YS-11とは? わかりやすく解説

ワイエス‐じゅういち【YS-11】


YS-11

輸送機 YS-11

日本の航空技術陣の手で生まれた戦後初の国産中型輸送機です

YS-11は、T-1ジェット練習機とともに日本の航空技術の手生まれた戦後初の国産中型輸送機です。第三次防衛計画末までにP型(人員輸送)4機、PC型(貨物人員混載)1機、FC型(飛行点検機)1機、C型(貨物専用)7機の計13機を取得しました。なお、C型物資空中投下できます空挺投下できませんまた、航空自衛隊では、この13機で装備打ち切ってます。

分類中型輸送機
乗員5人
全幅32.00m
全長26.30m
全高8.98m
胴体 2.88m(最大
主翼面積 94.8㎡
自重 14,592kg
エンジン2基
名称ダートMk542-10
出力離昇馬力 3,60ehp/1基
15,000rpm
型式ターボプロップ・エンジン
性能 
離陸重量 23,500kg
ペイロード 5,400kg(最大
巡航速度 263kt(約490km)
航続距離1,260nm(約2,300km)

【YS-11】(わいえすいちいち)

日本航空機製造(NAMC) YS-11.

第二次世界大戦後日本のメーカー初め設計生産した双発ターボプロップ旅客機
型式番号は「YS」が「輸送機(Yuso^ki設計(Sekkei)」の頭文字最初の1が「胴体案の一番目」、次の1が「エンジン案の一番目」を示しており、「わいえすいちいち」と読む。
しかし、型式番号YSの意味については諸説あるのでこの限りではない

本機設計は、三式戦闘機飛燕設計土井武夫零戦設計堀越二郎紫電改設計菊原静男一式戦闘機設計の太田稔、秋水手がけた木村秀政といった、日本を代表する航空技術者の手によって行われた
日本第二次世界大戦の終戦まで、世界でも有数の航空機製造技術を持っていたが、敗戦後米英中心とする連合国軍GHQ)の占領政策航空機設計・開発・製作・運用といった航空に関する諸活動への関与一時期禁じられたため、航空機製造技術基盤失われしまっており、開発は困難を極めた
製造新三菱重工川崎航空機富士重工業新明和工業日本飛行機昭和飛行機工業住友精密工業の7社が分担し最終組み立て三菱小牧工場担当した
1962昭和37年に初飛行し、その2年後の1964(昭和39年)に国内線に就航。
当時国内主流だった1200m級滑走路での離着陸可能でエンジン停止して滑空できるほど、低速で安定性優れていた上、燃費良く頻繁な離着陸にも耐えられる頑丈な構造だったため、地方コミューター機として活躍した
また、アメリカ東南アジアへも輸出した実績もある。

しかし、高性能機体とは裏腹に騒音振動激しく旅客機としては好ましくなかった。

現在では機体老朽化に伴う廃棄処分やそれに伴う新型機導入などで機体数は減り、また衝突防止装置TCAS)を装備することの義務付けにより、日本のエアラインにおける旅客機としての活躍の場なくなった
日本最後まで運行し続けたエアーニッポン日本エアコミューターでも、同様の理由からYS-11の後継としてボンバルディア社(カナダ製のDHC-8通称ダッシュ8)などのコミューター機を採用2006年平成18年9月30日ラストフライトをもって日本での商用としての運行終了した

日本における旅客機としての活躍の場失われても、海上自衛隊航空自衛隊東南アジア諸国フィリピンフィリピン航空アジアンスピリットタイのエアフェニックスやプーケットエアなど)での旅客機としてはいまだに現役である。

日本の航空技術開発という点では重要な意味を持っていた本機であるが、1973昭和48年に合計182機で生産打ち切られ300億円の赤字出して計画終了した

2007年には社団法人日本機械学会から「機械遺産」に認定された。

スペックデータ

派生型

生産中止モデル

航空自衛隊モデル

海上自衛隊モデル


YS-11

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 00:23 UTC 版)

飛行するYS-11M 61-9041号機
海上自衛隊所有、2007年9月28日撮影)


注釈

  1. ^ その後MRJの生産拠点となる。
  2. ^ スプリングタブは、補助翼にも取付けられている
  3. ^ 4号機はYS-11A-320/625をベースにしているため前部が貨物室、後部が客室
  4. ^ 2020年3月までは羽田空港で保管されていたが、一般公開が限られることから、公開の在り方について検討を重ね、無償貸与という形でザ・ヒロサワ・シティにて展示されることとなった

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j 中村浩美、2006、『YS-11 世界を翔た日本の翼』、祥伝社
  2. ^ YS-11風洞模型”. 国立科学博物館. 2013年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月30日閲覧。
  3. ^ 日本機械学会 交通・物流部門”. www.jsme.or.jp. 2020年3月9日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q エアーライナークラブ、2006、『YS-11物語』、JTBキャンブックス
  5. ^ K.Takenaka. “235. 航研・長距離飛行世界記録機”. 古典航空機電脳博物館. 2012年10月15日閲覧。
  6. ^ a b 2000年7月11日放送 NHKプロジェクトX 第16回『翼はよみがえった(前編) YS-11・日本初の国産旅客機』、2021年(令和3年)8月6日放送 プロジェクトX 4Kリストア版
  7. ^ a b c d e f g YS-11量産初号機「ひとまる」公開プロジェクト 最後の大規模組み立てを生配信 - おたくま経済新聞
  8. ^ a b 前間孝則、1999、『YS-11 - 上 国産旅客機を創った男たち』、講談社・α文庫
  9. ^ a b 前間孝則、1999、『YS-11 - 下 苦難の初飛行と名機の運命』、講談社・α文庫
  10. ^ a b 前間孝則、2002、『日本はなぜ旅客機を作れないのか』、草思社
  11. ^ a b 前間孝則、2003、『国産旅客機が世界の空を飛ぶ日』、講談社
  12. ^ a b 杉浦一機、2003、『ものがたり日本の航空技術』、平凡社
  13. ^ YS-11 スクラップの危機 回避”. NHKONLINE ニュースウオッチ9 特集まるごと. 2015年1月13日閲覧。
  14. ^ スクラップ危機の「YS-11」、大阪の航空機販売会社が落札”. FNNNEWS JAPAN. 2015年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月13日閲覧。
  15. ^ “国交省のYS-11、223万円で落札 「来年飛ばしたい」”. aviation wire. (2013年12月18日). http://www.aviationwire.jp/archives/51899 2013年12月18日閲覧。 
  16. ^ YS11、整備完了=4月中の再飛行目指す”. 時事ドットコム (2015年3月30日). 2015年3月31日閲覧。
  17. ^ エアロラボYS-11、5月27日羽田ローカルフライト、28日に高松へ
  18. ^ エアロラボのYS-11、羽田フライト決定 27日に高松空港へ | Flight Linerニュース”. flightliner.jp. 2019年8月15日閲覧。
  19. ^ 元航空局のYS-11、高松へフライト 修復すべて終わらず”. Aviation Wire. 2019年8月15日閲覧。
  20. ^ 民間で唯一飛行可能なYS11、能登空港に到着 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)”. archive.li (2018年5月12日). 2019年8月15日閲覧。
  21. ^ YS11:3年ぶり離陸へ 高松空港から能登空港に - 毎日新聞”. archive.li (2018年5月12日). 2019年8月15日閲覧。
  22. ^ 【電子版】国産プロペラ旅客機「YS11」、能登空港で保管へ 高松から離陸(更新)”. 日刊工業新聞 (2018年5月11日). 2019年3月24日閲覧。
  23. ^ “YS11、能登へようこそ 高松空港から移動”. 北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ(北國新聞). (2018年5月12日). https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000014655 2019年9月11日閲覧。 
  24. ^ 【9/14~18 ライブ配信】戦後日本復興の象徴「YS-11」量産初号機公開プロジェクト - A-port 朝日新聞社
  25. ^ 内田幹樹 『機長からアナウンス』新潮文庫、2004年、210-212頁。ISBN 978-4-10-116041-2 
  26. ^ a b c d e f g h i j k l m n 【宙にあこがれて】第50回 海上自衛隊クルーが語るYS-11 - おたくま経済新聞(2015年2月20日)2018年8月16日閲覧。
  27. ^ 『月刊エアライン』9月号別冊付録、イカロス出版、2001年。
  28. ^ YS11:最初の1機、空自美保基地で引退式/鳥取 毎日新聞
  29. ^ 飛行点検機の機種決定について(2016年12月1日)2016年12月9日閲覧。
  30. ^ C-2と次期電波情報収集機の入間基地への配備 狭山市2018年7月26日
  31. ^ 防衛省 航空自衛隊Twitter
  32. ^ a b “YS11空自の輸送機が最終フライト 小牧基地で式典”. 毎日新聞. (2017年5月29日). https://mainichi.jp/articles/20170530/k00/00m/040/038000c 2019年8月16日閲覧。 
  33. ^ 防衛庁技術研究本部五十年史 II 技術研究開発 4.技術開発官(航空機担当). 防衛庁技術研究本部五十年史. (2002-11). pp. 149-150. https://dl.ndl.go.jp/view/prepareDownload?itemId=info%3Andljp%2Fpid%2F1283286&contentNo=6 
  34. ^ 主要装備 YS-11FC|防衛省 [JASDF 航空自衛隊]”. www.mod.go.jp. 2019年8月15日閲覧。
  35. ^ a b “空自のYS11初号機、ラストフライト 64年東京五輪で聖火を輸送”. 毎日新聞. (2021年3月17日). オリジナルの2021年3月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210317090835/https://mainichi.jp/articles/20210317/k00/00m/040/048000c 2021年3月17日閲覧。 
  36. ^ a b “飛行点検のYS11が引退 空自入間基地で最終飛行”. 共同通信. (2021年3月17日). オリジナルの2021年3月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210317023143/https://this.kiji.is/744717965292683264 2021年3月17日閲覧。 
  37. ^ “空自YS-11FC、半世紀飛びラストフライト 最後のダートサウンド”. Aviation Wire. (2021年3月18日). オリジナルの2021年3月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210318041426/https://www.aviationwire.jp/archives/222839 2021年3月18日閲覧。 
  38. ^ だいせん第602号
  39. ^ 航空ファン2016年1月号
  40. ^ 自衛隊ニュース2011年7月15日(4)”. www.boueinews.com. 2019年8月15日閲覧。
  41. ^ a b c 「海を守って42年 さよならYS-11A型!」『世界の艦船』第739号、海人社、2001年。
  42. ^ 米田堅持 (2010年5月29日). “YS11:最後の観閲式 今年度中に海保を引退”. 毎日jp (毎日新聞社). オリジナルの2010年6月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100601021722/http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100529mog00m040013000c.html 
  43. ^ “海上保安庁YS11 さよならブルーイレブン 写真特集”. 時事ドットコム. (2011年1月13日). https://www.jiji.com/jc/d4?p=cys110&d=d4_mili 2019年8月16日閲覧。 
  44. ^ 「さよなら!YS-11A 海保羽田航空基地で解役式」『世界の艦船』第739号、海人社、2001年。
  45. ^ YS11、海保最後の1機引退 航空基地で解役式”. 日本経済新聞 電子版 (2011年1月13日). 2019年3月24日閲覧。
  46. ^ 南ボロジノの翼-新南大東空港建設の記録-(改訂版) 沖縄県公式チャンネル
  47. ^ 写真展「青木 勝 YS-11 名機伝説」 所沢航空発祥記念館”. Aviation Wire. 2019年3月24日閲覧。
  48. ^ 旅客機YS11 - 機械遺産公式サイト。2016年5月9日閲覧。
  49. ^ 重要航空遺産 YS-11輸送機量産初号機(JA8610)および関連資料 - 日本航空協会公式サイト。2016年5月9日閲覧。
  50. ^ 株式会社インプレス (2020年1月15日). “科博、国産旅客機「YS-11」量産初号機の解体作業公開。胴体と左主翼を分離。今後は茨城県筑西市で一般公開予定” (日本語). トラベル Watch. 2020年8月21日閲覧。
  51. ^ 機体記号 : N462AL (エアロラボ) 徹底ガイド | FlyTeam(フライチーム)
  52. ^ a b 大路聡「フィリピン空軍博物館とマニラ首都圏の展示機」 『航空ファン』第810号(2020年6月号) 文林堂 P.72・77
  53. ^ 『東亜国内航空YS11機 広島空港でオーバーラン 訓練中、着陸に失敗』 - 中国新聞 1971年8月3日夕刊 1ページ
  54. ^ 『東亜国内機のオーバーラン 管制通信を誤解』 - 中国新聞 1971年8月4日 15ページ
  55. ^ NAMC YS-11|Grissom Air Museum
  56. ^ 読売新聞オンライン (2020年1月14日). “「YS11」1号機筑西に 今秋公開”. 2020年4月14日閲覧。
  57. ^ http://automuseums.info/thailand/jesada-technik-museum]
  58. ^ http://www.jetphotos.com/photo/9217449]
  59. ^ http://ja.foursquare.com/v/san-ildefonso-ilocos-sur/4d0c222beea9b60c1bba563f]
  60. ^ 新幹線0系電車特集雑誌 1999年 イカロス出版



「YS-11」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

YS-11のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



YS-11のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空自衛隊航空自衛隊
Copyright(C) JASDF All Rights Reserved.
日本エアコミューター日本エアコミューター
Copyright (C) JAPAN AIR COMMUTER CO., LTD All rights reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのYS-11 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS