二つ名とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 二つ名の意味・解説 

二つ名


ふたつ‐な【二つ名】

読み方:ふたつな

本名以外の呼び方異名。別名。また、あだ名


通称

(二つ名 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 02:58 UTC 版)

通称(つうしょう)は、正式な名称ではないが、特定の人や物、事象に対する呼び名として世間一般において通用しているのことである。別名(べつめい)とも、俗称(ぞくしょう)ともいう。


注釈

  1. ^ たとえば、蓮舫の本名は「村田蓮舫」→「齊藤蓮舫」、扇千景の本名は「林寛子」、不破哲三の本名は「上田建二郎」、丸川珠代の本名は「大塚珠代」といった事例が挙げられる
  2. ^ 例えば、森田健作千葉県知事)の本名は「鈴木栄治」であるが、立候補時には通常通用している「森田健作」で、選挙長の認定を受けた上で立候補した。しかしながら、千葉県条例など法令の署名などは本名である「鈴木栄治」を使用している
  3. ^ 山手貨物線赤羽線東北本線(支線)を走る埼京線や、鹿児島本線筑豊本線篠栗線をまたいで走る福北ゆたか線など。

出典

  1. ^ 『ヤクザ大全』著・山平重樹幻冬舎アウトロー文庫)より。ISBN 4-87728-826-0
  2. ^ 二宮周平「氏名の自己決定権としての通称使用の権利」立命館法学 一九九五年三号(二四一号)
  3. ^ ○被保険者証の氏名表記について〔健康保険法〕”. 厚生労働省. 2019年3月12日閲覧。


「通称」の続きの解説一覧

二つ名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/04 07:11 UTC 版)

処女はお姉さまに恋してる」の記事における「二つ名」の解説

主に学院内で何かしらの活躍をした生徒与えられる称号基本的に尊称のようなものであり、生徒たち本人非公認名付ける為か、本人はその呼び名呼ばれることを望まないことが多い。普通は○○の君」と名付けられるが、千早の「白銀姫君のような名付け方もあれば、茉清の「王子」や雅楽乃の「御前のような特殊な二つ名もある。

※この「二つ名」の解説は、「処女はお姉さまに恋してる」の解説の一部です。
「二つ名」を含む「処女はお姉さまに恋してる」の記事については、「処女はお姉さまに恋してる」の概要を参照ください。


二つ名(ふたつな)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/12 13:45 UTC 版)

少年陰陽師の関連語句」の記事における「二つ名(ふたつな)」の解説

若き日晴明が、晴明自身の願い込めて闘将与えた名前。騰蛇勾陣青龍六合それぞれ紅蓮、慧斗、宵、彩煇という二つ名をもつ。こめられ願いそれぞれで、その身に宿る強大な通力振り回されることなくおだやかであれ、という共通の願いがある。ただし、勾陣六合の二つ名は、彼らの心の奥底潜む烈しさ戒める呪であるため晴明勾陣六合を二つ名で呼ぶことは稀である勾陣曰く真綿呪縛」。

※この「二つ名(ふたつな)」の解説は、「少年陰陽師の関連語句」の解説の一部です。
「二つ名(ふたつな)」を含む「少年陰陽師の関連語句」の記事については、「少年陰陽師の関連語句」の概要を参照ください。


二つ名(ふたつな)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 10:51 UTC 版)

ベン・トー」の記事における「二つ名(ふたつな)」の解説

の中で目立つ人につけられるあだ名実力のある人目立つため、二つ名がある=強いというイメージがあり、たいていの場合は強いと認められたに二つ名がつく。言動見た目争奪戦スタイルなどから付けられるが、稀に特別な事情より付けられる場合もある。作中出てくる二つ名の多くは、イギリス民話ギリシア神話モチーフとしている。ただし「二つ名」の扱いは「あだ名」よりも良く例として茶髪というあだ名を持つが「シーリーコートと言う二つ名を得るなど、ある程度分別はなされている。

※この「二つ名(ふたつな)」の解説は、「ベン・トー」の解説の一部です。
「二つ名(ふたつな)」を含む「ベン・トー」の記事については、「ベン・トー」の概要を参照ください。


二つ名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 19:01 UTC 版)

ウマ娘 プリティーダービー」の記事における「二つ名」の解説

育成中に一定の条件を満たすことで取得できる称号育成終了時取得したもののうち1つ殿堂入りウマ娘に付与することができる。また育成ウマ娘ごとに1つずつ固有の二つ名が実装されている

※この「二つ名」の解説は、「ウマ娘 プリティーダービー」の解説の一部です。
「二つ名」を含む「ウマ娘 プリティーダービー」の記事については、「ウマ娘 プリティーダービー」の概要を参照ください。


二つ名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/18 17:24 UTC 版)

彩雲国物語の用語」の記事における「二つ名」の解説

藍染の占者あいぞめせんじゃ) 縹璃化けていた占い師。薄い藍色に染めた頭巾付き外套纏い筮竹を持っていた。 紅男(あかお) 姜文仲紅黎深をたまにこう呼ぶ。 医神(いしん) 華娜のこと。詳細華 娜の項目を参照医仙(いせん) 棕庚のこと。詳細 棕庚の項目を参照医仙の寵児(いせんのいとしご華眞のこと。詳細華 眞の項目を参照一寸じぃさんいっすんじぃさん) リオウが羽羽に対してこう呼ぶ。 うーさま 羽羽のこと。背が低く、髭などの可愛らしフカフカ外見から女官達にこっそり呼ばれている。詳細は羽 羽の項目を参照お財布おさいふ其の一、其の茈 静蘭紅 邵可一家の為に金銭的援助をさせている人をこう呼ぶことがある其の一が藍 楸瑛其の二が 蘇芳タンタン)。 おじさん 紅黎深男装時の紅秀麗自身のことをこう呼ばせていた。これは「叔父さん」の意ではなく壮年男性という意味の「おじさん」である。黎深は未だ叔父名乗りを上げていないので、注意が必要詳細紅 黎深の項目を参照鬼姫 先代黒狼のこと。 怪人仮面男かいじんかめんおとこ) 翔琳、曜春が黄奇人をこう呼ぶ。詳細黄 奇人の項目を参照魁斗(かいと) “風の狼時代紅邵可呼び名詳細紅 邵可の項目を参照官吏殺し(かんりごろし) 陸清雅のこと。詳細は陸 清雅の項目を参照後に紅秀麗いわれる菊花君子(きっかくんし) 茶鴛洵のこと。「花」として贈られことから御史台長官の秘蔵っ子ぎょしだいちょうかんひぞうっこ) 陸清雅のこと。詳細は陸 清雅の項目を参照愚兄(ぐけい) 同腹の兄をこう呼ぶ。其の一は那、其の二は「月」、其の三は「花」其の四は藍楸瑛のこと。上3人三つ子孔雀男くじゃくおとこ) 紅秀麗をこう呼ぶことがある派手な装いから命名くそじじい 霄瑤璇のこと。特に紫 劉輝や宋 隼凱がこう呼ぶ。他に極悪じじいや狸じじい古狸呼ばれることがある九紋龍(くもんりゅう管飛翔のこと。 傾国琵琶姫けいこくのびわひめ)・姮娥秘蔵(こうがろうのひぞう) 百合姫の項目を参照紅花(こうか)・紅家直系長姫(こうけちょっけいちょうき) 紅秀麗のこと。紅家の姫という意味がある詳細紅 秀麗の項目を参照紅藍両家の大物こうらんりょうけおおもの紅黎深のこと。 克洵が当主就任後初の朝賀二人挨拶受けたことについて、鄭 悠舜紅 秀麗言った言葉秀麗は黎深の事は知らないので紅 玖のことだと思っている氷の長官(こおりのちょうかん) 紅黎深のこと。「怜悧冷徹冷酷非情な」という形容詞が付く。「長官」は吏部尚書であることを指す。詳細紅 黎深の項目を参照氷の理性(こおりのりせい) 紅邵可のこと。王のためなら愛娘危機であっても動かないという政治判断力。 心の友こころのとも親友をこう呼ぶ。其の一は紅秀麗其の二は杜影月アニメ中では、其の2.5陽月)、其の三は碧珀明のこと。 小鳩ちゃん(こばとちゃん) 来俊臣紅秀麗をこう呼ぶ。 こめつきバッタ 茈静蘭浪燕青をこう呼ぶことがある。主に照れ隠し使われるサル山の大将さるやまたいしょう那(三つ子)が紅黎深をこう呼ぶ。実際に紅家直系の者は紅山好かれる三太(さんた) 王慶張の幼名王商家の三男坊。詳細王 慶張の項目を参照茶州の禿鷹さしゅうはげたか茶州峯盧山に住む義賊先代頭目北斗。現頭目は翔琳、その手下に曜春(共に北斗養い子)。詳細北斗・翔琳・曜春の目を参照 詩仙(しせん) 茜子めい せんし)のこと。 十文字 髭吉(じゅうもんじ ひげきち)・十文字 元太郎じゅうもんじ もとひげたろう)・髭左(ひげざ) 棕庚が浪燕青をこう呼ぶ。髭面から勝手に命名。また髭左とも。髭を剃ったら十文字元太郎燕青はこの命名に、初めに髭を剃っておけば良かった本気で後悔した。 隼(しゅん) 司馬迅のこと。 小棍王しょうこんおう) “殺刃賊時代浪燕青呼び名詳細浪 燕青の項目を参照小旋風しょうせんぷう) “殺刃賊時代茈静蘭呼び名詳細は茈 静蘭の項目を参照小動物しょうどうぶつ碧珀明杜影月をこう呼ぶ。詳細杜 影月の項目を参照白百合しらゆり紅玉環のこと。戩曰く強いからこそ美しという意味先見の巫女せんけんのみこ) 予知力を持つ英姫のこと。 双花菖蒲そうかしょうぶ) 李絳攸藍楸瑛のこと。二人が王より花菖蒲与えられたことから詳細李 絳攸藍 楸瑛の項目を参照タンタン 蘇芳のこと。身に付けていた装飾品置物から、静蘭命名詳細 蘇芳の項目を参照タケノコ家人たけのこかじん) 蘇芳茈静蘭をこう呼ぶ。タケノコ投げつけられた経緯からであるが、秀麗その理由気づいていない。詳細は茈 静蘭の項目を参照血の覇王(ちのはおう)・殺戮覇王さつりくのはおう) 紫 戩の項目を参照鉄壁の理性てっぺきのりせい) 李絳攸のこと。公の場面で無表情崩さない様にしているが、上手の人間相手には仮面被らない詳細李 絳攸の項目を参照常春頭とこはるあたま) 李絳攸藍楸瑛をこう呼ぶことがある。特に女性関係奔放さ垣間見え時に使われるトドの背後霊(とどのはいごれい皇毅が凌晏このように称した秀麗おぼろげな記憶要約した言葉なので正しくはない)。 鶏頭(とりあたま) 欧陽玉管飛翔のことをこう呼ぶことがある。「陽玉」と呼ばれた時などに使われる何度言っても陽玉と言われることから三歩歩くと忘れるという例えたもの。詳細管 飛翔の項目を参照昏君(ばかとの) 紫劉輝のこと。詳細紫 劉輝の項目を参照洟垂れ小僧はなたれこぞう紅黎深が劉輝に対してこう呼ぶ。 琵琶姫(びわひめ) 紅玉環のこと。卓越した琵琶の腕からこう呼ばれた詳細紅 玉環の項目を参照碧 幽谷へき ゆうこく) 碧家至宝呼ばれる、ある天才画家雅号詳細は碧 歌の項目を参照ボウフラ将軍 縹珠翠藍楸瑛をこう呼ぶことがある後宮忍び込んで女官手を出すところから名づけられた。珠翠のところに女官苦情多発している(中には辞職する女官も出るほど)。 (ほたる) 司馬迅が十三に対して呼ぶ名。 水の貴族(みずのきぞく) 水族(川に現れる賊)の別名。 李姫(りき) 李絳攸の妻のこと。秀麗李姫となれということは絳攸の妻になれという意味である。尚、彩雲国夫婦別姓であり、絳攸と結婚して姓になる訳ではない寧ろ画策する紅玖琅は絳攸に紅姓へ改めさせるつもりでいる。 龍神りゅうじん神速水軍のこと。 龍笛賭博師りゅうてきとばくし) のこと。勝ったら必ず吹いていく「慰めの笛」から名がついた、負け知らずの名賭博師異名一度だけ胡蝶負けている。ただしイカサマ詳細の項目を参照若様わかさま秀麗が「淋千夜」を名乗っていた朔洵をこう呼んでいた。詳細 朔洵の項目を参照

※この「二つ名」の解説は、「彩雲国物語の用語」の解説の一部です。
「二つ名」を含む「彩雲国物語の用語」の記事については、「彩雲国物語の用語」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「二つ名」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「二つ名」の関連用語

二つ名のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



二つ名のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの通称 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの処女はお姉さまに恋してる (改訂履歴)、少年陰陽師の関連語句 (改訂履歴)、ベン・トー (改訂履歴)、ウマ娘 プリティーダービー (改訂履歴)、彩雲国物語の用語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS