.pkとは?

プレイヤーキラー

【英】Player Killer, PK

プレイヤーキラーとは、MMORPGに代表される大人数参加してプレイするゲームにおいて、一方的に他のプレイヤーキャラクター攻撃するプレイヤーのことである。

プレイヤーキラーの攻撃行為指して「プレイヤーキリング」と呼ぶこともある。なお、もともとプレイヤー同士攻撃し合う趣旨ゲームでは、プレイヤーキラーという概念はない。

プレイヤーキラーは愉快犯や、他のプレイヤー所持アイテム所持金を奪うなどの目的で、他のプレイヤー攻撃することが多い。ゲームをよりリアルスリリングにする要素であると言えるが、攻撃される側は好むと好まざるとに関わらずプレイ阻害されるため迷惑行為とも映りユーザーによって捉え方異なる。

ゲーム運営者によっては、プレイヤーキラー行為を行ったプレイヤーにはペナルティを課したり、あるいはプレイヤーキラー行為が可能な場所を制限するなどして、同行為が無秩序行われないよう対策している場合もある。


ピルビン酸キナーゼ

同義/類義語:ピルベートキナーゼ
英訳・(英)同義/類義語:PK , pyruvate kinase, pyruvate kinase

解糖系ATP合成する酵素で、ホスホエノールピルビン酸ADPとから、ピルビン酸ATP生成する。

.pk

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/19 09:49 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
.pk
パキスタンの旗
施行 1992年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 PKNIC
後援組織 PKNIC
利用地域 パキスタンに関係する団体・個人
使用状況 パキスタンで盛んに使われている。
登録の制限 サブドメインによっては制限がある。
階層構造 登録はセカンドレベルドメインの下の第三レベルに行われる。2005年以降は、セカンドレベルへの登録も可能となった。
関連文書 Domain registration policy
方針 UDRP (amended)
ウェブサイト PK NIC
テンプレートを表示

.pk国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、パキスタンに割り当てられている。PKNICが運営を行う。

2005年から、.pkの下のセカンドレベルへの登録が可能となった。

セカンドレベルドメイン

  • .pk - 企業、個人、組織など、誰でも
  • .com.pk - 企業、個人、組織など、誰でも
  • .net.pk - ネットワーク関連企業とインターネットサービスプロバイダ
  • .edu.pk - 教育機関
  • .org.pk - 非営利組織
  • .fam.pk - 個人
  • .biz.pk - 企業一般
  • .web.pk - ウェブサイト
  • .gov.pk - パキスタン政府
  • .gob.pk - バローチスターン州政府
  • .gok.pk - アザド・カシミール政府
  • .gon.pk - 北西辺境州政府
  • .gop.pk - パンジャーブ州政府
  • .gos.pk - シンド州政府

外部リンク


PK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/13 08:49 UTC 版)

PK

pk





.pkと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.pk」の関連用語

.pkのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.pkのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリプレイヤーキラーの記事を利用しております。
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.pk (改訂履歴)、PK (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS