.ddとは?

ディー‐ディー【DD】


ディー‐ディー【DD】


ディー‐ディー【DD】


ディー‐ディー【DD】


ディー‐ディー【DD】


ディー‐ディー【DD】


ディー‐ディー【DD】


<dd> 〜 </dd> 定義内容

HTML仕様: HTML4.01Strict

属性機能と値   DTD ※
汎用属性のみ idclasslangtitlestyle属性など

定義内容タグは定義リストタグ dl要素定義用語タグ dt要素組み合わせて、用語とその定義からなる定義リスト作成するために使います。なお、終了タグ省略可能となっています。

サンプル>
<dl>
<dt>第一分類</dt><dd>この定義は第一分類に属します</dd>
<dt>第二分類</dt><dd>この定義は第二分類に属します</dd>
</dl>

結果

第一分類
この定義は第一分類に属します
第二分類
この定義は第二分類に属します
※ DTD表記
◎: HTML4.01Strictで定義されている必須の属性と値
○: HTML4.01Strictで定義されている属性と値
▽: HTML4.01Transitionalの属性と値(非推奨

1,3‐ジクロロプロペン

分子式C3H4Cl2
その他の名称:テロン、γ-クロロアリルクロリド、α,γ-ジクロロプロピレン、1,3-ジクロロプロピレン、Telone、α,γ-Dichloropropylene、1,3-Dichloropropylene、γ-Chloroallyl chloride、1,3-Dichloro-1-propene、Telone II、RCRA waste number U-084、NCI-C-03985、テロンII、β-Epidichlorohydrin、β-エピジクロロヒドリン、1,3-Dichloro-2-propene、1,3-Dichloropropene、D-D
体系名:1,3-ジクロロ-2-プロペン、1,3-ジクロロプロペン、1,3-ジクロロ-1-プロペン


.dd

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/29 04:47 UTC 版)

.dd は、ドイツ民主共和国(東ドイツ)に割り当てられた国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)である。






「.dd」の続きの解説一覧

DD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/09 05:24 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

DD

DD

一般名詞

  • Dr.Drive - ENEOSの自動車ケアサービスの略称。

固有名詞

dd




「DD」の続きの解説一覧

D.D.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/17 00:44 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

D.D.

関連項目





.ddと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.dd」の関連用語

.ddのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.ddのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2021by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
WEB for beginnerWEB for beginner
Copyright (C) 2002~2021 banban@scollabo.com
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.dd (改訂履歴)、DD (改訂履歴)、D.D. (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS