残虐行為とは? わかりやすく解説

残虐行為

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/18 16:10 UTC 版)

クルックドビレットの戦い」の記事における「残虐行為」の解説

戦闘直後にイギリス軍ロイヤリスト部隊捕虜殺害し負傷兵に火を点けたなど残虐行為を犯したという報告出てきた。5月7日ワシントンはウィリアム・マクスウェル准将に、ハウ将軍報告できるようにこれらの噂の追及命じたバックス郡の治安判事アンドリュー・ロングは戦闘目撃したワッツ大佐地元住民4人の宣誓供述書取った地元住民サミュエル・ヘンリー、ウィリアム・ステイナー、トマス・クレイブン、サミュエル・アーウィンの4人だった。ワッツは「およそ人的でない野蛮な方法取り扱われ遺体見つけた」と報告し、「文明化された国で行使され中でも最も野蛮な行為そればかりではない、それに匹敵できないような残酷さ最大級行使において野蛮極致である」と語っていた。 レイシージョン・アームストロング少将提出した報告では、さらにその残虐行為に触れており、「イギリス軍無慈悲な手中落ちた不幸な者達の中には残酷に人間性もなく虐殺された者がいた。ある者はソバとともに火を点けられ、ある者はその着衣背中焼かれた。生存者のある者は、敵が負傷者がまだ生きているのに火を点けその者は火を消そうとしたが、苦悶の中で弱り衰弱していたと言っている。私はソバ中に横たわっている者を見た。彼らは大変物悲しげな様子をしていた。私が見た他の者は、銃弾負傷した後、短剣銃剣で1ダース近く傷を受けた現場人々がいたので、これらの残酷さ証明するために多くの証人見つけることができる。目撃者として来てくれる人が少なからずいる。」としていた。

※この「残虐行為」の解説は、「クルックドビレットの戦い」の解説の一部です。
「残虐行為」を含む「クルックドビレットの戦い」の記事については、「クルックドビレットの戦い」の概要を参照ください。


残虐行為

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/10 08:00 UTC 版)

バートリ・エルジェーベト」の記事における「残虐行為」の解説

オスマン帝国との戦争により夫が留守がちの中、エルジェーベト性別を問わず多くの愛人持ち贅を尽くすことと自らの美貌保つこと執着したというが、夫婦仲良かった1604年に夫が亡くなると、夫から贈与され彼女自身所有となっていたチェイテ城(英語版ハンガリー語版、スロバキア語版)(現在はスロバキア領)に居を移した召使に対する残虐行為は、夫の存命中から始まっていた(あるいは召使に対する折檻は夫から教えられた)と考えられているが、夫と死別後に一層エスカレートしたようである当初は領内農奴の娘を誘拐したりして惨殺していたが、やがて下級貴族の娘を「礼儀作法習わせる」と誘い出し、残虐行為は貴族の娘にも及ぶようになった。残虐行為は惨く歳若い娘を「鉄の処女」で殺しその血を浴びたり、拷問器具で指を切断し苦痛な表情を見て笑ったり使用人命じ娘の皮膚切り裂いたり、性器や膣を取り出し、それを見て興奮しだすなど、変態性欲者だったという。同様の行為行った人物として18世紀ロシア貴族ダリヤ・サルトゥイコヴァの名が挙げられる地元ルター派牧師告発により、役人達は薄々事態気付いていたが、バートリ家の名誉を考慮し内密にしていたようである。しかし貴族の娘に被害が及ぶうになると、ハンガリー王家(ハプスブルク家)でもこの事件噂され始め1610年監禁されていた娘の1人脱走したことにより、ついに捜査が行われることになった。城に入った役人達は、多くの残虐行為が行われた死体衰弱した若干生存者発見したまた、城のあちこちに多くの死体埋められていることも後に明らかになった。

※この「残虐行為」の解説は、「バートリ・エルジェーベト」の解説の一部です。
「残虐行為」を含む「バートリ・エルジェーベト」の記事については、「バートリ・エルジェーベト」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「残虐行為」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「残虐行為」の関連用語

残虐行為のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



残虐行為のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのクルックドビレットの戦い (改訂履歴)、バートリ・エルジェーベト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS