.svとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 記号 > 記号 > .svの意味・解説 

SV

読み方:SV
【英】:SV

関連するカテゴリ
電子温度調節器

Set Value設定値)の略。目標値警報などの設定総称した名称。この中でとくに目標値SPSet Point)と呼ぶ。


シーベルト(Sv)

人体放射能が当たった場合吸収線量を表す単位職業被爆限度50mSv 胸部レントゲンで0.3~1mSv

SV…汚泥沈殿率(Sludge Volume)


S/V

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

シーベルト(Sv)

人体放射線を受けた時、その影響の程度測るものさしとして使われる単位である。放射線種類やそのエネルギーによる影響違い放射線荷重係数として勘案した、臓器組織についての「等価線量」、さらに人体臓器組織による放射線感受性違い組織荷重係数として勘案した、全身についての「実効線量」がある。

SV

「SV」とはSchedule Varianceの略。EVMSにおいて、計画したスケジュールに対して、どの程度遅れているか、もしくは進んでいるかを金銭価値で表す。達成価値BCWP(Budgeted Cost Work Performed))から達成予定価値BCWS(Budgeted Cost Work Scheduled))差し引いてSV=BCWPBCWSのように計算される。

硫化バナジウム(II)

分子式SV
その他の名称:Vanadium(II) sulfide、硫化バナジウム(II)、Vanadium monosulfide
体系名:バナジウム(II)スルフィド


シーベルト

英訳・(英)同義/類義語:sievert, Sv, sievert

放射線生物与え効果線量当量)を示す標準単位で、吸収線量グレイ)に放射線ごとに異な係数掛けたものとして表される。Sv=gY * Q(係数

.sv

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/06/15 00:19 UTC 版)

.sv
エルサルバドルの旗
施行 1994年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 SVNet
後援組織 SVNet
利用地域 エルサルバドルに関係する団体・個人
使用状況 エルサルバドルでは広く使われている。
登録の制限 コンタクトを取れる必要がある。
階層構造 第二レベルドメインの下の第三レベルドメインに登録される。
関連文書 Policies
ウェブサイト SVNet
  

.sv国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、エルサルバドルに割り当てられている。

マイクロソフトInternet Explorer6スウェーデン版のバグで、ctrl+returnでサフィックスを入力しようとすると、.seの代わりに.svとなってしまうという問題が明らかとなった。

第二レベルドメイン

  • edu.sv: 教育/研究機関
  • gob.sv: 政府機関
  • com.sv: 商業組織その他
  • org.sv: 非営利組織
  • red.sv: 国内ネットワーク管理

外部リンク


SV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/19 04:21 UTC 版)

SV, Sv, sv

学術的な記号・単位

略語・略称

固有名詞

コード・形式名

コード

形式名

関連項目




.svと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.sv」の関連用語

.svのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.svのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2019. All Rights Reserved.
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
ダイキアクシスダイキアクシス
Copyright (C) DAIKI AXIS Co., LTD Allrights reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2019 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集
アヴィスアヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.sv (改訂履歴)、SV (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS