.sxとは? わかりやすく解説

.sx

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/22 18:44 UTC 版)

.sxは、オランダシント・マールテンセント・マーチン島南部)に割り当てられている国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。現在SX Registry SA B.V.が管理している。




「.sx」の続きの解説一覧

SX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/03 09:46 UTC 版)

SX

  • NEC SX - 日本電気(NEC)のスーパーコンピュータ。
  • 98NOTE SX - NECのノートPC製品。型番ではNSと略されるが、主に386SXの機種ではこの名が併記されていた。
  • インテルマイクロプロセッサで、機能を削減した廉価版(後のCeleronに相当)およびそれ用の数値演算コプロセッサFPU)の一部製品名に使われた接尾辞。
    • 386SX - 80386 (386DX) の32ビット外部アクセスを16ビット(メモリアドレスは24ビット)に削減し、CPUソケットを廃して基板直付けにしたもの。
    • 486SX - 80486 (486DX) の内蔵FPUを無効化したもの。
      • 387SX・487SX - 上記386SX・486SX用の別売りの数値演算コプロセッサ製品。後者のダブルクロック版であるIntel SX2に対応する487SX2も用意された。
  • 山西省 (Shanxi) - 中国の省。
  • 静岡第一テレビ(SDT、だいいちテレビ)のコールサイン。 (JOSX-DTV)
  • スズキから販売されていたオートバイ
  • Ŝ - エスペラントの文字の代用表記。
  • スーパークロス (Supercross) - アメリカのオートバイレース。


SX(エスエックス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 14:51 UTC 版)

S〔エス〕—君と、彼女と、運命と」の記事における「SX(エスエックス)」の解説

Sシステムでの性交渉恋人同士がSで待ち合わせ性行為に及ぶこと。妊娠することもなく、S上で自作恋人とも出来るために、若者が最も熱を上げているとされている作中では、SX未経験の男子はS童貞呼ばれている。

※この「SX(エスエックス)」の解説は、「S〔エス〕—君と、彼女と、運命と」の解説の一部です。
「SX(エスエックス)」を含む「S〔エス〕—君と、彼女と、運命と」の記事については、「S〔エス〕—君と、彼女と、運命と」の概要を参照ください。


SX (2004年-2005年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/16 04:18 UTC 版)

フォード・テリトリー」の記事における「SX (2004年-2005年)」の解説

182kW(244hp)を発生するファルコン共通の直列6気筒4.0L DOHCBarraエンジンが、4速オートマチック組み合わされ2WD(後輪駆動)とAWD(四輪駆動)が用意された装備違いによりTXTSGhia3つグレードがあり、TXオプションTS以上に標準装備されたサイド・カーテンエアバッグとESCオーストラリア製の乗用車としては初め装備された。なおニュージーランド仕様外装細部等がオーストラリア仕様若干異なっている。

※この「SX (2004年-2005年)」の解説は、「フォード・テリトリー」の解説の一部です。
「SX (2004年-2005年)」を含む「フォード・テリトリー」の記事については、「フォード・テリトリー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「.sx」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「SX」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.sx」の関連用語

.sxのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.sxのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.sx (改訂履歴)、SX (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのS〔エス〕—君と、彼女と、運命と (改訂履歴)、フォード・テリトリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS