型番とは? わかりやすく解説

型番

読み方:かたばん

製品の型を識別する際の番号

かた‐ばん【型番】

読み方:かたばん

製品型式(かたしき)ごとにつけられる番号型式番号


型番

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

型番 (Version)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 02:19 UTC 版)

QRコード」の記事における「型番 (Version)」の解説

1から40番号表されるシンボル大きさ最小は「型番1」の21×21モジュールで、最大は「型番40」の177×177モジュール

※この「型番 (Version)」の解説は、「QRコード」の解説の一部です。
「型番 (Version)」を含む「QRコード」の記事については、「QRコード」の概要を参照ください。


型番

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/20 07:10 UTC 版)

サイバーナビ」の記事における「型番」の解説

太字は現在販売している製品である。(生産終了品は除く)※()内は発売されているモデル年 AVIC-CEシリーズ2016年〜車種専用10V型(WXGA)メインユニット。品番最後に車種を表すアルファベット2文字が追加される。 AVIC-CLシリーズ2016年〜)8V型(WXGA)メインユニット。2018年10月高音質特化したXシリーズ(AVIC-CL9xxXS)」が追加された。 AVIC-CWシリーズ2016年〜)7V型(WVGA)200mmワイドメインユニット AVIC-CZシリーズ2016年〜)7V型(WVGA2DINメインユニット。2018年6月高音質特化したXシリーズ(AVIC-CZ9xxXS)」が追加された。 AVIC-VHシリーズ2006年2015年)インダッシュ方式 AV一体型 AVIC-ZHシリーズ2002年2015年AV一体型 AVIC-Hシリーズ2008年〜2010年XHシリーズ後継VHシリーズナビゲーション部分だけをシリーズ化他のAV機器接続する必要がある。 AVIC-XHシリーズ2001年2007年

※この「型番」の解説は、「サイバーナビ」の解説の一部です。
「型番」を含む「サイバーナビ」の記事については、「サイバーナビ」の概要を参照ください。


型番

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 04:22 UTC 版)

PlayStation Vita」の記事における「型番」の解説

プレスリリース発表情報

※この「型番」の解説は、「PlayStation Vita」の解説の一部です。
「型番」を含む「PlayStation Vita」の記事については、「PlayStation Vita」の概要を参照ください。


型番

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 08:11 UTC 版)

nasne」の記事における「型番」の解説

500GBモデル - CECH-ZNR1J 1TBモデル初期型) - CECH-ZNR2J 1TBモデル2代目) - CECH-ZNR2J01 1TBモデル3代目) - CUHJ-15004 2TBモデルバッファロー版) - NS-N100 各モデル違い希望小売価格内蔵HDD容量のほか、同梱物PS3版torne』について、BD-ROM(500GBモデル)・プロダクトコード(1TBモデル初期型))何もない(1TBモデル2代目3代目))の何れかであり録画操作については、PS Vita/PS Vita TVPS3以外から行うには機種別別途有償提供されているtorneが必要。 バッファロー版は、PS3/PS Vita/PS Vita TV版のtorneには非対応また、Android/iOSの Video & TV SideViewにも対応していない。

※この「型番」の解説は、「nasne」の解説の一部です。
「型番」を含む「nasne」の記事については、「nasne」の概要を参照ください。


型番(Version)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/30 10:19 UTC 版)

CPコード」の記事における「型番(Version)」の解説

基本的には、密度はX, Y機軸の上タイミングマーク個数(m,n)で自動識別可能である。従って、エンコード画像生成)も入力するデータ量に応じて考え余地無く自動的に可変となる。従って、このm,nは情報量に応じて10×10程度のものから理論的には無限大まで生成可能であるので、CPコードには基本的には型番は無い。生成後にマイクロソフトなどのアプリケーションのソフト上などで、画像貼り付けた後でも、読み取れる範囲画像的に縮小拡大して使用すればよい。もちろん、選択した読取装置読み取れさえすれば任意の決定され規格サイズに合わせて拡大縮小するのも自由である大雑把に言えば通常肉眼で各データセルが見えれば読み取り通常の光学方式可能である

※この「型番(Version)」の解説は、「CPコード」の解説の一部です。
「型番(Version)」を含む「CPコード」の記事については、「CPコード」の概要を参照ください。


型番

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/30 01:01 UTC 版)

オライオン (固体燃料ロケット)」の記事における「型番」の解説

オライオン各段には構成によって型番が振られている。直径を表す数字38または50)の後にバリエーションを表す文字付けられる。Sは第一段延長型、XLはそれをさらに延長したものである。Gは短ノズル地上発射型であることを示し、Tは強化スカート装着していることを示しているオライオンの型番構成ステージOrion 38Orion 50 (50T)Orion 50SOrion 50S XLOrion 50STOrion 50S XLTOrion 50S XLGOrion 50 XL (50 XLT)直径38インチ (97 cm) 50インチ (130 cm) 50インチ (130 cm) 50インチ (130 cm) 50インチ (130 cm) 50インチ (130 cm) 50インチ (130 cm) 50インチ (130 cm) 全長53インチ (130 cm) 105インチ (270 cm) 349インチ (890 cm) 404インチ (1,030 cm) 333インチ (850 cm) 389インチ (990 cm) 372インチ (940 cm) 122インチ (310 cm) 打上げ質量1,966ポンド (892 kg) 7,428ポンド (3,369 kg) 29,554ポンド (13,405 kg) 35,656ポンド (16,173 kg) 29,554ポンド (13,405 kg) 35,672ポンド (16,181 kg) 35,720ポンド (16,200 kg) 9,520ポンド (4,320 kg) 燃焼質量243ポンド (110 kg) 715ポンド (324 kg) 2,098ポンド (952 kg) 2,408ポンド (1,092 kg) 2,098ポンド (952 kg) 2,408ポンド (1,092 kg) 2,456ポンド (1,114 kg) 824ポンド (374 kg) 燃焼時間(秒)67.7 75.6 75.3 69.1 75 68.4 68.4 69.7 採用ペガサスペガサス XL, トーラス (現在はミノタウロスC) 第3段ミノタウロスIミノタウロスIV 第4段 ペガサス 第2段 ペガサス 第1段 ペガサス XL第1段 トーラス 第1段 トーラス XL 第1段 トーラス Lite 第1段 ミノタウロス 第3段ペガサス XLトーラス Liteトーラス XL 第2段

※この「型番」の解説は、「オライオン (固体燃料ロケット)」の解説の一部です。
「型番」を含む「オライオン (固体燃料ロケット)」の記事については、「オライオン (固体燃料ロケット)」の概要を参照ください。


型番

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/29 16:17 UTC 版)

ウォークマン」の記事における「型番」の解説

ウォークマンの型番の原則的規則以下の通り。「ウォークマンの製品一覧」も参照のこと。 ハイフンより前 TPS初代ウォークマンTape Player Stereoの略) WM…カセットウォークマン(WalkManの略) D…ディスクマンCDウォークマンDVDウォークマン・ビデオCDウォークマン(Discmanの略) PBD初代DVDディスクマン GVビデオウォークマン TCDDATウォークマンTape Corder Digitalの略) WMD再生専用DATウォークマンWalkman Digitalの略) MZMDウォークマンMusic Zealotの略) NW…ネットワークウォークマン・ウォークマン△シリーズNetwork Walkmanの略) NWD…ウォークマンWシリーズNetwork Walkman DRM非対応の略) - 2013年秋以降はNW統一された。 NWZ…海外ウォークマンシリーズ - 2007年秋2015年夏発売モデルのみ ウォークマンではない一部ソニー製ポータブルプレーヤー・レコーダーも、ハイフンより前の型番は上記共通であるハイフンより後(主に1995年以降ウォークマンカセット)D…高性能録音再生機(デンスケのD) E…再生専用機 F…チューナー付き再生専用機 G…チューナー付き録音再生機 R…録音再生機 W…ワイヤレスCDウォークマンE/EJ…標準機 T/F/FJ…チューナー付き再生専用機 CJMP3 CD対応機 NEATRAC CD対応機一部MP3 CD対応) MDウォークマンE…再生専用機 F…チューナー付き再生専用機 R…録音再生機 B…ビジネス向け録音再生機(MDウォークマンブランド使用しない) N…NetMD対応録音再生NENetMD対応再生専用機 Hi-MDウォークマンDHHi-MD Photo対応録音再生NHHi-MD対応録音再生RHHi-MD対応録音再生EHHi-MD対応再生専用機 ウォークマン(△シリーズ)、ネットワークウォークマンA…AシリーズAndroid搭載およびメモリータイプウォークマンでのミドルレンジモデル(AdvancedAce最初のアルファベットのA)。 B…Bシリーズ日本未発売。 E…Eシリーズエントリーモデル(EntryのE)。 F…FシリーズAndroid搭載ミドルレンジモデル。 M…Mシリーズ。ワイヤレスヘッドセット機能搭載モデル。 S…Sシリーズローエンドモデル機能特化機(SpecializedのS)。 W…Wシリーズイヤホン一体型機(WearableのW)。WHヘッドホン型WS防水初期数字後ろにSがあった。 WM1WM1シリーズ。メモリータイプウォークマンでのフラッグシップモデルソニーオーディオ機器におけるフラッグシップシリーズの「Signature Series」にも属する。 X…Xシリーズ。メモリータイプウォークマンでのハイエンドモデル。 Z…ZシリーズAndroid搭載ハイエンドモデルZXZXシリーズAndroid搭載およびメモリータイプウォークマンでのハイエンドモデルMSメモリースティック対応機(Memory StickMS)。 HDハードディスク搭載機(Hard DiscHD)。 容量(メモリータイプウォークマン)2005年以降発売されたメモリータイプウォークマンでは、容量は型番末端の数字表される。但し数字容量の関係は発売時期により異なる。 2005年~2006年春:3…256MB、5…512MB、7…1GB、8…2GB 2006年夏2008年:2…512MB、3…1GB、5…2GB、6…4GB、8…8GB、9…16GB 2009年以降:2…2GB、3…4GB、4…8GB、5…16GB、6…32GB、7…64GB 付加機能付属品(メモリータイプウォークマン)メモリータイプウォークマンのみ、付加機能付属品内容によっては末尾に1~2文字アルファベット付加される。 F…FMチューナー搭載機2006年~2008年発売モデルのみ) K…スピーカー同梱(S730シリーズのみ、FMチューナー搭載機には「F」付けるというルールがあったため「FK」となる) BTBluetoothイヤホン同梱 HNハイレゾ対応デジタルノイズキャンセリングイヤホンを同梱 WIハイレゾ対応Bluetoothイヤホン同梱

※この「型番」の解説は、「ウォークマン」の解説の一部です。
「型番」を含む「ウォークマン」の記事については、「ウォークマン」の概要を参照ください。


型番

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 07:07 UTC 版)

MOSFET」の記事における「型番」の解説

日本におけるFETの型番は 2SJxxx PチャネルFET 2SKxxx NチャネルFET というように番号付けられているものが多い。ただし、JFETMOSFET区別は無い。混合周波数変換)、利得調整などの目的で2個のゲートを持つ品種があり、その場合は3SK〜のように3で始ま番号付けられている。メーカーにより電流電圧定格判るような独自の型番をつける場合がある

※この「型番」の解説は、「MOSFET」の解説の一部です。
「型番」を含む「MOSFET」の記事については、「MOSFET」の概要を参照ください。


型番

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 07:40 UTC 版)

楽ナビ」の記事における「型番」の解説

太字は現在販売している型番である。(生産終了品は除く。)詳しくはこちらを参照。 AVIC-HRZシリーズ2005年2010年) メインタイプのHDDカーナビ。 AVIC-HRVシリーズ2005年2010年) オンダッシュタイプのHDDカーナビ。 AVIC-DRZシリーズ2004年2007年) メインタイプのDVDカーナビ。 AVIC-DRVシリーズ2003年〜2007年) オンダッシュタイプのDVDカーナビ。 AVIC-DRシリーズ2000年〜2007年) オンダッシュタイプのDVDカーナビ。 AVIC-MRPシリーズ2012年2015年) ポータブルモデル。 AVIC-MRZシリーズ2008年〜2013年登場当時は楽ナビLite後に楽ナビ統合AVIC-RZシリーズ2014年〜 ) 180mm2DINモデルAVIC-RWシリーズ2014年〜 ) 200mmワイドモデル。 AVIC-RLシリーズ2014年〜 ) 8V型ラージモデル。 AVIC-RQシリーズ2018年〜 ) 9V型ラージモデル。画面解像度楽ナビ唯一のWXGAとなっている。

※この「型番」の解説は、「楽ナビ」の解説の一部です。
「型番」を含む「楽ナビ」の記事については、「楽ナビ」の概要を参照ください。


型番

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 00:05 UTC 版)

if800」の記事における「型番」の解説

初期モデルチェンジ毎にif800 model XX」という型番、後期RXEXシリーズスペック毎に「if800RX モデル XXXX」のように型番がつけられていた。 if800 model10(1980年5月発売CPU:Z80A(8bit, 4MHz)標準10インチ80字/行・5×7ドットマトリックスインパクトプリンタを内蔵していた。 OS標準ではスタンドアローンのOKI-BASICであったが、CP/M動作させることもできた。 メモリ16KB(BASIC時)/32KB。 if800 model20(1980年5月発売)model10にFDD一体型ディスプレイ追加した構成FDDは5インチx2であるがフォーマット独自のもの両面密度280KB、他社との互換性はなかった。 ディスプレイカラーグリーン2種、共に640x200でドット単位表示カラーでは8色指定可能)。 メモリ48KB(BASIC時)/64KB。 if800 model30(1981年1月発売CPU:Z80B(8bit, 5MHz)このモデルのみCP/MOS採用。OKI-BASICはCP/M上で動作するようになったメモリバンク切り替えにより128KB実装最大256KB)。 8インチFDDx2、640x400ドットカラー/グリーンディスプレイ、10インチ16×16ドットマトリックスインパクトプリンタ内蔵後に8インチFDDx1+7.3MBHDDのハードディスクタイプ(model30H)が追加された。 if800 model50(1983年4月発売CPU:8086-2(16bit, 8MHz)当時主流となりつつあった16ビットCPU搭載OS漢字MS-DOS(かなりカスタマイズされていた)を採用メモリ256KB標準最大1MB)。 デスプレイは640x475ドットになり、25行表示が可能。また、初め漢字ROM標準装備カラー/グリーン、FDDx2/FDDx1+7.3MBHDD、プリンタ無し/10インチ/16インチ違いにより12機種キーボード分離型になり、16インチプリンタの場合も内蔵されない。 if800 model60(1985年1月発売CPU:i8086-2 if800RX(1986年5月発売CPU8028616bit, 8MHz)中解像度720×512)/高解像度(1148×754)の違いHDDあり/なしの違いで計4モデルあった。 OSMS-DOS。 if800EX(1988年7月発売CPU8038632bit, 16MHz)中解像度720×512)/高解像度(1148×754)の違いHDDあり/なしの違いで計4モデルあった。 OSMS-DOSだが、マルチタスク処理が可能なVMモニタVirtual Machine Monitor)を搭載している。 if800EX if800GX CPUi48632bit, 33/66MHz)中解像度720×512)/高解像度(1148×754)の違いHDDあり/なしの違いで計4モデルあった。 33MHzのモデル、66MHzのDX2搭載したモデルがある。 EX同様、OSMS-DOSだが、マルチタスク処理が可能なVMモニタVirtual Machine Monitor)を搭載している。 筐体EX共通である

※この「型番」の解説は、「if800」の解説の一部です。
「型番」を含む「if800」の記事については、「if800」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「型番」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「型番」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

型番のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



型番のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのQRコード (改訂履歴)、サイバーナビ (改訂履歴)、PlayStation Vita (改訂履歴)、nasne (改訂履歴)、CPコード (改訂履歴)、オライオン (固体燃料ロケット) (改訂履歴)、ウォークマン (改訂履歴)、MOSFET (改訂履歴)、楽ナビ (改訂履歴)、if800 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS