1610年とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 学問 > 近世年表 > 1610年の意味・解説 

慶長15年 (かのえいぬ 庚戌)

慶長15年
年(年号)
1590年 (天正18年) 家康江戸城に入る
1592年 (文禄元年) 文禄の役(〜1596)
1597年 (慶長2年) 慶長の役
1600年 (慶長5年) 関が原の戦い
1603年 (慶長8年) 江戸幕府開府
1604年 (慶長9年) 朱印船貿易始ま
1607年 (慶長12年) 第1回朝鮮通信使来る
1609年 (慶長14年) オランダ人に通許可
慶長15年
1612年 (慶長17年) 幕府直轄領禁教令
1612年 (慶長17年) 駿府銀座江戸に移す
1614年 (慶長19年) 大阪冬の陣
1615年 (元和元年) 大阪夏の陣
1617年 (元和3年) 日光東照宮社殿竣工
1617年 (元和3年) 吉原遊郭開設許可
1624年 (寛永元年) スペイン船の来航禁止
1629年 (寛永6年) 女舞女歌舞伎禁止


慶長15年
天海僧正 1536年1643年(天文5年寛永20年) 74
本多 正信 1538年1616年(天文7年元和2年) 72
徳川 家康 1542年1616年(天文11年元和2年) 68
織田 有楽斎 1547年1621年(天文16年元和7年) 63
藤堂 高虎 1556年1630年(弘治2年寛永7年) 54
Jan Joosten Van Londensteyn 1556年1623年(弘治2年元和9年) 54
大久保 (彦左衛門)忠教 1560年1639年(永禄3年寛永16年) 50
中井 正清 1565年1619年(永禄8年元和5年) 45
柳生 宗矩 1571年1646年(元亀2年正保3年) 39
沢庵 宗彭 1573年1645年(天正元年正保2年) 37
徳川 秀忠 1579年1632年(天正7年寛永9年) 31
春日 局 1579年1643年(天正7年寛永20年) 31
林 羅山 1583年1657年(天正11年明暦3年) 27
松平 信綱 1596年1662年(慶長元年寛文2年) 14才
狩野 探幽 1602年1672年(慶長7年寛文12年) 8才
徳川 家光 1604年1651年(慶長9年慶安4年) 6才
由井 正雪 1605年1651年(慶長10年慶安4年) 5才
徳川 和子 1607年1678年(慶長12年延宝6年) 3才

1610年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/07 09:58 UTC 版)

1610年(1610 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、金曜日から始まる平年






「1610年」の続きの解説一覧

1610年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 06:08 UTC 版)

1610年代」の記事における「1610年」の解説

詳細は「1610年」を参照 フランス国王アンリ4世暗殺され息子ルイ13世即位ポーランド軍モスクワ占領する(-1612年)。 竹中工務店創業

※この「1610年」の解説は、「1610年代」の解説の一部です。
「1610年」を含む「1610年代」の記事については、「1610年代」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1610年」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「1610年」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

1610年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1610年のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
江戸net江戸net
Copyright (C) 2022 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1610年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの1610年代 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS