製造中止とは? わかりやすく解説

製造中止

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 15:58 UTC 版)

グラクソ・スミスクライン」の記事における「製造中止」の解説

ベコタイド 一般名プロピオン酸ベクロメタゾン日本最初に使われ気管支喘息吸入ステロイド剤ボンベ特定フロンであるCFCクロロフルオロカーボン)が使われていたため2004年に製造中止し、代替フロンHFA-134a)を使用したタイプや、ボンベ使わないドライパウダーに切り替え同社同種同効フルタイド

※この「製造中止」の解説は、「グラクソ・スミスクライン」の解説の一部です。
「製造中止」を含む「グラクソ・スミスクライン」の記事については、「グラクソ・スミスクライン」の概要を参照ください。


製造中止

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/01 00:39 UTC 版)

Microsoft Forefront」の記事における「製造中止」の解説

Threat Management Gatewayルーティングファイアウォール、 ウェブキャッシュの3つの機能提供する廃止されサーバー製品以前はInternet Security and Acceleration ServerまたはISA Server呼ばれていた。 Unified Access Gateway: 許可されユーザーからのすべての受信アクセス要求暗号化することによってネットワーク資産保護する廃止されたサーバ製品仮想プライベートネットワークVPN)とDirectAccessサポートする以前はIntelligent Application Gateway呼ばれていた。 Server Management Console単一のインターフェイスからProtection for ExchangeProtection for SharePoint、およびMicrosoft Antigen複数インスタンス管理可能にする廃止されウェブベースアプリケーションProtection for Exchange: セキュリティパートナーの複数のスキャンエンジンを単一のソリューション統合してExchangeメッセージング環境保護することにより、ウイルススパイウェア、およびスパム検出する廃止されソフトウェア製品FPEは、カスタマイズ可能な構成設定、フィルタリングオプション、監視機能レポート、およびForefront Online Protection for Exchange (FOPE)製品との統合を含む管理コンソール提供するインストール後、複数ExchangeサーバーでのFPE管理は、保護サーバー管理コンソール使用して実行できる。さらに、FPEは、システム管理タスク自動化可能にするコマンドラインシェルおよびタスクベースのスクリプトテクノロジであるWindows PowerShell使用して管理できるProtection for SharePoint: Microsoft SharePoint Serverのドキュメントライブラリを保護する廃止された製品マルウェア機密情報、またはポリシー外のコンテンツを含むドキュメントアップロードされないようにするルール適用できるProtection Server Management ConsoleWindows PowerShellで、複数サーバ上のProtection for SharePoint Server管理できるSecurity for Office Communications Server: Microsoft Office Communications Server実行しているコンピューターマルウェアから保護する以前はAntigen for Instant Messaging呼ばれていた。

※この「製造中止」の解説は、「Microsoft Forefront」の解説の一部です。
「製造中止」を含む「Microsoft Forefront」の記事については、「Microsoft Forefront」の概要を参照ください。


製造中止

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/27 09:39 UTC 版)

個室ひかり」の記事における「製造中止」の解説

1982年設計図完成し試作車製造されることになり、製造命令下されるはずであった。しかし、国鉄再建騒音問題夜間保守時間帯問題のため、この製造白紙撤回になった。 この個室ひかりについては、同じく製造中止になった新幹線荷物郵便輸送車両と同様に製造中止後も数々の情報紹介されており、日の目を見る事が出来なかった新幹線車両として、鉄道ファンには広く知られている

※この「製造中止」の解説は、「個室ひかり」の解説の一部です。
「製造中止」を含む「個室ひかり」の記事については、「個室ひかり」の概要を参照ください。


製造中止

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/06 14:03 UTC 版)

Ju 322 (航空機)」の記事における「製造中止」の解説

試作機製造と同時に量産にも突入したJu 322だったが、試作機Ju 322 V1強度不足という問題に遭遇した主翼強度試験では、1本目設計半分荷重で、2本目60%の荷重折れてしまった。貨物搭載試験では、機内入れたIV号戦車機体の床を踏み抜いてしまった。こうして床面中心に機体の構造強化した結果機体重量増加する一方でペイロード減少し当初20tの予定だったペイロード最終的に12tまで減少した木製機の不慣れ量産にも支障をきたし、先行して始まった部材製造では30機分部材製造した段階でも接着不良や木材腐朽といった問題山積した設計紆余曲折があり、台車車輪の数を16個にするか32個にするかで混乱し滑走開始と同時に機体台車から飛び出す問題の解決法や、離陸後の台車投下するドラッグシュート停車させるかなど試行錯誤続いた1941年入りJu 332 V1巨体現し始めたが、ユンカース工場視察した航空省技術局エルンスト・ウーデットは、Ju322 V1を見るなり安定性悪さ危惧した1941年3月Ju 322 V1のために全長5km滑走路がメルスブルクの用意された。翌4月開発開始から半年Ju 322 V1初飛行の日を迎えた設計より重量増加した結果Bf 110Cによる曳航は困難と判断され初飛行曳航ユンカース Ju 90曳航されて初飛行行った。しかし、ウーデットの不安どおりJu 322 V1空中安定せず曳航するJu 90逆に引っ張られて機体下向きになるほどだった。Ju 90地上激突する危険があったため、やむを得ずJu 322 V1パイロット曳航策を切断Ju 322はかろうじて着陸成功した着陸したJu 322 V1は、線路までの仮設道路戦車による牽引経て2週間かけて工場まで戻ったJu 322 V1は、安定性改善のために尾翼拡大するなどの改良行い数回試験飛行実施したが、Ju 322は既に初飛行成功していたMe 321と比べて飛行性能輸送性能も低いままだった。さらに、戦局の悪化製造必要な良質な木材の調達困難になったことから5月入りドイツ航空省Ju 332開発中止命じた改良中だったJu 322 V198%完成していた2機目のJu 322 V2製造中の部材全て解体され木炭自動車燃料転用された。

※この「製造中止」の解説は、「Ju 322 (航空機)」の解説の一部です。
「製造中止」を含む「Ju 322 (航空機)」の記事については、「Ju 322 (航空機)」の概要を参照ください。


製造中止

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/23 06:51 UTC 版)

2B弾」の記事における「製造中止」の解説

ポケット入れた2B弾摩擦発火するどの事故が相次いだ愛知県警察によれば1963年1月から1965年2月までの間に76件の事故発生愛知県児童福祉審議会は、業界に対して3回にわたり製造自粛勧告した。さらに1965年7月14日通商産業省愛知県工業に対して、さらに県は関係業者に対して2B弾の製造中止命令発出、このことにより製造打ち切られた。 その後継として「NAクラッカー」というマッチライターなどで先端あぶって点火する様式改められたが、これも次第廃れていった。 現在では煙花火内に擦って点火する様式がある一方一定時間煙を吹いた後に破裂するものでは、導火線への点火式のものが見られる

※この「製造中止」の解説は、「2B弾」の解説の一部です。
「製造中止」を含む「2B弾」の記事については、「2B弾」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「製造中止」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「製造中止」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「製造中止」の関連用語

製造中止のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



製造中止のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのグラクソ・スミスクライン (改訂履歴)、Microsoft Forefront (改訂履歴)、個室ひかり (改訂履歴)、Ju 322 (航空機) (改訂履歴)、2B弾 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS