.新加坡とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > .新加坡の意味・解説 

シンガポール

(.新加坡 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/30 00:42 UTC 版)

シンガポール共和国(シンガポールきょうわこく、英語: Republic of Singapore[4]マレー語: Republik Singapura簡体字中国語: 新加坡共和国繁体字中国語: 新加坡共和國タミル語: சிங்கப்பூர் குடியரசு)、通称シンガポールは、東南アジアに位置し、シンガポール島及び60以上の小規模な島々からなる島国[5]都市国家[6][7]で、政体共和制[8]




  1. ^ a b イギリス英語発音:[sɪŋəˈpɔː] スィンガポー
  2. ^ アメリカ英語発音:[ˈsɪŋəˌpɔr] スィンガポア
  3. ^ si beh=福建語で「非常に」、lobang=マレー語で「穴」を意味する。しかし、シングリッシュではlobangとは「何か良いものを紹介して欲しい」を意味する。
  4. ^ 例えば、文の後に「lah」「leh」「mah」をつけたり、動詞の時制を変換しなかったり、be動詞を省略したりする。ほかに、Yar?=Yes.、No lah=No.、Think what?=What do you think?.、OK lah =OK.、You like that think meh? =Do you think like that?、Haiya, Never mind one lah. = It's okay, don't worry.、Can or not? =Can you do it?など。
  1. ^ Singapore”. Encyclopedia Britannica. 2020年1月28日閲覧。
  2. ^ Statistics Singapore – Latest Data – Population & Land Area (Mid-Year Estimates) Statistics Singapore 2016年11月8日閲覧。
  3. ^ a b c World Economic Outlook Database, April 2019 – Report for Selected Countries and Subjects”. International Monetary Fund (IMF). 2019年5月28日閲覧。
  4. ^ シンガポール共和国(Republic of Singapore)基礎データ 日本国外務省(2020年9月11日閲覧)
  5. ^ アジア経済ニュースコラム【テイクオフ】「小さな島国のシンガポールからは…」NNA(2020年9月11日閲覧)
  6. ^ 村井雄『都市国家シンガポール―豊かさと管理の中で』(三一新書、1990年)
  7. ^ シンガポール(概要)国際機関日本アセアンセンター(2020年9月11日閲覧)
  8. ^ Singapore - Encyclopedia Britannica”. Webcache.googleusercontent.com (2013年11月17日). 2014年7月18日閲覧。
  9. ^ Coughlan, Sean (2016年12月6日). “Singapore first place in school rankings”. BBC News. https://www.bbc.com/news/education-38212070 
  10. ^ Tani, Mayuko (2017年1月10日). “Singapore's unlikely rise as a Southeast Asian entertainment hub”. Nikkei Asian Review. https://asia.nikkei.com/Location/Southeast-Asia/Singapore/Singapore-s-unlikely-rise-as-a-Southeast-Asian-entertainment-hub 
  11. ^ “Singapore retains spot as World's Top International Meeting Country and City” (プレスリリース), Singapore Tourism Board, (2014年6月27日), https://www.stb.gov.sg/news-and-publications/lists/newsroom/dispform.aspx?ID=515 
  12. ^ “Singapore is the top international meeting destination in the world again”. The Straits Times (Singapore). (2014年6月27日). https://www.straitstimes.com/singapore/singapore-is-the-top-international-meeting-destination-in-the-world-again 
  13. ^ “SIA bags world's best airline title”. The Straits Times (Singapore). (2018年7月18日). https://www.straitstimes.com/singapore/transport/sia-bags-worlds-best-airline-title 
  14. ^ “Singapore takes top spot again as world's maritime capital: report”. Business Times (Singapore). (2017年4月26日). https://www.businesstimes.com.sg/transport/singapore-takes-top-spot-again-as-worlds-maritime-capital-report 
  15. ^ a b The Global Financial Centres Index 2021年3月18日閲覧。
  16. ^ http://japanese.joins.com/article/788/205788.html
  17. ^ Loo BF (2005) Transforming Singapore's Military Security Landscape: Problems and Prospects, allacademic
  18. ^ Tan ATH (1999) Singapore's Defence: Capabilities, Trends, and Implications, questia
  19. ^ “シンガポール「幸福度」世界最下位 アジアで最も豊かなはずが 建国50年、「能力主義」行き詰まる”. 産経新聞. (2015年8月8日). http://www.sankei.com/world/news/150808/wor1508080038-n1.html 2015年8月8日閲覧。 
  20. ^ さき かづみ (2010年11月2日). “『シンガポールから、羽田にただいま!』”. 朝日新聞 (朝日新聞社). http://www.asahi.com/airtravel/column/fromsingapore/TKY201010300220.html 2019年11月10日閲覧。 
  21. ^ 「明るい北朝鮮」と呼ばれる国はどこか?『池上彰の世界の見方 東南アジア』 | 小学館
  22. ^ 大塚智彦 (2018年11月26日). “シンガポール、次期首相最有力候補にヘン財務相 「リー王朝」批判避ける狙いも”. ニューズウィーク日本版』 (CCCメディアハウス). https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/11/lee-family.php 2019年11月10日閲覧。 
  23. ^ そのほか、新保彌、新賀堀、新嘉波、新嘉玻とも書いた。シンガポールの漢字表記岡山県立図書館
  24. ^ 国際統計格付センター2013年FAO
  25. ^ ジャパングリーンクリニックヘイズ(煙霧)
  26. ^ Weather Statistics”. National Environment Agency. 2010年11月24日閲覧。
  27. ^ Climatological Normals of Singapore”. Hong Kong Observatory. 2010年5月12日閲覧。
  28. ^ 「世界の技術を先導 シンガポール、水ビジネス大国に」日本経済新聞Web版2015年2月17日
  29. ^ 田村慶子「選挙制度」/田村慶子『シンガポールを知るための60章』(明石書店、2001年)237-238ページ
  30. ^ 田村慶子「人民行動党」/田村慶子『シンガポールを知るための60章』(明石書店、2001年)235ページ
  31. ^ http://www.corporate-legal.jp/info_corporate_legal/south_east_asia/singapore/
  32. ^ a b トム・ベナー (2015年9月10日). “変化の風に揺れる強権国家シンガポール”. ニューズウィーク. http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/09/post-3900_1.php 2015年9月12日閲覧。 
  33. ^ 栗田哲郎『アジアにおける外国仲裁判断の承認・執行に関する調査研究』
  34. ^ http://www.nikkei.com/article/DGXLZO03946100S6A620C1FFE000/
  35. ^ 早起きすれば地下鉄運賃無料、シンガポールの通勤ラッシュ緩和策”. フランス通信社 (2013年4月18日). 2016年6月18日閲覧。
  36. ^ https://ryokoukankou.com/singapore/basic-taxi.html
  37. ^ a b 第I部 わが国を取り巻く安全保障環境 第5節 東南アジア平成25年防衛白書
  38. ^ 篠崎, 正郎『引き留められた帝国―戦後イギリス対外政策におけるヨーロッパ域外関与、1968~82年』吉田書店、2019年。ISBN 978-4905497837
  39. ^ 「『星光』重要性不如以往」『自由時報』台湾2005年3月10日
  40. ^ 江雨航「李顯龍訪問台灣(下):星建構新戰略思維回應中國崛起」『亞洲時報在線中文版』2004年7月27日
  41. ^ 「敦邦計劃 動台菲星互訪 漢光演習元首後撤境外作戰?」中国事務論壇
  42. ^ 『中国時報』2003年8月24日付
  43. ^ 『漢和防務評論』2015年5月4日付
  44. ^ 「中国とシンガポール、初の海上合同演習を終了」中国網(日本語)
  45. ^ 環太平洋パートナーシップ(TPP)協定交渉 日本国外務省(2020年7月29日閲覧)
  46. ^ 『朝日新聞』朝刊2015年11月7日第13面「今日中台首脳会談 シンガポールで習氏「連帯」強調」
  47. ^ a b 水間 2013, pp. 32-36
  48. ^ Triennial Central Bank Survey of foreign exchange and OTC derivatives markets in 2016 Bank of International Settlements 2016年10月30日閲覧。
  49. ^ シンガポール共和国(Republic of Singapore)” (日本語). 外務省. 2020年8月30日閲覧。
  50. ^ 「1人あたりの国民総所得(GNI)の多い国」外務省
  51. ^ Global Cities Report Kearney 2020年5月13日閲覧。
  52. ^ The Global Competitiveness Report 2016–2017 World Economic Forum 2016年10月30日閲覧。
  53. ^ Key Household Income Trends, 2015 DEPARTMENT OF STATISTICS SINGAPORE 2016年4月7日閲覧。
  54. ^ 都民のくらしむき(東京都生計分析調査報告)東京都の統計 2014年7月7日閲覧。
  55. ^ a b シンガポール<海外通貨”. 文鉄・お札とコインの資料館. 2020年8月9日閲覧。
  56. ^ ブルネイ・ダルエスサラーム国概況 (pdf)”. JETRO (2020年6月30日). 2020年8月9日閲覧。
  57. ^ a b 野菜開発 テマセクが資金 シンガポールの投資会社/自給率向上へ一役 都市農業向け 独バイエルと組む」『日本経済新聞』朝刊2020年9月10日(国際・アジアBiz面)同日閲覧
  58. ^ (世界発2020)食料増産、急ぐシンガポール 9割以上輸入に依存、コロナで危機感『朝日新聞』2020年7月10日(国際面)2020年7月29日閲覧
  59. ^ http://www.todayonline.com/singapore/s18-billion-more-tax-revenue-collected-fy-iras
  60. ^ http://www.eoi-tax.org/jurisdictions/SG#latest
  61. ^ Unemployment”. Ministry of Manpower (2015年). 2015年12月25日閲覧。
  62. ^ Assistance”. Ministry of Social and Family Development (2014年10月26日). 2014年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月3日閲覧。
  63. ^ “The stingy nanny”. The Economist (London). (2009年10月16日). http://www.economist.com/node/15524092 
  64. ^ “Welfare in Singapore: Singapore government response”. The Economist (London). (2010年2月17日). http://www.economist.com/node/15541423 
  65. ^ https://www.spring.gov.sg/Resources/Documents/Corp_Marketing_Brochure_Eng.pdf
  66. ^ MasterCard Global Destination Cities Index 2012 (PDF)
  67. ^ Visit Singapore - Passion Made Possible”. シンガポール政府観光局 (2017年8月27日). 2019年8月16日閲覧。
  68. ^ Rennie Whang (2016年1月14日). “Tanjong Pagar Centre: New tallest building in Singapore after 20 years”. The Straits Times. https://www.straitstimes.com/business/tanjong-pagar-centre-new-tallest-building-in-singapore-after-20-years 
  69. ^ シンガポールは観光産業発展のため水と自然をテーマにした公園を建造 アセアンポータル(2015年4月6日)2015年6月20日閲覧
  70. ^ http://www.singaporeresortsentosa.com/location/admissiontosantosa-ja.html
  71. ^ シンガポール、コンテナ取扱量で上海に抜かれ2位
  72. ^ Bhavan JAIPRAGAS (2013年12月9日). “シンガポールで40年ぶり暴動、外国人労働者の事故死きっかけ”. AFPBB News. http://www.afpbb.com/articles/-/3004731 2015年1月4日閲覧。 
  73. ^ 吉村英輝 (2013年12月8日). “【鼓動】シンガポールで40年ぶりの暴動 リトルインディアが映す出稼ぎ労働者依存政策のひずみ”. 産経新聞. http://www.sankei.com/world/news/140126/wor1401260035-n1.html 2015年1月4日閲覧。 
  74. ^ “シンガポールで40年ぶり暴動、南アジア出身者27人を逮捕”. Reuters. (2013年12月9日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE9B802A20131209 2015年1月4日閲覧。 
  75. ^ Census of Population 2010” (2010年). 2011年2月19日閲覧。
  76. ^ シンガポール政府、偽ニュース対策法を野党に適用連発」『日本経済新聞』2019年12月26日
  77. ^ http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20070129i314.htm
  78. ^ Name Change After Marriage Singapore, Family Law Advocates, Sept 30, 2017.
  79. ^ 2015年、シンガポール独立50周年の特別祝日
  80. ^ http://www.shidaikyo.or.jp/newspaper/online/2486/5_0.html
  81. ^ http://www.channelnewsasia.com/news/singapore/ntu-emerges-second-in/2670072.html
  82. ^ http://www.bbc.com/news/business-32608772
  83. ^ http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2015/10/20151005_01.html
  84. ^ http://www.jas.org.sg/magazine/yomimono/shiro/ite/ite09Dec.htm



.sg

(.新加坡 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/29 16:49 UTC 版)

.sg国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、シンガポールに割り当てられている。登録は、認可登録機関を通して行われる。






「.sg」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.新加坡」の関連用語

.新加坡のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.新加坡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシンガポール (改訂履歴)、.sg (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS