アプリケーション間連携とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > アプリケーション間連携の意味・解説 

アプリケーション間連携

読み方アプリケーションかんれんけい
別名:アプリケーション間連携機能

アプリケーション間連携とは、複数異なアプリケーションソフトウェアで、共通しデータやりとりしたり、機能的連携を行ったりすることである。

アプリケーション間連携を用いることで、同じデータを共通のリソースとして用い、集約管理を図ったり、あるいは、一度作成したグラフなどのオブジェクト別の文章再利用したりといった効率化を行うことができる。具体的には、元のデータソースの値を変更すれば、同じデータ読み込んでいる他のアプリケーション上でデータ変更自動的反映されるようになっている

アプリケーション間連携は、Microsoft Officeに代表されるオフィススイート含まれる各種オフィスソフトなどにおいて利用できる。また、Windowsでアプリケーション間連携を実現するための技術として、OLEがある。

ソフトウェアのほかの用語一覧
UI:  ユーザーエクスペリエンス
アプリケーションソフト:  アクセサリーソフト  アドインソフト  アプリケーション間連携  エラーメッセージ  エンドユーザー  エラーコード



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アプリケーション間連携」の関連用語

アプリケーション間連携のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アプリケーション間連携のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリアプリケーション間連携の記事を利用しております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS