無人機とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > 無人機の意味・解説 

【無人機】(むじんき)

Unmanned Aerial Vehicle (UAV).

人間が乗らず、コンピュータによる自動操縦もしくは遠隔操作飛行する航空機
ドローン」とも呼ばれる

乗員考慮する必要がないため安価製造でき、撃墜されても人命が失われない。
反面コンピュータ操作性には未だ難があり、有人戦闘機との直接交戦には対応が困難である。
こうした特性踏まえ、主に偵察機標的機として利用される。

その形状多種多様である。
ホビーなどの技術蓄積から、最も小さいものは電池の手投げサイズにまで小型化できる。
一方サイズ価格機体性能全て有人機に互するようなものも現れている。


各国の主な機体

余談:「無人機」を名乗ったミサイル

第二次世界大戦後ミサイル技術黎明期において、ミサイルが無人機として扱われていた時期があった。

当時アメリカ空軍では地対空ミサイル空対空ミサイルは「無人戦闘機」として扱われた。
また同様に地対地ミサイル空対地ミサイル巡航ミサイル弾道ミサイル)は「無人爆撃機」であった。

これは概念的には間違っているわけでもなかったが、書面上で恐ろしい事態を引き起こした。

ミサイル交戦の度に失われる。
従って、ミサイル航空機同列管理すると、損耗率・未帰還率などの数字がとてつもない事になる

必然的にミサイル航空機分類から独立し、新たな型式割り振られる事となった。

無人機とされたミサイルの一覧

旧名称(無人機)新名称(ミサイル主契約メーカーその他
無人戦闘機地対空ミサイル/空対空ミサイル
F-98ファルコンAIM-4ヒューズ 
F-99「ボマークIM-99/CIM-10ボーイング核弾頭型が「CIM-10」、通常弾頭型が「IM-99」
無人爆撃機地対地ミサイル/空対地ミサイル
B-61マタドールMGM-1マーティン 
B-62「スナークSM-62ノースロップ初期巡航ミサイル
XB-63「ラスカルGAM-63ベル試作のみ。
B-64「ナヴァホSM-64ノースアメリカン開発中止
B-65「アトラスCGM/HGM-16コンベアアメリカ初の大陸間弾道ミサイル
XB-67「クロスボーGAM-67ラジオプレーン対レーダーミサイル試作のみ。
B-68「タイタンHGM-25マーティンⅠ型のみ。以後当初からミサイルとしての形式付与
B-72「クエイルADM-20マクダネルB-52搭載空中発射デコイ
B-73「ブルグース」SM-63フェアチャイルド 
B-75「ソーPGM-17ダグラス中距離弾道ミサイル
英国空軍にも配備されたが、キューバ危機後に撤去
B-76「メースMGM/CGM-13マーティン 
B-77ハウンドドッグAGM-28ノースアメリカン核弾頭搭載大型対地巡航ミサイル
B-78「ジュピターPGM-19クライスラーキューバ危機後に退役
一部人工衛星打ち上げ転用
B-80「ミニットマンLGM-30ボーイングⅠ型のみ。以後当初からミサイルとしての形式付与
B-83ブルパップAGM-12マーティンアメリカ初の実用空対地ミサイル
XB-87「スカイボルトAGM-48ダグラス空中発射弾道ミサイル試験のみ。

無人機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/17 23:00 UTC 版)

無人機(むじんき, : unmanned vehicle, uncrewed vehicle)とは、人が搭乗しないヴィークル(乗り物。英語「ヴィークル」の定訳が「乗り物」なためしょうがないのだが、「人が乗れない乗り物」という表現は少々自己矛盾である)のこと。


  1. ^ マルチコプターの類が「ドローン」と呼ばれるようになった際に、それ以前からドローンと呼ばれていた主として軍事用自律機を指すのが本来、というように誤った説明がされたが、曳航されるだけ、ないしラジコンの「ターゲットドローン」などもあるように、無人機全般を指して「ドローン」という語は使われる。
  2. ^ ディプロ2009-12「遠隔操作される死の飛行機
  3. ^ 各種計測における無人ヘリコプタの利用
  4. ^ en:Autonomous Underwater Vehicle 09:28, 25 September 2007版
  5. ^ [1]


「無人機」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「無人機」の関連用語

無人機のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

編隊

浜松広報館

Mi-24

エリアルール

テイルスライド

増槽

ファイティングドラゴン

88式地対艦誘導弾





無人機のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの無人機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS