Microsoft Visioとは? わかりやすく解説

Microsoft Visio

読み方マイクロソフトビジオ
別名:VisioMicrosoft Office VisioビジオマイクロソフトVisioマイクロソフトオフィスVisio

Microsoft Visio 2007 Microsoft Visioとは、Microsoft販売している、ビジネスグラフィックス作成ツールの名称である。

Microsoft Visioを利用することで、フローチャート各種グラフ組織図タイムラインオフィスレイアウトといったビジネス用途の図を、あらかじめ用意された部品テンプレート用いて効率的に作成できる複雑な構造プロセス図形で表す(可視化する)ことによって明確で把握しやすくなり、ビジネス効率化を図ることができる。

Microsoft VisioはMicrosoft Officeラインアップ含まれており、Office標準的なアプリケーション共通したルック&フィール持ちまた、密接なアプリケーション間連携利用できるWeb上では文書テンプレート多数配布されている他、IT資産管理アドインVisio IT 資産見える化ツール」(VIViD)なども無償ダウンロード可能となっている。

Visio IT 資産見える化ツール
VIViD」を用いたライセンス過不足可視化の例(1つ組織内

Microsoft Visioには「Standard」と「Professional」の2種類エディションがある。「Standard」は、Officeユーザー主な対象とし、標準的なOfficeデスクトップ環境補完する用途想定されている。「Professional」は、IT担当技術者エンジニアなどを対象しており電気電子回路図空間設計のような高度で専門的な作図にも対応できる機能備わっている

なお、Microsoft Visioは、2000年1月Microsoft吸収合併したVisio Corporation開発していた製品である。2002年Microsoft製品として発売されOffice 2007発売時にも「Microsoft Office Visio 2007」が発表されている。



※Microsoft Corporationのガイドラインに従って画面写真を使用しています。
参照リンク
Microsoft Office Visio ホーム ページ - (Microsoft Office Online
Microsoft Office Visio 2003 サンプル ギャラリー - (Microsoft Office Online
アプリケーションソフトのほかの用語一覧
その他ソフト:  MSDN  Microsoft Money  Microsoft OneNote  Microsoft Visio  まいとーく  ロータスノーツ  ロータスノーツドミノ

Microsoft Visio

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/06/02 02:27 UTC 版)

Microsoft Office Visio (マイクロソフト オフィス ビジオ)は、設計図やダイアグラムなどの作図を行うためのソフトウェアである。Microsoft Officeシリーズの製品ではあるが、Windows 用のみがリリースされており、macOS用はリリースされていない。また、Microsoft Officeの統合パッケージには含まれておらず、単体製品のみが販売されている。




「Microsoft Visio」の続きの解説一覧

「Microsoft Visio」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Microsoft Visio」の関連用語

Microsoft Visioのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Microsoft Visioのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリMicrosoft Visioの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのMicrosoft Visio (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS