放射線感受性とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 医療 > 感受性 > 放射線感受性の意味・解説 

放射線感受性

放射線感受性は、狭義には、放射線被ばくした場合の「障害起こりやすさ」、特に「死にやすさ」のことをいい、広義にはさまざまな指標に関して相対的な「効果現れやすさ」を指す。 個体に関しても、組織細胞に関しても用いる。遺伝的背景個体差、種の違い細胞種類)、照射時の環境温度酸素濃度増感剤防護剤の有無など)、放射線の線質(放射線種類エネルギー)、線量率単位時間当たりの線量)、細胞周期等により放射線感受性は左右される人体放射線に高い感受性急性期に示すのは、骨髄リンパ節、脾(ひ)臓などの造血組織や胃、腸などの上組織、及び生殖腺皮膚などである。





放射線感受性と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「放射線感受性」の関連用語

放射線感受性のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

電離作用

アルファ線

浜岡1号機配管破断事故

ウラン燃料成型加工

等値線

もんじゅナトリウム火災事故

オフサイトセンター

緊急時環境放射線モニタリング





放射線感受性のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2017 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集

©2017 Weblio RSS