グローバル・ソブリン・オープンとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > グローバル・ソブリン・オープンの意味・解説 

グローバル・ソブリン・オープン

別名:グロソブ
英語:Global Sovereign Open

世界主要先進国のうち、信用力の高い国のソブリン債を主要投資対象とした国際分散投資を行う投資信託の名称。グロソブ呼ばれている。

グローバル・ソブリン・オープンは国際投信投資顧問発行する日本国最大級公募投信である。

グローバル・ソブリン・オープンの特徴は、信用力の高い国のソブリン債券を主要投資対象としているため、安定的利子収入見込めること、また、安定した分配金見込めることなどが挙げられる。分配金は、国際投信投資顧問によれば1998年1月以降毎月35円か60円が支払われている。

グローバル・ソブリン・オープンは、国際情勢変化により、保有ソブリン債割合調整している。グローバル・ソブリン・オープンは、2009年から続いている欧州金融危機対応策として2011年11月に、イタリアベルギースペインなどの国債売却している。


関連サイト
国際投信投資顧問


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「グローバル・ソブリン・オープン」の関連用語

グローバル・ソブリン・オープンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



グローバル・ソブリン・オープンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS