.yeとは?

Weblio 辞書 > 人名 > 三国志小事典 > .yeの意味・解説 

Ye

ギョウ
ゲフ

鄴城には七つ城門があり、そのうち鳳陽門・中陽門・広陽門の三つ南面にあった。真南位置する中陽門は別名を章門ともいう。北門玄武門といった《賈逵集解》。

城内には中常侍趙忠邸宅があったが、その格式身分越えたもので、皇甫嵩の上奏により没収された。

建安九年(二〇四)二月(または三月)、袁尚審配蘇由守備に残して遠征に出かけたので、曹操はその隙を突いて鄴城を包囲した。曹操蘇由馮礼らを内応させて侵入しようとしたが、ことごとく審配封じられた。五月曹操は城の周囲に堀を作って漳水引き入れた。七月袁尚引き返してきて李孚城内潜入させ、包囲陣の内外から挟み撃ちにしようとしたが失敗袁尚曹操攻撃恐れ逃走した。八月までに城内では大半の者が餓死した。東門を守っていた審配の甥・審栄曹操軍を導き入れたので陥落審配斬首された。

高幹別働隊派遣して鄴を襲撃させたとき、それを察した荀衍は彼らをことごとく誅殺している。李典臧霸孫観馬騰らは一族子弟を鄴に移住させた。

【県侯】袁紹

県令】甄邵 / 賈逵 / 楊沛

県人霍諝 / 霍雋 / 李暠 / 台佟


Ye

エキ

侯国

【県侯】欧陽歙 / 欧陽

長吏

県人】王扶


Ye

名前 イエイェイェーイェエ

.ye

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/25 23:36 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
.ye
施行 1996年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 YNET
後援組織 TeleYemen
利用地域 イエメンに関連のある団体
ウェブサイト y.net.ye
テンプレートを表示

.yeイエメンに割り当てられている国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。

外部リンク


イェー

(.ye から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/24 17:19 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
イェー
Ye

イェー
行政
ミャンマー
 州 モン州
イェー
その他
等時帯 UTC/GMT +6.5

イェー(ရေဝ် 、Ye) は、ミャンマー南部モン州の南端にある町。Mawlamyine DistrictのYe Townshipの主要な町である。町はマルタバン湾に注ぐイェー川のほとりに位置し、東はテナセリム丘陵に囲まれている。気候は温暖で穏やか。町の経済は主にナッツ、ゴム、漁業生産、貿易が中心である。イェーは モウラミャイン=ダウェイ の鉄道ラインにあり、海港がある。国民の大半はモン族の人々である。イェーはモン語教育の中心地である。

2011年8月に激流の雨(8月1日12.6インチ)の後に洪水があった。2,000軒の家屋が浸水し、一部の学校や市場が閉鎖された。

語源

歴史

地理

気候

熱帯モンスーン気候(ケッペン気候分類Am)。気温は年間を通して暑いが、モンスーンの月の最高気温は重い雲や雨によって下がる。冬の乾季(11月~4月)と夏の雨季(5月~10月)がある。6月から9月にかけて集中豪雨が降り、8月だけでも1,200ミリ(47インチ)以上の雨が降る。

人口

文化

交通

経済

教育

施設

ギャラリー

出典

[ヘルプ]



YE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/13 01:55 UTC 版)

YE

ye

Ye



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.ye」の関連用語

.yeのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.yeのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
むじん書院むじん書院
Copyright (C) 2020 mujin. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.ye (改訂履歴)、イェー (改訂履歴)、YE (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS