.slとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 教育 > 学習 > .slの意味・解説 

エス‐エル【SL】

読み方:えすえる

steam locomotive蒸気機関車


エス‐エル【SL】


エス‐エル【SL】

読み方:えすえる

social listening》⇒ソーシャルリスニング


エス‐エル【SL】

読み方:えすえる

stereolithography》⇒光造形法


.sl

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/31 18:00 UTC 版)

.sl国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つで、シエラレオネに割り当てられている。






「.sl」の続きの解説一覧

SL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 10:18 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

SLsl

学術的な記号・単位

正式名称

略語・略称

一般名詞

固有名詞

コード・形式名




「SL」の続きの解説一覧

SL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 15:14 UTC 版)

ホンダ・ドリーム」の記事における「SL」の解説

ホンダ・SL > ホンダ・ドリーム SL250S CLシリーズよりオフでの走破性を重視した上で後継兼ねるデュアルパーパスモデルで以下のモデル製造された。 SL250S 1972年4月10日発表同月11日発売排気量248ccから最高出力22ps/8,000rpm・最大トルク2.0kg-m/6,500rpmのスペックを持つ空冷4ストローク4バルブSOHC単気筒エンジン搭載する軽量化のため強制開閉式キャブレター・アルミニウムホイールリム・マグネシウム合金製クランクケースカバーを採用し乾燥車両重量は136kgとされた。 翌1973年2ストロークエンジン搭載するエルシノアMT250が発売されことから製造中止となった。 SL350 ホンダ・ドリームCB250#派生車種を参照のこと。

※この「SL」の解説は、「ホンダ・ドリーム」の解説の一部です。
「SL」を含む「ホンダ・ドリーム」の記事については、「ホンダ・ドリーム」の概要を参照ください。


SL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/02 17:45 UTC 版)

ポラリス・スリングショット」の記事における「SL」の解説

ウィンドシールドバックカメラ、プレミアムアルミホイール、Blutooth対応6スピーカーオーディオシステムを装備

※この「SL」の解説は、「ポラリス・スリングショット」の解説の一部です。
「SL」を含む「ポラリス・スリングショット」の記事については、「ポラリス・スリングショット」の概要を参照ください。


SL(SND-L:サンドラ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/03 01:08 UTC 版)

ナイトアームズ」の記事における「SL(SND-L:サンドラ)」の解説

自機左肩上を浮遊し、左90度方向範囲自動的にカバーするSide Neck Defence unit - Leftの略。

※この「SL(SND-L:サンドラ)」の解説は、「ナイトアームズ」の解説の一部です。
「SL(SND-L:サンドラ)」を含む「ナイトアームズ」の記事については、「ナイトアームズ」の概要を参照ください。


SL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 08:21 UTC 版)

ALWAYS 三丁目の夕日」の記事における「SL」の解説

上野駅シーン蒸気機関車必要になるが、多くの映画ドラマ使用されている大井川鉄道でのロケ行わなかった。昭和33年当時常磐線使用されていたのは最も大型の蒸気機関車C62D51で、それに対し大井川鉄道蒸気機関車小型であるめであるロケには京都梅小路蒸気機関車館当時)にて動態保存されているC62 2日立製)を使用した。ただし、上野乗り入れていたC62川崎重工製だったので、メーカープレート変更している。

※この「SL」の解説は、「ALWAYS 三丁目の夕日」の解説の一部です。
「SL」を含む「ALWAYS 三丁目の夕日」の記事については、「ALWAYS 三丁目の夕日」の概要を参照ください。


SL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 14:38 UTC 版)

ホンダ・ベンリィ」の記事における「SL」の解説

ホンダ・SL > ホンダ・ベンリィ CLシリーズよりオフでの走破性を重視した上で後継兼ねたデュアルパーパスモデルでダブルグレードルフレームを採用するシリーズ。以下のモデル製造販売された。 1969年7月 ベンリイSL90 1970年6月 ベンリイSL175 1970年9月 ベンリイSL125S SL175がCB175・CL125と共用する空冷4ストローク2気筒エンジンを、SL125SがCB125S・CL125Sと共用する空冷4ストローク単気筒エンジン搭載するが、SL90は当初カブ横型エンジン搭載から1970年5月CB縦型エンジン換装するモデルチェンジ実施した本シリーズは、1975年までにSL90がXE75へ、SL125SがXL125へモデルチェンジ、SL175が廃モデルとなる形で消滅した

※この「SL」の解説は、「ホンダ・ベンリィ」の解説の一部です。
「SL」を含む「ホンダ・ベンリィ」の記事については、「ホンダ・ベンリィ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「.sl」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「 SL」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



.slと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

.slのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.slのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.sl (改訂履歴)、SL (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのホンダ・ドリーム (改訂履歴)、ポラリス・スリングショット (改訂履歴)、ナイトアームズ (改訂履歴)、ALWAYS 三丁目の夕日 (改訂履歴)、ホンダ・ベンリィ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS