と殺とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > と殺の意味・解説 

屠殺

(と殺 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/04 10:03 UTC 版)

屠殺(とさつ)または屠畜(とちく)(漢字制限され「と殺」や「と畜」とも)とは食肉皮革などにするため家畜など動物を殺すこと。「屠」は「ほふる」意。口蹄疫など伝染病が感染した家畜を殺すことを殺処分[1]と表現する。


  1. ^ 「殺して埋める」場合が多いが生き埋めする場合もある
  2. ^ 動物福祉と生産衛生を考慮した家畜の係留・追込みおよびと 畜についての指針”. 20220305閲覧。
  3. ^ 食鳥処理の事業の規制及び食鳥検査に関する法律”. 20220729閲覧。
  4. ^ 喜田貞吉. “「エタ」名義考”. www.aozora.gr.jp. 青空文庫. 2023年3月14日閲覧。
  5. ^ a b 日本国語大辞典〔第2版〕,はふり(祝)。
  6. ^ a b History of the HSA”. 20240423閲覧。
  7. ^ A Social History of the Slaughterhouse: From Inception to Contemporary Implications”. 20240423閲覧。
  8. ^ 牛のと畜・解体技術の改善について 令和3年3月 輸出用食肉処理技術等マニュアル作成委員会編”. 20240423閲覧。
  9. ^ 6. SLAUGHTERING PRACTICES AND TECHNIQUES”. 20240423閲覧。
  10. ^ ヘルムート・F・カプラン『死体の晩餐』同時代社、2005年。 
  11. ^ 長澤治子 編著 『食べ物と健康 食品学・食品機能学・食品加工学』医歯薬出版株式会社、2005年、pp.172-173、ISBN 4-263-70448-7
  12. ^ パキスタン・インドにおけるサッカーボールの生産と児童労働”. 20240229閲覧。
  13. ^ US poultry processing line speeds – controversy over bird welfare continues”. 20240328閲覧。
  14. ^ Stress in broilers resulting from shackling”. 20220305閲覧。
  15. ^ Council Regulation (EC) No 1099/2009 of 24 September 2009 on the protection of animals at the time of killing”. 20221225閲覧。
  16. ^ 動物の殺処分方法に関する指針”. 20221225閲覧。
  17. ^ “[https://edepot.wur.nl/8308 European Food Safety Authority- AHAW/04-027 “WELFARE ASPECTS OFANIMAL STUNNING AND KILLING METHODS”]”. 2020年10月20日閲覧。
  18. ^ Mead, G. (2004-06-01) (英語). Poultry Meat Processing and Quality. Elsevier. ISBN 978-1-85573-903-1. https://books.google.co.jp/books?id=MpGkAgAAQBAJ&pg=PA84&lpg=PA84&#v=onepage&q&f=false 
  19. ^ “[https://efsa.onlinelibrary.wiley.com/doi/pdf/10.2903/j.efsa.2012.2757 SCIENTIFIC OPINION Scientific Opinion on the electrical requirements for waterbath stunning equipment applicable for poultry1]”. 2020年10月20日閲覧。
  20. ^ EU Regulation Changes View on Stunning at Slaughter” (英語). www.thepoultrysite.com. 2020年10月20日閲覧。
  21. ^ Killing poultry Gaseous methods”. 20220305閲覧。
  22. ^ 海外情報 畜産の情報 2024年1月号 米国鶏肉産業の現状と消費者ニーズへの対応について”. 20221225閲覧。
  23. ^ アニマルウェルフェアや人権に配慮した食品の購入意向に関する国際比較”. 20221225閲覧。
  24. ^ 奥野尚志、鹿島哲、山澤伸二、斉藤啓吾「と畜場の繋留所における家畜の飲用水設備の設置状況」『日獣会誌』66, pp.875-880(2013)
  25. ^ 第193回国会(常会)畜産業におけるアニマルウェルフェアに関する質問主意書”. 20220305閲覧。
  26. ^ 新設及び改築等が行われると畜場の獣畜の飲用水設備の設置について”. 20220305閲覧。
  27. ^ 輸出食肉-各国の認定要綱を参照”. 厚生労働省. 20220305閲覧。
  28. ^ 第196回国会 予算委員会第六分科会 第1号(平成30年2月23日(金曜日))”. 20220305閲覧。
  29. ^ 2018年2月23日 (金) 予算委員会第六分科会”. 20220305閲覧。
  30. ^ 厚生労働省医薬・生活衛生局食品監視安全課長 食鳥処理場における鶏の保管状況に関する調査の結果について”. 2020年4月21日閲覧。
  31. ^ 令和2年度食肉検査等情報還元調査”. 20220305閲覧。
  32. ^ Chickens, turkeys being boiled alive as processing lines speed up”. 20220305閲覧。
  33. ^ "CHAPTER 7.5.SLAUGHTER OF ANIMALS Article 7.5.1.", Terrestrial Animal Health Code, World Organization for Animal Health.
  34. ^ a b アニマルウェルフェアに配慮した 輸出向け肉用牛取り扱い改善マニュアル 令和5年3月 公益財団法人日本食肉生産技術開発センター”. 20230718閲覧。
  35. ^ CT scan useful for inspecting poultry bone fractures”. 20240409閲覧。
  36. ^ 前間聡「と畜時のアニマルウェルフェア向上に係る新規則について農相理事会が政治的に合意(EU)」独立行政法人農畜産業振興機構、2009年6月25日。
  37. ^ COUNCIL REGULATION (EC) No 1099/2009 of 24 September 2009 on the protection of animals at the time of killing EUR-Lex
  38. ^ 「永遠の化学物質」に上限 2024年のスイスの食品法改正で変わるルール”. 20240214閲覧。
  39. ^ Twenty-Eight Hour Law”. 20220728閲覧。
  40. ^ STATE OF FLORIDINA COURT OF APPEALS DIVISION THREE Cr. No. 08-1028”. 20220728閲覧。
  41. ^ a b リポート アニマル・ウェルフェア - 米国における基準と適用”. 20230816閲覧。
  42. ^ a b 米国の食肉処理ロボット技術及び食肉処理施設 のアニマルウェルフェア法制度等調査報告書”. 20230831閲覧。
  43. ^ 勉強会資料I 「米国におけるアニマルウェルフェアの概要」社団法人 畜産技術協会 快適性に配慮した家畜の飼養管理に関する勉強会 平成18年度 勉強会
  44. ^ ホクレン、牛生体を中継輸送 北海道→関西→中国・四国・九州(動画あり)”. 20231026閲覧。
  45. ^ 77 回 OIE 総会レポート 2009 年 7 月 米国食肉輸出連合会 東京事務所”. 20150419時点のオリジナルよりアーカイブ。20240216閲覧。
  46. ^ 食肉検査等情報還元調査”. 20240216閲覧。
  47. ^ The Psychological Impact of Slaughterhouse Employment: A Systematic Literature Review”. 20220729閲覧。
  48. ^ 坂茂樹『封印漫画大全』三才ブックス、2009年、181頁。



「と殺」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「と殺」の関連用語

と殺のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



と殺のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの屠殺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS