズの用語一覧」の解説の一部です。
「無人機」を含む「メタルギアシリーズの用語一覧」の記事については、「メタルギアシリーズの用語一覧」の概要を参照ください。


無人機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 01:31 UTC 版)

航空自衛隊の装備品一覧」の記事における「無人機」の解説

名称愛称(※は部隊内通称)画像調達数(※は改修数)保有注釈RQ-4B グローバルホーク調達予定数3機 中防衛力整備計画(26中期防)において導入決定したノースロップ・グラマン無人偵察機2021年度導入予定。※画像米空軍RQ-4B 退役 無人機 名称愛称(※は部隊内通称)画像調達数(※は改修数)注釈UF-104J/JA ※J型:2機(後にJA型に改修)JA型:12機 用廃止となったF-104Jを改修した無人標的機有人飛行可能であるJ型遠隔誘導飛行するJA型がある。1997年3月までに全機標的として撃墜される。※画像展示用にUF-104Jと同様塗装施されたF-104J 無人機研究システム ※TACOM 4機 F-15J/DJから空中発射される自立着陸可能な無人偵察機富士重工業製2012年部隊使用承認2016年度退役

※この「無人機」の解説は、「航空自衛隊の装備品一覧」の解説の一部です。
「無人機」を含む「航空自衛隊の装備品一覧」の記事については、「航空自衛隊の装備品一覧」の概要を参照ください。


無人機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 02:10 UTC 版)

テロ対策ユニット」の記事における「無人機」の解説

シーズン8登場した小型の遠隔操作型無人偵察機ドローン小型ローターより上空をホバリング飛行し容疑者追尾偵察を行うことが出来るある程度自立飛行により姿勢制御なされるため、最小限操作マニピュレート可能となっている。

※この「無人機」の解説は、「テロ対策ユニット」の解説の一部です。
「無人機」を含む「テロ対策ユニット」の記事については、「テロ対策ユニット」の概要を参照ください。


無人機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/09 20:40 UTC 版)

僚機」の記事における「無人機」の解説

主力退いた戦闘機を無人機に改造し有人戦闘機僚機として対地攻撃など危険な任務行わせるロボット僚機』の計画進められている。

※この「無人機」の解説は、「僚機」の解説の一部です。
「無人機」を含む「僚機」の記事については、「僚機」の概要を参照ください。


無人機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/04 22:32 UTC 版)

白銀の意思 アルジェヴォルン」の記事における「無人機」の解説

8年前のアルジェント・ポイントにおける実験で、レイカユーリンクシステムによる操作行った無人機。ベースコンゴウで、電子戦ユニット改修した装備搭載する

※この「無人機」の解説は、「白銀の意思 アルジェヴォルン」の解説の一部です。
「無人機」を含む「白銀の意思 アルジェヴォルン」の記事については、「白銀の意思 アルジェヴォルン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「無人機」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「無人機」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

無人機のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



無人機のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの無人機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのメタルギアシリーズの用語一覧 (改訂履歴)、航空自衛隊の装備品一覧 (改訂履歴)、テロ対策ユニット (改訂履歴)、僚機 (改訂履歴)、白銀の意思 アルジェヴォルン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS