カウントとは? わかりやすく解説

count

別表記:カウント

「count」とは、数を数える・計算する合計する~と見なす価値がある考慮する等を意味する英語表現である。

「count」とは・「count」の意味

「count」とは、人や物の個数を「数える」「合計する」「数に入れる」という意味のほか、「重要である」「価値がある」「(音楽の)拍子をとる」「(スポーツで)得点する」等の意味を持つ動詞である。「count」は、自動詞動作対象不要で、その動詞だけで意味を成す)、他動詞動作対象が必要で、単独では意味を成さない両方使い方が可能である。自動詞使用する場合、「数を数える」「重要である」「価値がある」「有効である」「(音楽の)拍子をとる」という意味になり、他動詞場合は、「数える」「合計する」「(~を数に入れる」「~を考慮する」「(~と)みなす」と訳される

マイクロソフト社が提供している表計算ソフトウェアMicrosoft excelマイクロソフト エクセル)」には関数という数式多数用意されており、そのひとつに「countif関数」がある。「countif関数」は、「count(数を数える)」と「if(もし~なら)」という意味のとおり、指定した範囲内で検索条件一致するセルマス目)の個数返す関数となっている。

「count」の複数形

「count」は、名詞としても使用されるその際の意味は、「数を数えること」「計算」「勘定」「論点」「総計」「(起訴状の)訴因」「(紡績糸太さを表す単位番手」などである。名詞「count」の複数形は、語尾に「s」を付けた形で「counts」となる。

「count」の発音・読み方

「count」の発音記号は「kaunt」で、カタカナ表記では「カウント」となる。表記通り「カウント」と発音する

「count」の活用変化一覧

「count」の活用変化一覧は、以下のようになる

原形:count
三人称単数現在形counts
過去形counted
過去分詞形:counted
現在分詞形:counting

「count」の語源・由来

「count」の語源は、ラテン語の「computo(計算する)」とされるその後古期フランス語「conter(加算する)」→アングロノルマン語(かつてイングランド用いられ言語)の「conter(数える)」→中世英語の「counten(数える)」に派生した考えられている。

「count」を含む英熟語・英語表現

「count」を含む英熟語英語表現には、以下のようなものがある。

count downカウントダウンする、(ロケット発射時などに)秒読みする、(日数などを)指折り数えて待つ
count out」(物やお金を)1つずつ数えて渡す、(在庫品を)数え分ける、~を頭数からはずす、除外する
make ~ count」~を最大限利用する
down for the count」(ボクシングで)ノックアウトされて、気を失って疲れ切って、(機械が)故障して
keep count of ~」~を数え続ける、~の数を覚えている

「one count of」とは


one count of」とは、「of」以下にくる名詞を「数えること」や「(野球ボクシングなどの)カウント」等を意味する「one」代わりに同様の意味を持つ「a」が使われることが多い。例文として、「Hold for a count of ten.10数えるまで動かないで。)」「He was down for a count of eight in the fifth round.(5回に倒されてカウントエイトまでいった。)」が挙げられる

「count on it」とは


動詞「count」を使用したイディオムcount on」は、「~を頼りにする」「~を当てにする」という意味を示す。「count on it」で、「任せておいて」と訳される

「count関数」とは

count関数」とは、前述の「countif関数」と同様「Microsoft excelマイクロソフト エクセル)」に搭載され関数である。「countif関数」が指定した範囲内条件一致するセル個数数えるのに対し、「count関数」は指定した範囲内数値入力されているセル個数数える。

「count」の使い方・例文

「count」の使い方例文には、以下のようなものがある。

She counted the petals of sunflower.
彼女はヒマワリ花びら数えた

Please count me in if you are going to lunch.
ランチに行くことになっているなら、私も数に入れておいて。

Experience doesn't count in this job.
この仕事では経験など重要でない

The painting counts as her masterpiece.
その絵は彼女の傑作みなされている。

He was charged on two counts.
彼は2件の訴因告発された。

カウント【count】

読み方:かうんと

[名](スル)

数をかぞえること。また、その数。「発売枚数を—する」

野球で、「ボールカウント」または「アウトカウント」の略。

プロボクシングで、選手ダウンしたとき、審判1から10までその秒数をかぞえること。

プロレスリングで、フォールされた選手両肩マットについたり、反則が行われたりしたときに、審判がその秒数をかぞえること。

放射線量単位の一。ガイガーミュラー計数管などによる計数。ふつう毎分計数(カウント数)で表し記号cpm用いる。


カウント[count]

拍を数えること。また、曲の頭でドラマーなどが出す合図のこと。例えば2小節分の長さなら2カウントダブルカウント)という。

カウント

平織りの布の2.54cm正方入っている織り糸(穴)の数。

カウント

開いた電チューアタッカーなどが閉じ条件のひとつで、1回開放における最高拾球数のこと(もうひとつ条件開放秒数)。当然、機種によって異なるが、デジパチアタッカー9カウント10カウントというのがほとんど。

カウント

読み方かうんと
【英】:Count

パッシング何回ごとにパスを出すかというリズムを指す言葉。カウントは右手と左手のどちらのスロー数えるので注意が必要。例え4カウントなら

パス左-右-左パス左-右-左パス-…

というように4回ごとにパスをだす。

4カウント4拍子リズム人間にとって最も心地よいものなので、このカウントをパッシング基本パターンにする事が多い。パスをするのは常に同じ手(たいていは右手)である。パッシングにおいて相手に対して投げスローをパススロー、自分投げスローセルフスローと呼ぶことがある4カウントパスをする右手だけに注目すると、パスセルフパスセルフ交互に投げていることが分かる

4カウントをさらに早くしたのが2カウント。これは一方の手が常に相手パスを出すパターンであり、シャワーという別名がある。非常に見栄えがするパッシングであるため上級者はこちらの方を基本パターンにするのを好むようである。

パッシングでは常に同じ手でパスをするのが普通でこの場合カウント数は偶数になるが、左右交互にパスを出すようなパッシングパターンではカウント数は奇数になる。左右バランスを取ると言う観点からは奇数カウントのパッシング練習するのが望ましい。但しやっている感覚はかなり気持ち悪い

1カウントは手にきた全ての物を相手パスするパッシングパターンである。究極パッシング(もうどんなに頑張ってこれ以上パスする事はできないと言う事でアルティミットUltimate)と呼ばれている。

いろいろなカウントのパッシング組み合わせたルーティーンとして3-3-104-4-8なども参照すると良い


カウント

名前 Count; Caunt

カウント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/12/06 16:16 UTC 版)

カウント (count)、カウンティング(counting)




「カウント」の続きの解説一覧

カウント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/11 14:14 UTC 版)

シュウォッチ」の記事における「カウント」の解説

指定した時間カウントダウンを行う。

※この「カウント」の解説は、「シュウォッチ」の解説の一部です。
「カウント」を含む「シュウォッチ」の記事については、「シュウォッチ」の概要を参照ください。


カウント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/10 04:39 UTC 版)

パチンコ用語の一覧」の記事における「カウント」の解説

開いた電チューアタッカーなどが閉じ条件の中の1つ1回開放した際の電チューアタッカーの最高拾球数のこと(もう1つ条件開放秒数)。当然、機種によって異なるが、デジパチタイプのアタッカー9カウントが多い。つまり9個パチンコ玉が入ると電チューアタッカー閉じてしまう。

※この「カウント」の解説は、「パチンコ用語の一覧」の解説の一部です。
「カウント」を含む「パチンコ用語の一覧」の記事については、「パチンコ用語の一覧」の概要を参照ください。


カウント(Count)(日本語音声:中村章吾)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 09:52 UTC 版)

エースコンバット7 スカイズ・アンノウン」の記事における「カウント(Count)(日本語音声中村章吾)」の解説

スペア2番機詐欺罪懲罰部隊送られた。後にトリガーと共に長距離戦略打撃群配属されサイクロプス2番機となる。ストーンヘンジ防衛戦損害受けたサイクロプス隊の欠番SP MISSIONを含む)や部隊再編成後はストライダー2番機となる。一人称「俺」だが、初登場時「僕」使っている。貴族家系生まれ自称しており通称は「伯爵」、パーソナルマーク羽根付いたシルクハットTACネームである英語の「Count」は「伯爵の意味である。444飛行隊ではSu-33、LRSSGではF-15C搭乗する

※この「カウント(Count)(日本語音声:中村章吾)」の解説は、「エースコンバット7 スカイズ・アンノウン」の解説の一部です。
「カウント(Count)(日本語音声:中村章吾)」を含む「エースコンバット7 スカイズ・アンノウン」の記事については、「エースコンバット7 スカイズ・アンノウン」の概要を参照ください。


カウント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/05 20:44 UTC 版)

エンドネシア」の記事における「カウント」の解説

エントランスゾーン入口付近に住んでいる元理科教師動物の観察が大好きでテント生活の傍らラッコやホタルアリの観察忙しい。温厚な人物だが礼儀作法には厳しい。

※この「カウント」の解説は、「エンドネシア」の解説の一部です。
「カウント」を含む「エンドネシア」の記事については、「エンドネシア」の概要を参照ください。


カウント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/02 15:06 UTC 版)

ベストバウトボクシング」の記事における「カウント」の解説

攻撃を喰らい続けるダウンする事があり、ダウンしたレバーボタン連打素早く起き上がる。カウント中はお互い体力ゲージ回復する

※この「カウント」の解説は、「ベストバウトボクシング」の解説の一部です。
「カウント」を含む「ベストバウトボクシング」の記事については、「ベストバウトボクシング」の概要を参照ください。


カウント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 00:38 UTC 版)

ボウリング」の記事における「カウント」の解説

1投目倒したピンの数のこと。対戦においてマークが同じ場合、カウント勝負となる。

※この「カウント」の解説は、「ボウリング」の解説の一部です。
「カウント」を含む「ボウリング」の記事については、「ボウリング」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「カウント」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

カウント

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 20:47 UTC 版)

名詞

カウント

  1. 数えること。
  2. スポーツなどで、得点数えること。また、その得点
  3. 野球で、ボールストライクの数。
  4. ボクシングプロレスリングで、ノックダウンフォール時に審判が秒数を数えること。

発音(?)

語源

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
カウント-する

「カウント」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「カウント」に関係したコラム

  • 株式の配当金や株主優待、新株を受け取るには

    株主は、その企業の経済的な利益を受け取る権利を持っています。その中でもよく知られているのが配当金、株主優待、新株です。配当金企業の利益をお金で受け取ることができます。配当金は、会社の利益を株主の出資比...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カウント」の関連用語

カウントのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カウントのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2024 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
日本ヴォーグ社日本ヴォーグ社
Copyright (c) NIHON VOGUE-SHA Co., Ltd. All Right Reserved
パチンコビレッジパチンコビレッジ
Copyright(C)pachinkovillage.Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Juggling DonutsJuggling Donuts
Copyright (C) 2024 by JugglingDonuts
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカウント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのシュウォッチ (改訂履歴)、パチンコ用語の一覧 (改訂履歴)、エースコンバット7 スカイズ・アンノウン (改訂履歴)、エンドネシア (改訂履歴)、ベストバウトボクシング (改訂履歴)、ボウリング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのカウント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS