.ggとは? わかりやすく解説

gg

gg は主にオンラインゲームチャットにおいて「good game」の略として用いられる語。「良い試合だった」と伝え場面で用いられる。「wpwell played)」とも表記される。ふたつ組み合わせてggwp」という言い方もある。

gg

別表記:ジージー

「gg」とは、グッドゲーム・ゴールデングラブのことを意味する表現である。

「gg」とは・「gg」の意味

「gg」は、主にオンラインゲーム使用される言葉であり、「良いゲームだった」という意味を持つ。「good game(グッドゲーム)」を略した形で、「gg」となっている。「gg」は、ゲーム終了した際に対戦した相手チームメイトに対して挨拶として使用する。そして、APEXフォートナイト第五人格など、他者チーム組んだり対戦したりするゲーム使用されることが多い。

チャット機能付いているゲームであれば、そのチャットで「gg」と打つ場合がほとんどである。PUBGのようなチャット機能がないゲームだと、ツイッターインスタなどのSNS上で相手メッセージとして送ることもある。また、荒野行動のように、ボイスチャット使用して「gg」と発言することも珍しくはない。

もし、相手が「gg」を使用した場合返し方としては、「ありがとう」意味するthank you」や、それを省略したthx」を使用することが望ましい。また、「gg」と返しても特に問題はない。「gg」は、基本的にゲーム参加した同士使用する用語である。ただ、ゲーム配信している人に対して視聴者コメントとして送るパターンもある。

「gg」には、「ggwp」という派生形がある。「良いゲーム良いプレイだった」という意味の「good game well played」を省略したものだ。「gg」よりも、相手称える意味合いが強い。そのため、対戦ゲーム良い結果残した際にチームメイト褒めたり、対戦相手プレイ技術が高いことを認めたりする時に使用する場合が多い。

「gg」は、基本的に良い意味として使用される用語である。しかし、自らが大差で勝利した時に相手に「gg」というコメント送った場合相手挑発するいわゆる煽りコメントだと捉えられる恐れがある相手にとっては良い意味ではないにもかかわらず良いゲームだったという、皮肉を込めた意味合いになってしまうからだ。

そのため、使用する場面には注意した方が良い。ただ、「gg」は、「お疲れ様でした」「対戦ありがとうございました」といった意味合い含んだ、ただの挨拶として使用されることも珍しくないしたがって、大差で勝利した相手が「gg」を使用したからといって、必ずしも煽りとは限らない

「gg」の逆の意味の言葉としては、「bg」が挙げられる。「悪いゲームだった」という意味の「bad game」を略したものだ。「bg」は、対戦相手に対してつまらなゲームだったことを伝えたりチームメイト責めたりするなど、悪い意味の用語として使用される。よって、あまり積極的に使用すべき用語ではない。

「gg」は、野球に関する用語として使用する場合ゴールデングラブ賞を指す。「golden glove」を略して「gg」となり、「gg賞」という表記使用されることも多い。シーズン内で、高い守備力発揮した選手送られる賞であり、野球記者からの投票によって選ばれる。そして、セントラル・リーグパシフィック・リーグそれぞれで守備位置ごとに選ばれるため、毎年18人が選出されることになる。

「gg」は、ファッションブランドであるグッチ略称として使用される創業者である「グッチオ・グッチguccio gucci)」の名前の頭文字使用し、「gg」となる。そして、ブランドロゴとして、「gg」が使われることも多い。

日本スーパー展開しているイオングループは、「グランドジェネレーション(grand generation)」という意味で「gg」を使用している。グランドジェネレーションは、55歳以上を指す言葉であり、人生で最も輝かし世代という意味を持つ。そして、55歳以上の人を対象としたggwaonカード発行や、55歳以上の人が優遇されるggキャンペーン実施などを行っている

「gg」の読み方

ゲーム用語である「gg」の読み方は、「ジージー」である。また、「gg」の表記で、「グッドゲーム」と読むこともある。「gg」が派生した形の「GGWP」の読みは、「ジージーダブリューピー」だ。

ジー‐ジー【GG】


.gg

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/08 07:34 UTC 版)

.gg は、国別コードトップレベルドメインccTLD)のひとつ。英仏海峡にあるイギリス王室属領ガーンジー島に割り当てられている。管理はアイランド・ネットワークス(Island Networks)が行っている。 登録は世界中に開放されており、「Good Game」の頭文字であることからDiscordで使用されている他、eスポーツ関連のサイトで使われることも多い。






「.gg」の続きの解説一覧

GG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/11 02:35 UTC 版)

GG

人物・団体
作品名
その他


G.G.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/20 10:03 UTC 版)

FOREVER BLUE 海の呼び声」の記事における「G.G.」の解説

本名はガストン・グレイ。アメリカ有名なサルベージャーであり、「G」のつく単語強調して話している。

※この「G.G.」の解説は、「FOREVER BLUE 海の呼び声」の解説の一部です。
「G.G.」を含む「FOREVER BLUE 海の呼び声」の記事については、「FOREVER BLUE 海の呼び声」の概要を参照ください。


GG(ゴッドゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/10 04:39 UTC 版)

ミリオンゴッド」の記事における「GG(ゴッドゲーム)」の解説

下の内抽選当選するとGG(ゴッドゲーム)に突入する。GGでは押し順液晶画面指定され指定どおりに従えば15役の黄7(およびリプレイ役の青7)が獲得できる当選条件基本的に押し順厳守しペナルティの無い状態」であることが第一条件となる。 液晶画面上の背景は「GG=お花畑」「SGG=海底宮殿」「PGG=空中庭園」。一度でSGGPGG当選すれば、以降の液晶画面は高い方に固定される極めて稀に液晶奇数揃い」「正し押し順、かつペナルティ無しの状態で赤7・GOD停止となったにもかかわらずGGに突入しないことがある。 GG(ゴッドゲーム基本的に液晶画面上で7以外の奇数3つ揃うことで突入稀に奇数揃い経ずにGGに突入することもある。1セット50ゲームであるが連チャン性も高い。1ゲーム当たりの期待純増枚数は約10弱。つまりGGのゲーム数×約10弱が獲得枚数となる。 AT中を除き逆押し黄7成立時内部モードに応じてGGの抽選が行われる。当選する一度最大9個のGGが獲得できる。また期待度は低いが順押し黄7揃いストック放出契機一つとなっており、ストックのある状態で放出され場合ゲームからGGが発動する通常時にリプレイフラグを4連続引き当てて当選するその際リプレイ3連チャンス音が発生するまた、GG終了後チャンスゾーン最終ゲームでリプレイフラグを引き当てると、連続リプレイ継続しているとして再びGGに当選する1500ゲーム到達後の押し黄7で天井GGに突入最大3連チャンまでが現実的ストック放出となる場合もあるが、その可能性は極めて低い。 SGG(スーパーゴッドゲーム) 右リール上に「赤7」が停止突入3回以上のGGが約束される期待純増枚数は約1500~4500内部モードがAやBの状態で当選した場合は、当選回数に関わらず発動するGGは3回のみ(残り全てストックする)。 GG・PGG中の「赤7」停止で、ゲーム残数に当選ゲーム数(残りゲーム数+50ゲーム)が加算される。またG-ZONE中に残り当選回数放出される稀にG-ZONEを過ぎて50ゲーム放出することもある。 PGG(プレミアムゴッドゲーム) ライン中段に「GOD揃い」で突入。GGが500ゲーム継続する期待純増枚数は約5,000。 GG・PGG中のGOD揃いで、ゲーム残数に当選ゲーム数(残りゲーム数+500ゲーム)が加算される。 G-ZONE中にPGG当選した場合内部ストックされたGGが全て最大16384個)が放出される

※この「GG(ゴッドゲーム)」の解説は、「ミリオンゴッド」の解説の一部です。
「GG(ゴッドゲーム)」を含む「ミリオンゴッド」の記事については、「ミリオンゴッド」の概要を参照ください。


GG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/23 17:56 UTC 版)

プライムエージェンシー」の記事における「GG」の解説

2022年3月アカウント変更公式サイト設置されプライムエージェンシー事実上の後継プロダクション公式サイト会社概要では事務所住所の表記はなく、面接会場として渋谷区神宮前第25SYビル7階の表記記されている(かつてのプライムエージェンシー同一)。星空もあはGG動画サイト内でもプライム所属答えている。

※この「GG」の解説は、「プライムエージェンシー」の解説の一部です。
「GG」を含む「プライムエージェンシー」の記事については、「プライムエージェンシー」の概要を参照ください。


G、G'(ゲー、ゲーダッシュ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/21 03:01 UTC 版)

バランサー (漫画)」の記事における「G、G'(ゲー、ゲーダッシュ)」の解説

ドイツ人傭兵双子の兄弟

※この「G、G'(ゲー、ゲーダッシュ)」の解説は、「バランサー (漫画)」の解説の一部です。
「G、G'(ゲー、ゲーダッシュ)」を含む「バランサー (漫画)」の記事については、「バランサー (漫画)」の概要を参照ください。


G・G

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/12 17:17 UTC 版)

K-1 ダイナマイト」の記事における「G・G」の解説

ガトリング・ガンキックスの略。カルネアデス計画で身につけた脚力をもって一分間1000発の弾丸発射するガトリング砲のごとくあらゆる種類キック連射する技。マイトマイケルの話から、下瀬との対決に向けて自分だけの技」を求めたことで、ウンチくん考案した

※この「G・G」の解説は、「K-1 ダイナマイト」の解説の一部です。
「G・G」を含む「K-1 ダイナマイト」の記事については、「K-1 ダイナマイト」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「.gg」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「gg」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.gg」の関連用語

.ggのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.ggのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2023 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.gg (改訂履歴)、GG (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのFOREVER BLUE 海の呼び声 (改訂履歴)、ミリオンゴッド (改訂履歴)、プライムエージェンシー (改訂履歴)、バランサー (漫画) (改訂履歴)、K-1 ダイナマイト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS