LVとは? わかりやすく解説

LV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 14:54 UTC 版)

LV, Lv, lv




「LV」の続きの解説一覧

.lv

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/08 19:31 UTC 版)

.lv国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、ラトビアに割り当てられている。






「.lv」の続きの解説一覧

LV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 00:44 UTC 版)

イデアの日」の記事における「LV」の解説

キャラクターレベル

※この「LV」の解説は、「イデアの日」の解説の一部です。
「LV」を含む「イデアの日」の記事については、「イデアの日」の概要を参照ください。


LV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/12 17:51 UTC 版)

FOLFOX」の記事における「LV」の解説

ロイコボリン(LV、別名ホリナート商品名ロイコボリンなど)の光学活性体l体)がl-LVである。効果作用機序l-LV説明を参照。LVの効力l-LVの1/2に相当する投与l-LVの場に比べ倍量となる。なお、日本においては結腸・直腸に対してLVを使い5-FU効力増強させる方法承認されていないのでLVの代わりにl-LVを使うが、海外ではLVを使うことが多い。

※この「LV」の解説は、「FOLFOX」の解説の一部です。
「LV」を含む「FOLFOX」の記事については、「FOLFOX」の概要を参照ください。


LV(レベル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 23:49 UTC 版)

魔法少女まどか☆マギカ ポータブル」の記事における「LV(レベル)」の解説

キャラクター強さおおよその目安となる数値ダンジョンで敵を倒し経験値貯めることで上昇する

※この「LV(レベル)」の解説は、「魔法少女まどか☆マギカ ポータブル」の解説の一部です。
「LV(レベル)」を含む「魔法少女まどか☆マギカ ポータブル」の記事については、「魔法少女まどか☆マギカ ポータブル」の概要を参照ください。


LV(レベル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/01 07:14 UTC 版)

ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い」の記事における「LV(レベル)」の解説

成長度を表す数値のこと。上限110EXP一定以上になると数値ひとつずつ増える

※この「LV(レベル)」の解説は、「ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い」の解説の一部です。
「LV(レベル)」を含む「ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い」の記事については、「ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い」の概要を参照ください。


Lv.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 14:50 UTC 版)

神撃のバハムート」の記事における「Lv.」の解説

カードレベル

※この「Lv.」の解説は、「神撃のバハムート」の解説の一部です。
「Lv.」を含む「神撃のバハムート」の記事については、「神撃のバハムート」の概要を参照ください。


Lv.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 07:43 UTC 版)

バンドやろうぜ!」の記事における「Lv.」の解説

キャラクターカード毎に設定されたレベル最初はLv.1となっており、他のカード使用して強化する事でレベル上昇するカードのレアリティより上レベル異なる。ブレイクを行う為にレベル上限まで上げ必要がある

※この「Lv.」の解説は、「バンドやろうぜ!」の解説の一部です。
「Lv.」を含む「バンドやろうぜ!」の記事については、「バンドやろうぜ!」の概要を参照ください。


Lv.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 05:35 UTC 版)

イース・オリジン」の記事における「Lv.」の解説

レベル最高値60。(改造する99レベル上がると、最大HPSTRDEFの値が上昇する

※この「Lv.」の解説は、「イース・オリジン」の解説の一部です。
「Lv.」を含む「イース・オリジン」の記事については、「イース・オリジン」の概要を参照ください。


Lv.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 17:02 UTC 版)

メルクストーリア - 癒術士と鈴のしらべ -」の記事における「Lv.」の解説

プレイヤー自身のレベルゲーム開始時は必ず1から始まる。レベル上がるごとに、後述するApの上限が1増加しAp全回復する。

※この「Lv.」の解説は、「メルクストーリア - 癒術士と鈴のしらべ -」の解説の一部です。
「Lv.」を含む「メルクストーリア - 癒術士と鈴のしらべ -」の記事については、「メルクストーリア - 癒術士と鈴のしらべ -」の概要を参照ください。


Lv

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 17:02 UTC 版)

メルクストーリア - 癒術士と鈴のしらべ -」の記事における「Lv」の解説

ユニットレベル。「現在のレベル/最大レベル」のように表記されるユニットレベルは、クエストなどでは上がらずプレイヤーゴルド消費することで上げられるレベル上がることにより、後述する「体力」「攻撃力」などが上昇する入手時や進化後は必ず1。最初の最大レベルは、レア度1が30レア度2が40レア度3が50レア度4が60レア度5が70。この最大レベルは、アイテム覚醒の書」やすでに所持しているユニットを再び手に入れたときに「覚醒」することができ、1回覚醒につきレベル最大値が5だけ上がる覚醒は1ユニットにつき15回(レア度1は5回)行え15覚醒した後の最大レベルは、レア度1が55レア度2が115レア度3が125レア度4が135レア度5が145

※この「Lv」の解説は、「メルクストーリア - 癒術士と鈴のしらべ -」の解説の一部です。
「Lv」を含む「メルクストーリア - 癒術士と鈴のしらべ -」の記事については、「メルクストーリア - 癒術士と鈴のしらべ -」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「LV」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「LV」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

LVのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



LVのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのLV (改訂履歴)、.lv (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのイデアの日 (改訂履歴)、FOLFOX (改訂履歴)、魔法少女まどか☆マギカ ポータブル (改訂履歴)、ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い (改訂履歴)、神撃のバハムート (改訂履歴)、バンドやろうぜ! (改訂履歴)、イース・オリジン (改訂履歴)、メルクストーリア - 癒術士と鈴のしらべ - (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS