.bjとは? わかりやすく解説

BJ

BJ
BJ
BJ
BJ
BJ
BJ
BJ
BJ

認定型式

BB-SA24J

車体打刻型式

SA24J

エンジン型式

A138E

全長全幅全高

1,670mm/630mm/1,005mm

軸間距離

1,140mm

シート高最低地上高

725mm/85mm

車両重量

75kg

燃費・定地走行テスト値

58.0km/L(30km/h)

最小回転半径

1.8m

エンジン種類

空冷・2ストローク・クランク室リードバルブ

気筒数配列/総排気量

単気筒/49cm3

内径×行程

40.0mm×39.2mm

圧縮比

7.3 : 1

最高出力

4.6kW(6.3PS)/7,000r/min

最大トルク

6.6N・m(0.67kgf・m)/6,500r/min

始動方式

セル・キック併用式

潤滑方式

分離給油

オイルタンク容量

1.1L

燃料タンク容量

4.6L

キャブレター型式

Y14P×1

点火方式

C.D.I.式

バッテリー容量/型式

12V-3.2Ah(10h)/GT4L-BS(MF)
12V-3.0Ah(10h)/YTX4L-BS(MF)

1次減速比

3.692

2次減速比

3.230

クラッチ形式

乾式内拡遠心式

変速機形式

Vベルト式無段変速

変速比

2.183~0.896

フレーム形式

パイプバックボーン

キャスタートレール

26°30′/67mm

タイヤサイズ 前・後

90/90-10 41J・90/90-10 41J(前後チューブレス)

制動装置 前・後

ドラムリーディングトレーリング)・ドラムリーディングトレーリング

ヘッドライト

キセノンバルブ(30W/30W)

乗車定員

1名

※都合により製品の仕様を予告なく変更する場合あります

(注:この情報は2008年8月現在のものです)

BJ

英語 Birfield joint

バーフィールドジョイント。前輪駆動用のドライブシャフトに使う等速ジョイントのことで、車輪側のジョイントとして使用するアウターインナー間に6個のボール配置し屈曲角が大きくとれ、等速性をもつユニバーサルジョイントである。ツェッパ型ジョイントともいう。伸縮可能タイプはダブルオフセット型という。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

.bj

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/06 00:55 UTC 版)

.bjは、国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つで、ベナンに割り当てられている。このドメインは、ベナン郵便・電気通信事務局によって運営されている。






「.bj」の続きの解説一覧

BJ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/30 07:16 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

BJ

bj

関連項目



B.J

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 16:48 UTC 版)

サイコメトラーEIJI」の記事における「B.J」の解説

ドラマ2期登場西京警備隊リーダー原作における安岡役回りだが治を彷彿とさせる中性的容姿持ち無目的に悪事繰り返一方テロリスト挽歌」で自分に嘘をつき強姦行っていたことを隠していたメンバー激怒し見殺しにするなど独自の倫理観を持つ。自らの空虚埋めてくれた幾島心酔し最終話ターゲット悪徳政治家と共に自爆した

※この「B.J」の解説は、「サイコメトラーEIJI」の解説の一部です。
「B.J」を含む「サイコメトラーEIJI」の記事については、「サイコメトラーEIJI」の概要を参照ください。


BJ(ビージェイ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 16:14 UTC 版)

湘南純愛組!」の記事における「BJ(ビージェイ)」の解説

NAVY格闘教官

※この「BJ(ビージェイ)」の解説は、「湘南純愛組!」の解説の一部です。
「BJ(ビージェイ)」を含む「湘南純愛組!」の記事については、「湘南純愛組!」の概要を参照ください。


BJ(ビージェー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/22 03:43 UTC 版)

すばらしきこのせかい」の記事における「BJ(ビージェー)」の解説

デスマーチメンバーテナー死神ヴォーカルの座をかけて、前々から777ぶつかっており、マイク紛失時には真っ先に疑いをかけられることとなってしまったが、後に和解。恋が必ず成就するというモルコ前の電話ボックス八代に対し甘酸っぱい電話をかけていた。が、名前を名乗らなかった上に「…きです」としか聞き取れなかったため、いたずらとして即刻切られた。

※この「BJ(ビージェー)」の解説は、「すばらしきこのせかい」の解説の一部です。
「BJ(ビージェー)」を含む「すばらしきこのせかい」の記事については、「すばらしきこのせかい」の概要を参照ください。


BJ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/21 07:01 UTC 版)

ヤマハ・ジョグ」の記事における「BJ」の解説

BJ(YL50)は2003年発売された。車名BASIC JOGの略称であり、JOG廉価版として台湾生産されているが、基本的な構造などついてはJOG同一である台湾発売されていたJOG PROというモデル原型であり、その名残からステップボード上にタンデム用のステップ突起付いている等の台湾発祥モデルらしい特徴がある。 なお4サイクルエンジンには移行されず、2008年生産終了公表されている。

※この「BJ」の解説は、「ヤマハ・ジョグ」の解説の一部です。
「BJ」を含む「ヤマハ・ジョグ」の記事については、「ヤマハ・ジョグ」の概要を参照ください。


BJ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/26 09:17 UTC 版)

マツダ・Bプラットフォーム」の記事における「BJ」の解説

BJ は、操縦安定性ハンドリングスタビリティー)向上のため、ロール軸とロールスピードの見直し、フロアパン剛性向上、新エンジン、新トランスミッション搭載対応したプラットフォームである。 1998-2003 マツダ・ファミリアセダン) 1998-2003 マツダ・ファミリアS-ワゴンハッチバック) 1998-2001 フォード・レーザーリデアセダン(セダン) 1998-2001 フォード・レーザーリデアワゴン(ハッチバック) 1999-2003 Mazda 323セダン) 1999-2003 Mazda Protegé(セダン) 1999-2003 Mazda Protegé5(ハッチバック

※この「BJ」の解説は、「マツダ・Bプラットフォーム」の解説の一部です。
「BJ」を含む「マツダ・Bプラットフォーム」の記事については、「マツダ・Bプラットフォーム」の概要を参照ください。


BJ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 15:48 UTC 版)

マツダ・B型エンジン」の記事における「BJ」の解説

The 1.3 L (1,290 cc) BJ engine (78.0x67.5 mm) - DOHC 16バルブマツダEGI燃料噴射付きで7,000回転で88ps(65 kW)を発生した。このBJは日本国内専用1989年3月から1993年1月のフェスティバGT-XGTA(1991年3月から)に搭載された。なお、このエンジンはB5/B6をショートストローク化したものである

※この「BJ」の解説は、「マツダ・B型エンジン」の解説の一部です。
「BJ」を含む「マツダ・B型エンジン」の記事については、「マツダ・B型エンジン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「.bj」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「bj」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.bj」の関連用語

.bjのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.bjのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
Copyright(C)2023 Yamaha Motor Marketing Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.bj (改訂履歴)、BJ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのサイコメトラーEIJI (改訂履歴)、湘南純愛組! (改訂履歴)、すばらしきこのせかい (改訂履歴)、ヤマハ・ジョグ (改訂履歴)、マツダ・Bプラットフォーム (改訂履歴)、マツダ・B型エンジン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS