機内とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 機内 > 機内の意味・解説 

き‐ない【機内】

読み方:きない

飛行機の中。「—食」


機内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 02:41 UTC 版)

C-2 (航空機・日本)」の記事における「機内」の解説

コックピットP-1同じく大型液晶ディスプレイを6台と HUDヘッドアップディスプレイ)を備えたグラスコックピット採用した戦術輸送飛行管理システムにより、低空飛行の際、操縦席ヘッドアップディスプレイ画面飛行経路誘導表示される他、経路上の脅威示唆し、その回避経路表示することで生存性の向上を図っている。NVGにも対応している機体の大型化により操縦席位置高くなり下方の視界悪化したため、操縦席足下外側に窓が設けられた。また斜め上にも小型の窓が設けられている。 哨戒機であるP-1センサー電子機器へのノイズ抑えるため光ファイバー使用したフライ・バイ・ライト採用し機外監視が多いためコックピット機上整備員航空機関士)を含めた3名体制となったが、輸出考慮した輸送機であるC-2では信頼性重視したフライ・バイ・ワイヤ (FBW) 方式採用コックピットを2名体制したためP-1とはスイッチレイアウト若干異なっている。 機首コックピットコックピット上部下部の窓 C-1では貨物室の上部に動翼ワイヤ露出していたが、C-2ではケーブル類は全て格納されている。 貨物バランス検知する重量センサー監視カメラ陸上で積み降ろし作業効率化するため省力化搭載卸下システム降下する隊員への指示などに使用する電光掲示板など任務補助する機能搭載された。これらの機能貨物室前方のロードマスター空中輸送員)席でコントロールできる貨物室 貨物室貨物室天井とカーゴドア 貨物室前方のロードマスター貨物室電光掲示板 長時間任務備え操縦席後部には仮眠用の2段ベッドの他、冷蔵庫電子レンジ有するギャレー設けられた。トイレ乗員多くなるため民間旅客機同等の設備が2カ所用意されている

※この「機内」の解説は、「C-2 (航空機・日本)」の解説の一部です。
「機内」を含む「C-2 (航空機・日本)」の記事については、「C-2 (航空機・日本)」の概要を参照ください。


機内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/27 23:10 UTC 版)

ビジネスクラス」の記事における「機内」の解説

機内でも、エコノミークラスよりも上級サービス提供されるスリッパアイマスク化粧道具ひげそり歯磨きセットなどの専用アメニティセットの提供。 ウェルカムドリンク離陸前のドリンクサービス)の提供。 機内食に関しても、特別な食事提供される食器素材としてプラスチックや紙ではなく陶磁器ガラス多用される長距離路線では機内食サービスの向上が著しくレストランのように大型の食器一皿ずつサーブするコース料理提供される前菜からデザートまで時間をかけたサービスが行われ、メインディッシュは3~5種類から選択出来前菜選択できることもある。 中距離路線では、一部航空会社除きワントレーサービス(一つトレー前菜からメイン全て提供)もしくは、ミニコースサービス(前菜メインのみを分ける)であるが、メインディッシュ3種程度から選択できるまた、長距離路線同様にデザートワゴンのサービス提供されることもある。 短距離路線ではほとんどの機内食がワントレーサービスであるが、ミニコースサービスのケースもある。なお、飛行時間によっては提供されないことや、コールドミール(温めない食事)が提供されることもある。 また機内食特徴として日本発着便では外国航空会社でも和食選択出来たり韓国発着便ではコチュジャン提供されるなど、発着国の食文化あわせた料理提供されることも多い。中東イスラム諸国会社では標準イスラム料理の場合が多い。特殊な事情のある利用者向けには、事前に申し込めばビジネスクラス専用イスラムヒンドゥーコーシャーなど宗教食、ベジタリアン低カロリーアレルギー対応などのスペシャルミールも提供される航空会社運航路線によっては、カップ麺おにぎりサンドイッチ等の軽食や、ケーキアイスクリームなどの無料サービスもある。 長距離路線などでは、多くの航空会社でバーコーナーなどが提供される酒類無償提供が行われる(格安航空会社ユナイテッド航空デルタ航空などでは、国際線でもエコノミークラスでは酒類有償提供である)。 エコノミークラス酒類無料の場合でも、ワインリスト選択肢が広い、スパークリングワインではなくシャンパン提供される食後のブランデーリキュール充実しているなど、エコノミークラスに比べ上質な酒類の提供が行われる。 ラバトリー差別化エコノミークラスは分離して装備異なる他、ハンドタオルアメニティなどをおいている会社もある。 シート航空会社路線にもよるが、基本的にリクライニング角度が130-180度で、オンデマンド形式の9-23インチ程度個人用モニター装備され専用大型シート用意される座席によっては、電動/油圧アシストマッサージ機能が装備されている。平均的な座席前後間隔シートピッチ)は110cm程度から190cm程度と、78cm-85cm程度標準エコノミークラスよりも広い(日本の鉄道車両グリーン車座席前後間隔105~130センチである)。なお、ヨーロッパ域内路線多くの航空会社ビジネスクラスは、エコノミークラス座席大差なく、隣席テーブルとして利用されるのみである。 シートピッチモニター一例として、 中国南方航空ビジネスクラスシート(短中長距離路線)が、109cm/モニター9インチ 全日本空輸ANA BUSINESS CRADLEシート(短中長距離路線)が、150cm/モニター12.1インチ 日本航空JALスカイリクライナー」シート(短中長距離路線)が、130cm/モニター10.6インチ チャイナエアライン「ダイナスティクラス」シート(短中長距離路線)が、132cm/モニター10.4インチ シンガポール航空ビジネスクラスシート長距離路線A380A340-500777-300ER搭載)が140cm/モニター15.4インチ シンガポール航空ビジネスクラスシート中長距離路線A330-300搭載)が152cm/モニター15.4インチ デルタ航空ビジネスエリート」(長距離路線)が、152cm/モニター10.4インチ エティハド航空「パール・ビジネスクラス」シート長距離路線)が、185cm/モニター23インチ ブリティッシュ・エアウェイズ「クラブワールド」シート長距離路線)が187cm/モニター10.4インチ 日本航空JALビジネスクラスシート長距離路線)が188cm/モニター23インチ ヴァージン・アトランティック航空アッパークラスシート長距離路線)が、202cm/モニター10.4インチ中距離用ではエコノミークラスシート大型化し、リクライニング角度大きくしたものもしくは長距離用のビジネスクラスシートリクライニング角度小さくしたもの主流である。 長距離線のビジネスクラスシート概要は、近年では下のようなものが主流である。基本的には、ファーストクラスフルフラットシートに比べシートピッチや座配置などを犠牲にして省スペース化を図る方式が多い。

※この「機内」の解説は、「ビジネスクラス」の解説の一部です。
「機内」を含む「ビジネスクラス」の記事については、「ビジネスクラス」の概要を参照ください。


機内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/23 09:35 UTC 版)

ファーストクラス」の記事における「機内」の解説

ビジネスクラス利用顧客に対する優遇サービス的な側面も持つため、ビジネスクラスサービス個々の質を更に上げたものを提供しているケースが多い。 機体前部設けられ専用コンパートメント 150-210センチピッチ持ち、床に対し平(フルフラット)になる専用リクライニングシートエティハド航空 エアバスA380の「レジデンス」では座席他に専用ベッド別に設けられている。 床下専用カーペット使用される羽毛布団や座席の凹凸少なくする就寝用のシーツナイトガウン貸与 有名化粧品ブランド特別に選ばれたアメニティセット 15-23インチサイズを持つパーソナルTV内部プログラムのうち、映画音楽好きな時間進めた巻き戻しも可能 専門訓練を受けた客室乗務員によるサービス客室乗務員1人当たりの乗客担当人数の数が少ない) アラカルト選べる機内食高級ワインシャンパンなどの酒の提供。一部航空会社では数十種類ラインナップがある専用メニューから好きな物事前にリクエスト出来ケース有る機内食料理協会高級ホテル料理人監修として招いている事が多い。 日米などの国内線では、普通席並びに中間クラスでは提供されない機内食ならびにシャンパンなどのアルコール飲料無料で提供される専用の機内トイレエミレーツ航空エティハド航空A380機に専用の機内トイレ内に専用シャワーブース有るシートピッチモニター一例中国国際航空ファーストクラスシート(全路線)が、150cm/モニター9インチ ユナイテッド航空「ユナイテッド・ファースト・スイート」シート長距離路線)が、192cm/モニター19インチ カタール航空ファーストクラスシート長距離路線)が、200cm/モニター15インチ シンガポール航空シンガポール航空スイートシート長距離路線エアバスA380型機)が、205cm/モニター23インチ スイス インターナショナル エアラインズファースト・クラスシート長距離路線)が211cm/モニター19インチ 日本航空JALスイートシート長距離路線)が、211cm/モニター19インチ 日本航空カタール航空エールフランスなどのファーストクラスは、シート通路間に胸の高さ程度の仕切りがあり「ソロ仕様」と呼ばれるまた、エミレーツ航空エアバスA340-500型機、B777型機、A380型機や、シンガポール航空A380型機やエティハド航空などの一部航空会社ファーストクラスは、シート通路間に扉と身長程度仕切りがあり、個室に近い空間である。

※この「機内」の解説は、「ファーストクラス」の解説の一部です。
「機内」を含む「ファーストクラス」の記事については、「ファーストクラス」の概要を参照ください。


機内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 00:48 UTC 版)

ボーイング737 AEW&C」の記事における「機内」の解説

機内は操縦室続いて前部ミッション・コントロール区画位置し中央部乗員用の休息区画設けられており、後半部電子機器区画となっている。人員用の区画内はおおむね中央通路になっている操縦室 民間型と同様に2名の操縦者左右に着座する民間機にも備わ航法装置類に加えて戦術表示装置戦術操作表示ユニット電子戦自己防御操作装置、(機長側のみ)ヘッドアップディスプレイミッション通信装置空中給油システム操作装置ミッション専用電気系統システムなどが操縦室には備えられている。 ミッション・コントロール区画 ミッション・コントロール・コンソールが10席あり、ミッション・オペレータ10名が警戒管制作業行えるようになっている制御コンソール左側に6基、右側に4基が左右壁ぎわのほぼ機体曲面に沿って取り付けられており、10人のオペレータ中央の通路背を向け壁に向かって着座操作することになる。左側前寄りの2基分の反対側に当たる右側、つまり右側4基の前方の空間通信機器用の大型キャビネット占めている。10基の制御コンソールより後方には、左側に電子戦信号処理用の機材収めたキャビネットが、右側に通信機器用のキャビネットがある。これらによって警戒管制作業要員10名の搭乗可能である休息区画 乗員休息などのために、各々片側にビジネスクラス座席が2席ずつテーブル挟んで4席分並べられ左右で合計8席8人分休息空間確保されている。 電子機器区画 MESAレーダー・アンテナ信号処理するために、天井からすぐに送受信モジュールが1m程の幅で中央部分占めている。周囲には各種電子機材キャビネット並べられている。通常飛行中に人の立ち入り行われない

※この「機内」の解説は、「ボーイング737 AEW&C」の解説の一部です。
「機内」を含む「ボーイング737 AEW&C」の記事については、「ボーイング737 AEW&C」の概要を参照ください。


機内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/30 20:46 UTC 版)

スモーカーズ国際航空」の記事における「機内」の解説

機内にはファーストクラス30席、ビジネスクラス128席のみを設置しビジネス客の獲得狙っていた。エコノミー席は設置されないこととなっていた。2階席はラウンジとして利用される予定であった。運賃60万円120万円程度されていた

※この「機内」の解説は、「スモーカーズ国際航空」の解説の一部です。
「機内」を含む「スモーカーズ国際航空」の記事については、「スモーカーズ国際航空」の概要を参照ください。


機内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/13 14:41 UTC 版)

メキシカーナクリック」の記事における「機内」の解説

機内の座席オレンジ色灰色革製シートとなっており、それと調和するようにオレンジ色のカーテン備わっている。また機内前方には親会社であったメキシカーナ航空ロゴモチーフとしているメキシカーナクリックシンボルマークつけられている。

※この「機内」の解説は、「メキシカーナクリック」の解説の一部です。
「機内」を含む「メキシカーナクリック」の記事については、「メキシカーナクリック」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「機内」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「機内」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



機内と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

機内のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



機内のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのC-2 (航空機・日本) (改訂履歴)、ビジネスクラス (改訂履歴)、ファーストクラス (改訂履歴)、ボーイング737 AEW&C (改訂履歴)、スモーカーズ国際航空 (改訂履歴)、メキシカーナクリック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS