.mqとは?

モーションクオリティ

読みもーしょんくおりてぃ
英語:motion quality ,MQ

複写機プリンタ可動要素がもつ速度回転ムラなどの機械的変動の質を意味する.特にスポット露光により画像形成されるデジタル機では画像品質定める重要な要因となる.

メッセージキューイング

【英】message queueing, MQ

メッセージキューイングとは、異なアプリケーションプログラム間で動作連携させてデータ交換させる際の方式のひとつで、送るデータキュー呼ばれるデータ領域保持し、データを受ける側の処理が完了するのを待たずに次の処理へ移る方式のことである。

メッセージキューイングが導入されることによって、送信する側はキューデータを置くだけで、送り先同期できなくても確実にデータ送り届けることができる。接続途絶えるような状況にあっても、アプリケーション対処しなくてもメッセージ確実に届く。

メッセージキューイングによって、アプリケーション間連携は緩やかなものになり、柔軟統合することが可能になった。連携能率は向上し、待ち時間バッファリング行なうためのデータ領域節約されるので、パフォーマンスが向上することもある。プログラム開発段階アプリケーション同期連携顧慮する必要もなくなった。


こはく酸水素1-[α-(2-ベンゾフラニル)-p-ブロモベンジル]

分子式C19H15BrO5
その他の名称:M/Q、Succinic acid hydrogen 1-[α-(2-benzofuranyl)-p-bromobenzyl] ester
体系名:こはく酸水素1-[α-(2-ベンゾフラニル)-p-ブロモベンジル]


.mq

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/17 04:10 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
.mq
マルティニークの旗
施行 1997年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 不明
後援組織 SYSTEL
利用地域 マルティニークに関連のある団体
使用状況 わずかなマルティニークのサイトが使用している。
登録の制限 不明
階層構造 登録は第2レベルに直接行うことができる。
ウェブサイト nic.mq(使用不可)
テンプレートを表示

.mqマルティニークに割り当てられている国別コードトップレベルドメイン (ccTLD)。

このドメインは、SYSTELが管理していたが、SYSTELが倒産し、現在そのテクニカル・コンタクトは見つけられない。SYSTELはその後、Mediaservに買収されたが、登録を再開した様子は見られない。

外部リンク


MQ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/02/08 08:14 UTC 版)

MQ, mq

MQ

mq



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「.mq」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.mq」の関連用語

.mqのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.mqのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2019 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
日本画像学会日本画像学会
Copyright (C) 2019 The Imaging Society of Japan All rights reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリメッセージキューイングの記事を利用しております。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.mq (改訂履歴)、MQ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS