.omとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 商品先物用語 > .omの意味・解説 

OM(オー・エム)

Stockholm Options Marketの略、ストックホルムオプション取引所のこと。

オーム 【om】

梵語実際に発音される時はオンとなるので、北方仏教では漢字のの字当て教義上の重要な言葉になっている古代インドベーダ聖典起源とする秘密語(マントラ)で、神に祈るさいの感嘆詞であり、呪文などの冒頭唱える。オームはまた、A・U・Mの三字分解させて、発生維持崩壊の意味とし、世界の展開を表すなどの解釈もある。→ ベーダ

Om

名前 オーム

.om

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/04/07 21:32 UTC 版)

.om
オマーンの旗
施行 1996年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 Oman Network Information Center
後援組織 Oman Telecommunications Company
利用地域 オマーンに関係する団体・個人
使用状況 オマーンで利用されている。
登録の制限 登録には地域との結びつきが必要。管理者はオマーンでコンタクトが取れなければならない。
階層構造 登録はセカンドレベルドメインの下のサードレベルに行われる。
関連文書 Rules; Service agreement
方針 紛争は、通常の法的手段を用いて解決されなければならない。登録機関は調停者にならない。
ウェブサイト Omnic
テンプレートを表示

.om国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、オマーンに割り当てられている。

現在は、OMnicはサードレベルの登録のみを受け付けている。しかし、.omの下にはmediaphone.om, nawrastelecom.om, omanmobile.om, omanpost.om, omantel.om, rakpetroleum.om, siemens.om, songfest.om, statecouncil.om[1]等の、.om直下に登録されたドメインも存在する。

もし.omが制限なしでセカンドレベルドメインへの登録を許容するようになると、タイポスクワッティングを狙った多くのサイバースクワッティングが発生する可能性がある。例えば、yahoo.comの代わりに.omの下でyahoocのドメインを取り、yahooc.omというドメイン名を作る等がある。この形の唯一のドメインは、omnic.omである。

セカンドレベルドメイン

2007年5月11日現在、OMnicによると、次の種類のセカンドレベルドメインがある。

  • com.om: 政府に登録された企業
  • co.om: 政府に登録された企業
  • edu.om: 政府に登録された大学等の教育機関
  • ac.om: 政府に登録された大学等の学術機関
  • sch.om: 政府の有効なライセンスを持つ小学校、中学校、高校
  • gov.om: 政府機関、省庁
  • net.om: 政府又はOman Telecommunication Companyに登録されたネットワークプロバイダ
  • org.om: 政府に登録された非営利組織
  • mil.om: 防衛省の管轄する全ての組織
  • museum.om: 博物館
  • biz.om: 政府に登録された企業
  • pro.om: 専門家、専門家組織
  • med.om: 政府の有効なライセンスを持つ病院や医療機関

外部リンク

出典

  1. ^ OM Zone File”. Robert Baskerville's ccTLD analysis data (2007年12月28日). 2007年12月28日閲覧。



OM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/23 22:01 UTC 版)

OMomOm


オミ川

(.om から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/10 20:19 UTC 版)

オミ川
延長 1,091 km
平均流量 -- /s
流域面積 52,400 km²
水源 ヴァシュガン平野
水源の標高 -- m
河口・合流先 エルティシ川
流域 ロシア
テンプレートを表示

オミ川(Омь, Om')は西シベリア平原の南部を流れるロシア連邦オビ川水系エルティシ川支流である。

ヴァシュガン平野の南東部に発し、ノヴォシビルスク州オムスク州を流れ、オムスク付近でエルティシ川に合流する。長さは1,091m。流域面積は52,400km2。平均流量64m3/秒、最大流量814m3/秒。10月末から5月はじめまで凍結する。

「オミ」という名はテュルク系の言語で「静かな」という意味である。

流域の都市に、バラビンスク、カラチンスク、クイビシェフ、オムスクなどがある。


オーム (聖音)

(.om から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/28 04:07 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

オーム(ओम् om、または ॐ oṃオーン〉)は、バラモン教をはじめとするインドの諸宗教において神聖視される呪文。

オーム

漢訳仏典では、“唵”(おん、口偏に奄)と音写される。

なお、日本では「オーム」と表記する事が多いが、oṃは「オーン」と読み[1]omは「オーム」である。

解釈

バラモン教

ヴェーダを誦読する前後、また祈りの文句の前に唱えられる。 ウパニシャッドにおいては、この聖音は宇宙の根本原理であるブラフマンを象徴するものとされ、特に瞑想の手段として用いられた。

また、この聖音 は「a」、「u」、「m」の3音に分解して神秘的に解釈される。これは、サンスクリット語ではauが隣り合うと同化して長母音oになるという音韻法則があるからである。

例えば『ブリハッド・アーラニヤカ・ウパニシャッド』では「a」は『リグ・ヴェーダ』、「u」 は『サーマ・ヴェーダ』、「m」 は『ヤジュル・ヴェーダ』の三ヴェーダを表し、「aum」全体でブラフマンを表すと解釈された。

ヒンドゥー教

さらに後世のヒンドゥー教になると「a」は創造神ブラフマー、「u」は維持神ヴィシュヌ、「m」は破壊神シヴァを表し、全体として三神一体(トリムールティ)の真理を表すものとされ、民間においても浸透しており同教のシンボル的な意匠となっている。

仏教

この聖音は後に仏教にも取り入れられ、密教では真言の冒頭の決まり文句(オン)として、末尾のスヴァーハー(ソワカ)と共に多用された(例えば「オン アビラウンケン ソワカ」で大日如来の真言)。 また、仏教の経典『守護国界主陀羅尼経』では「a」は法身、「u」は報身、「m」は応身三身を象徴し、すべての仏たちはこの聖音を観想する事によって成仏すると説かれる。

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 」は母音の鼻母音化したものであり、「オーン」[õ:]のように発音される。参照:文法概説(よみがえれ『実習梵語学』) 1-1 音論

関連項目



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.om」の関連用語

.omのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.omのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2019 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.om (改訂履歴)、OM (改訂履歴)、オミ川 (改訂履歴)、オーム (聖音) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS