グローバルホークとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > グローバルホークの意味・解説 

グローバルホーク

英語:Global Hawk

米国ノースロップ・グラマン社開発した高高度無人偵察機

グライダーのような長い主翼V字型の尾翼胴体に乗せられた1基のエンジン特徴。高度2メートル自動操縦によって完全無人飛行する。

グローバルホークは1998年試験飛行開始され、2004年量産機の納入開始されている。2010年現在、米国空軍、同海軍、およびNASAにおいて使用されている。2010年10月には、日本の米基地にも配備検討されていることが発表されている。

関連サイト
Global Hawk Gallery

RQ-4

(グローバルホーク から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/28 09:45 UTC 版)

RQ-4 グローバルホーク




  1. ^ 要出典
  2. ^ グローバルホーク2機目到着 青森・三沢基地 2014.5.28産経ニュース
  3. ^ 米無人機「グローバルホーク」を撮影、日本配備へ課題も 2014年5月28日TBS Newsi
  4. ^ “Germany to buy Triton drone to replace cancelled Euro Hawk - sources” (英語). Reuters. (2017年3月7日). http://uk.reuters.com/article/uk-germany-northrop-idUKKBN16E149 
  5. ^ “中国・北朝鮮を監視…無人偵察機の導入検討”. 読売新聞. (2010年12月30日). オリジナルの2013年5月1日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/03Tzv 
  6. ^ “日本に無人偵察機を売却=3機総額1500億円-米”. 時事通信. (2015年11月21日). オリジナルの2016年3月4日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160304130626/http://www.jiji.com/jc/zc?k=201511/2015112100179 
  7. ^ “防衛省、グローバルホークの三沢基地配備を決定 2019年度末以降に”. FlyTeam. (2016年12月22日). http://flyteam.jp/news/article/73345 
  8. ^ 「航空最新ニュース」『航空ファン No.791』、文林堂、2018年11月号、 111-121頁。
  9. ^ ついに発注!航空自衛隊用グローバルホークは3機で総額4億9000万ドル”. おたくま経済新聞 (2018年11月21日). 2020年6月28日閲覧。
  10. ^ “米、韓国に偵察機4機売却へ 対北朝鮮、情報収集力強化”. 朝日新聞. (2012年12月26日). オリジナルの2013年5月8日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20130508210706/http://www.asahi.com/international/update/1226/TKY201212260988.html 
  11. ^ “South Korea requests possible Northrop Grumman RQ-4 Global Hawk purchase” (英語). Flight Global. (2012年12月27日). http://www.flightglobal.com/news/articles/south-korea-requests-possible-northrop-grumman-rq-4-global-hawk-purchase-380535/ 
  12. ^ 한국 공군 글로벌 호크에 ‘US Air Force’ 표식 붙은 이유” (朝鮮語). 중앙일보. 中央日報 (2019年12月24日). 2019年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月24日閲覧。


「RQ-4」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「グローバルホーク」の関連用語

グローバルホークのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



グローバルホークのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのRQ-4 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS