.trとは? わかりやすく解説

Tr/Tf(立ち上がり/立ち下がり時間)

信号レベルからHレベルへの立ち上がり立ち下がり時間のこと。立ち上がり時間(rise time)、立ち下がり(fall time)。

<tr> 〜 </tr> 表行

HTML仕様 : HTML4.01Strict

属性機能と値   DTD ※
align 位置: この要素囲まれた行含まれるセルデータの行揃え指定する
  center 中央揃え
  left 左揃えデフォルト値
  right 右揃え
  justify 両端揃え
  char 位置揃えの文字
valign 位置: 行に含まれるセルデータの垂直方向位置指定する
  top
  middle 中央デフォルト値
  bottom
  baseline 1行目のベースライン揃え
char 任意の1文字align属性での位置揃え文字指定する
charoff ピクセルまたは%: align属性char指定した場合の、セル端から位置揃え文字までの距離を指定する
bgcolor 色: ヘッダセルの背景色指定する
汎用属性 idclasslangtitlestyle属性など
※ DTD表記
◎: HTML4.01Strictで定義されている必須の属性と値
○: HTML4.01Strictで定義されている属性と値
▽: HTML4.01Transitionalの属性と値(非推奨

.tr

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 21:14 UTC 版)

.trトルコ国別コードトップレベルドメイン。中東工科大学コンピューター研究所に管理されている。.nc.trは第二レベルドメインとして使用され、北キプロス共和国に使われている。北キプロス共和国は独自のコードを持っていない。




「.tr」の続きの解説一覧

TR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 22:25 UTC 版)

TR, tr

コード
組織
記号等
製品名等
その他


TR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 05:10 UTC 版)

BREAK-AGE」の記事における「TR」の解説

藤井海音作り出したVPトロイレディメイド版。おそらく既成VPの中で最大を誇る。

※この「TR」の解説は、「BREAK-AGE」の解説の一部です。
「TR」を含む「BREAK-AGE」の記事については、「BREAK-AGE」の概要を参照ください。


tr

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 17:03 UTC 版)

HTML要素」の記事における「tr」の解説

表内の行 (table row)を示す

※この「tr」の解説は、「HTML要素」の解説の一部です。
「tr」を含む「HTML要素」の記事については、「HTML要素」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「.tr」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「TR」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

.trのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.trのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
住友電工デバイス・イノベーション株式会社住友電工デバイス・イノベーション株式会社
(C) 2022 Sumitomo Electric Industries, Ltd.
WEB for beginnerWEB for beginner
Copyright (C) 2002~2022 banban@scollabo.com
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.tr (改訂履歴)、TR (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのBREAK-AGE (改訂履歴)、HTML要素 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS