.lvとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > .lvの意味・解説 

.lv

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/21 01:22 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
.lv
ラトビアの旗
施行 1993年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 Institute of Mathematics and Computer Science
後援組織 ラトビア大学
利用地域 ラトビアに関係する団体・個人
使用状況 ラトビアで盛んに使われている。
階層構造 登録は第二レベルか第二レベルドメインの下の第三レベルに行われる。
関連文書 General rules; .gov.lv policy
紛争解決方針 Dispute resolution policy
ウェブサイト NIC.lv
テンプレートを表示

.lv国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、ラトビアに割り当てられている。

登録は、第二レベルに直接行うことができ、推奨されているが、次のような第二レベルドメインの下の第三レベルにも行うことができる。

  • .com.lv - 商業機関
  • .edu.lv - 教育機関
  • .gov.lv - 政府機関、準政府機関
  • .org.lv - 提携組織
  • .mil.lv - ラトビア防衛軍
  • .id.lv - 個人
  • .net.lv - ネットワークサービスプロバイダ
  • .asn.lv - 団体
  • .conf.lv - 会議、展覧会

登録は外国人でも可能であるが、紛争解決方針によると、一般的に国民の方に優先権があるとされている。他国からの登録はそれほど多くないが、lvと略すラスベガスや、loveという意味で“my.lv”、“we.lv”、“true.lv”等、いくらかの登録がある。

国際化ドメイン名の登録も可能である。

外部リンク



LV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/02/14 14:15 UTC 版)

LV, Lv, lv



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.lv」の関連用語

.lvのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.lvのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.lv (改訂履歴)、LV (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS