柳生 宗矩とは? わかりやすく解説

やぎゅう‐むねのり〔やぎふ‐〕【柳生宗矩】

読み方:やぎゅうむねのり

[1571~1646]江戸初期剣術家大和の人。宗厳五男父とともに徳川家康仕え徳川秀忠新陰流伝授徳川家光信頼があつく、寛永9年(1632)総目付となり、諸大名監視当たった


柳生宗矩

作者津本陽

収載図書時代小説大全集 4 人物日本史 江戸
出版社新潮社
刊行年月1990.9
シリーズ名新潮文庫

収載図書柳生秘剣伝奇
出版社勉誠出版
刊行年月2002.12
シリーズ名べんせいライブラリー時代小説セレクション


柳生宗矩

作者大栗丹後

収載図書戦国武将まんだら秘本三十六人
出版社春陽堂書店
刊行年月1999.8
シリーズ名春陽文庫


柳生宗矩

作者濱昌宏

収載図書柳生街道の風
出版社文芸社
刊行年月2006.5


柳生宗矩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/06 15:33 UTC 版)

柳生 宗矩(やぎゅう むねのり)は、江戸時代初期の武将大名剣術家。徳川将軍家の兵法指南役。大和柳生藩初代藩主。剣術の面では将軍家御流儀としての柳生新陰流(江戸柳生)の地位を確立した。


注釈

  1. ^ ただし、柳生家が失領した時期については諸説あり、小田原征伐より後の文禄3年(1594年)に行われた太閤検地の際に、隠し田が露見した事によるものとする説もある[2]
  2. ^ 渡辺一郎「兵法家伝書」では出典を「徳川実紀」とするが記載がない。永岡慶之助「柳生の剣と武蔵の剣」では「安藤治右衛門家書」に出典があるとする。
  3. ^ 立花宗茂の計策により、宗矩の諫言に感じ入って直盛は自害したという説がある[8]
  4. ^ ただし、元々将軍や大名である人物が剣豪になった例(足利義輝北畠具教松浦清(静山)など)や、陪臣のため大名ではないが、宗矩以上の石高(1万3000石)を得ている富田重政などの例もある。
  5. ^ 寛永13年2月25日 小河九右衛門宛の沢庵書簡における宗矩について「上方よりの知音にて候。紫野(大徳寺)の昔から参徒にて、内縁ふかき人」とある。
  6. ^ 正確な日付は不明であるが、『徳川実紀』における沢庵推挙の由縁に従えば、寛永9年以前の事になる。
  7. ^ 寛永20年、正保2年とある[9]
  8. ^ ここでいう新陰流は宗矩が宗家の「江戸柳生」のことで、柳生利厳(兵庫助)の「尾張柳生」のことではない。
  9. ^ 「天下一柳生、天下二小野」という記述あり[13]。また石州流の伝承によると「剣は柳生、絵は狩野、茶は石州」と称されたという。
  10. ^ 正保3年3月20日の家光見舞いの件り。
  11. ^ 現存する家光の兵法誓紙に宗矩宛以外のものは確認できない。
  12. ^ 元は禅語。宗矩以前の新陰流では相手を存分に動かして斬る等の意味で用いられていた。
  13. ^ この事から「心法の江戸柳生」と称されることもある(対比として「刀法の尾張柳生」がある)。
  14. ^ 『兵法家伝書』において、宗矩はこれを「平常心」と称し、目指すべき理想の心理状態としている。
  15. ^ 宗矩と同時代の軍学者・儒学者で一刀流を学んだ経験もある山鹿素行は『山鹿随筆』の中で「柳生但馬(宗矩)は、自身は長年の下学(修練)の末に剣術の妙理を会得したが、自分の弟子には(下学を疎かにして)妙理を極めた心を教えようとしたので門人にさほどの上手がでなかった」と評している。また細川忠興(三斎)も意図は不明ながら「新陰は柳生殿よりあしく也申候」と批判している。
  16. ^ 「中将(島津光久)元来門弟トシテ入魂ニヨリ」と記述あり。
  17. ^ ただし久世広之が大名になるのは宗矩死後の慶安元年である。
  18. ^ 御三家筆頭・尾張徳川家がないのは、尾張徳川家剣術指南を尾張柳生家が務めており、江戸柳生家と尾張柳生家は師弟関係ではないためである。
  19. ^ この他、伊達家には宗矩の甥(利厳の弟)、柳生権右衛門も仕えている。
  20. ^ ただし起倒流の成立の歴史には諸説あり。
  21. ^ 荒木又右衛門の新陰流入門の誓紙は仇討ち後の寛永12年10月24日のものであり、宛先も戸波又兵衛になっている。
  22. ^ この人物については「渡辺幸庵対話」において述べた自らの経歴と、「徳川実紀」「寛政重修諸家譜」にある「渡辺茂」についての記述の間に矛盾が多く、そのため、宗矩の弟子という話も含め、経歴自体が偽証の可能性がある。詳細は渡辺幸庵の欄参照。
  23. ^ なお、この逸話は新渡戸稲造の『武士道』において、武士と禅の関係についての話として引用されている。
  24. ^ この時、宗矩に直接手紙を出して相談するなど、かなり上府を渋っていたという[20]
  25. ^ これについてはそういう風評があったというものであり、毛利家の記録によると、毛利秀就から進物を贈られた際、家光による倹約令もあって、これらを丁寧に断ったという記録がある[26]
  26. ^ 実際にはこのころには家政は既に亡くなっており、大和高取2万5000石に封じられたのは息子の植村家次である。
  27. ^ また福永酔剣『日本刀大百科事典』「正家」や佐藤寒山『新・日本名刀100選』などにも記載がない。
  28. ^ 武蔵が将軍家指南役に誘われた際、柳生の下になることを嫌って自ら断り、宗矩の側も特に武蔵を推挙しなかった、という話が享保12年(1727年)に書かれた『丹治峯均筆記』にある。
  29. ^ 二天一流内の伝承ではないが、寛政ごろの随筆集『異説まちまち』に記述あり。
  30. ^ なお、寛永10年(1633年)2月の家光による1,000石以下の小姓番書院番の番士全員への一律200石加増により、忠常の代に小野家は800石になっているため、加増がないということも史実に反している。
  31. ^ また別の説では家光の御前試合に参上するところが、家光の死によって沙汰止みとなったとされているが、その場合でも、既に宗矩は死去している。また、家光が死ぬ前の慰みとして、俗に「慶安御前試合」と称される兵法上覧が慶安4年(1651年)に開かれているが、ここの出場者の名に重明の名はない。
  32. ^ 一刀流内部の逸話で宗矩(及び柳生家)が引き合いに出されることが高いのは、同じ将軍家剣術指南役という地位にいるにも関わらず、家格・名声において圧倒的に差がつけられ、「天下一柳生流、天下二の一刀流」(「日本剣道史」)などと称されたことが影響していると言われている。
  33. ^ この誓紙とされるものが示現流史料館にある。
  34. ^ 『正傳新陰流』では新次郎厳勝にも所領を分けて継がせたとあるが、石高的に計算が合わなくなる上、その場合、厳勝も直参として名が残る筈であるが、そのような記述はない。また、その嫡男である利厳が加藤清正のところへ仕官するのは不自然である。
  35. ^ 永禄8年4月に上泉信綱より石舟斎に与えられた印可状。文中に「一流一通りの位、心持を一つ残さず伝授している、その事が偽りなく真実であることを神仏にかけて誓う、九箇まで伝授する事を許可する、上方には数百人の弟子はいるがこのような印可を与えるものは一国に一人である」とする旨が記載されており、信綱が石舟斎を唯一の正統と認め、他の門弟にも教えていない技法を伝授した証とされる。
  36. ^ 永禄8年8月に宝蔵院胤栄に与えられた印可状には「一流一通りの位、心持を一つ残さず伝授している、その事が偽りなく真実であることを神仏にかけて誓う、九箇まで伝授する事を許可する」と、「一国一人」にしか授けられていないはずの石舟斎の印可状とほぼ同様の内容が記されている。
  37. ^ 尾張柳生家にしか伝えられていないと考えられていた目録は全て、宗矩の長男三厳が著書『月の抄』の中であげた二百三十二項目中に含まれている[35]
  38. ^ 『本朝武芸小伝』では宗矩を宗厳の「嗣子」とし、利厳は宗厳の子(宗矩の弟)としている。
  39. ^ 『撃剣叢談』では宗厳を開祖とする「柳生流」の跡を「二代目但馬守宗矩」としており、利厳についての記述はない。
  40. ^ 「無刀」については吉川英治の小説『宮本武蔵』、それを原作とした漫画『バガボンド』などの様々な創作物の影響もあり、一種の悟りの境地、あるいは平和主義的な思想として捉えられる事もあるが、この伝書内で説かれている「無刀」は、「わが刀なき時、人にきられじとの無刀也」とある通り、“刀がない状態で危機に陥った際、如何に対処するべきか”という実用重視のものである。しかし反面、術だけを論じている訳でもなく、また、宗矩の父・石舟斎が自著「兵法百首」において『無刀にて きはまるならば 兵法者 こしのかたなは むよう成けり』と歌っていることも踏まえると、前述のイメージもまったく論拠のない創作という訳でもない。
  41. ^ それらの作品では“剣を権に変えた”“政を以って剣を歪めた”などと揶揄されることが多い。

出典

  1. ^ a b 今村 1967, p. 上66収録「玉栄拾遺(三)」
  2. ^ 今村 1994, p. 150.
  3. ^ a b 今村 1967, p. 上59収録「玉栄拾遺(二)」
  4. ^ 寛政重修諸家譜, p. 296.
  5. ^ 『東照宮御実紀付録』10巻
  6. ^ a b 徳川実紀, pp. 442–443
  7. ^ a b c 寛政重修諸家譜, p. 296
  8. ^ 『柳川史話(全)』P.348、古賀敏夫『立花宗茂』P.331
  9. ^ a b c d e 『玉栄拾遺』
  10. ^ 今村 1967, p. 上77収録「玉栄拾遺(三)」
  11. ^ 不動智神妙録
  12. ^ 本朝武芸小伝
  13. ^ a b c d 撃剣叢談
  14. ^ 徳川実紀』正保3年5月28日
  15. ^ 家光よりの追悼時従四位下贈位書より。
  16. ^ 『玉栄拾遺』[注釈 10]
  17. ^ 『昔飛衛といふ者あり』
  18. ^ 佐藤錬太郎『禅の思想と剣術』(日本武道館、2008年) P283。
  19. ^ 『玉栄拾遺』[注釈 16]
  20. ^ a b c d e f g h 『沢庵和尚書簡集』
  21. ^ 『兵法家伝書』小城藩(小城鍋島家)版
  22. ^ 『直能公御年譜』
  23. ^ 『細川忠興書状』
  24. ^ 宮城県酒造協同組合『宮城の酒づくりの歴史』
  25. ^ 『政宗公治家記録引証記』
  26. ^ a b 『公議所日乗』
  27. ^ 寛永16年12月20日細川忠利から忠興宛の書状
  28. ^ a b 『異説まちまち』
  29. ^ 『秘剣埋火』戸部新十郎著 徳間書店 1998年 p196-197
  30. ^ a b 『明良洪範』
  31. ^ 翁草
  32. ^ 其阿彌秀文 (2016年9月1日). “講談 演目:柳生宗矩の大坂夏の陣七人斬”. 三原正家. 2019年3月16日閲覧。
  33. ^ 剣豪とフルーツの里錦町[1]2020年1月10日閲覧
  34. ^ 笹間良彦『図説日本武道辞典』柏書房、2003年
  35. ^ 今村嘉雄『定本 大和柳生一族―新陰流の系譜―』(新人物往来社 、1994年2月1日)P182
  36. ^ 今村嘉雄『定本 大和柳生一族―新陰流の系譜―』(新人物往来社 、1994年2月1日)


「柳生宗矩」の続きの解説一覧

柳生宗矩(やぎゅう むねのり)/

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/03 09:22 UTC 版)

衛府の七忍」の記事における「柳生宗矩(やぎゅう むねのり)/」の解説

沖田総司編」に登場徳川家剣術指南役覇府剣士柳生新陰流剣術振るい活人剣を「手足をつめて首と胴を活かす」(=殺すことなく責め苛むことで自白引き出す)と称する武具名刀大天狗正家」や、天狗模した拡充具足など。

※この「柳生宗矩(やぎゅう むねのり)/」の解説は、「衛府の七忍」の解説の一部です。
「柳生宗矩(やぎゅう むねのり)/」を含む「衛府の七忍」の記事については、「衛府の七忍」の概要を参照ください。


柳生宗矩(やぎゅう むねのり)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/27 23:40 UTC 版)

猛き黄金の国 柳生宗矩」の記事における「柳生宗矩(やぎゅう むねのり)」の解説

本作主人公家光何度も諫言する76歳まで長寿保ち様々な激動乗り越えた剣術兵法指南役

※この「柳生宗矩(やぎゅう むねのり)」の解説は、「猛き黄金の国 柳生宗矩」の解説の一部です。
「柳生宗矩(やぎゅう むねのり)」を含む「猛き黄金の国 柳生宗矩」の記事については、「猛き黄金の国 柳生宗矩」の概要を参照ください。


柳生宗矩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 23:12 UTC 版)

真田十勇士 (柴田錬三郎・本宮ひろ志の漫画)」の記事における「柳生宗矩」の解説

家康頼りとしている家臣

※この「柳生宗矩」の解説は、「真田十勇士 (柴田錬三郎・本宮ひろ志の漫画)」の解説の一部です。
「柳生宗矩」を含む「真田十勇士 (柴田錬三郎・本宮ひろ志の漫画)」の記事については、「真田十勇士 (柴田錬三郎・本宮ひろ志の漫画)」の概要を参照ください。


柳生宗矩(やぎゅう むねのり)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 21:41 UTC 版)

甲賀忍法帖」の記事における「柳生宗矩(やぎゅう むねのり)」の解説

将軍家剣術指南役冒頭忍法上覧徳川家重臣の1人として立会い常識を超え忍者戦い驚愕する。

※この「柳生宗矩(やぎゅう むねのり)」の解説は、「甲賀忍法帖」の解説の一部です。
「柳生宗矩(やぎゅう むねのり)」を含む「甲賀忍法帖」の記事については、「甲賀忍法帖」の概要を参照ください。


柳生宗矩(やぎゅう むねのり)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 07:34 UTC 版)

「あずみ」の記事における「柳生宗矩(やぎゅう むねのり)」の解説

将軍剣法指南役2代将軍徳川秀忠参謀役として権勢を誇る。柳生新陰流実質的な支配者多くの弟子たち擁する

※この「柳生宗矩(やぎゅう むねのり)」の解説は、「あずみ」の解説の一部です。
「柳生宗矩(やぎゅう むねのり)」を含む「あずみ」の記事については、「あずみ」の概要を参照ください。


柳生宗矩(但馬守)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 01:31 UTC 版)

ガンリュウ」の記事における「柳生宗矩(但馬守)」の解説

江戸幕府兵法指南役他流剣術抹殺試み柳生忍軍を編成した張本人猜疑心強く息子にすら心を許していない。かつては剣士侍の違い誇りを持っているかどうかだ」と十兵衛に語るほどの高潔な人物だったが、権力の座着いてからは保身権力欲心を埋められており、十兵衛からも狭量さ指摘されている。

※この「柳生宗矩(但馬守)」の解説は、「ガンリュウ」の解説の一部です。
「柳生宗矩(但馬守)」を含む「ガンリュウ」の記事については、「ガンリュウ」の概要を参照ください。


柳生宗矩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 06:58 UTC 版)

へうげもの」の記事における「柳生宗矩」の解説

徳川家剣術指南役剣豪柳生石舟斎息子で、自身剣豪

※この「柳生宗矩」の解説は、「へうげもの」の解説の一部です。
「柳生宗矩」を含む「へうげもの」の記事については、「へうげもの」の概要を参照ください。


柳生宗矩(やぎゅう むねのり)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 04:25 UTC 版)

Y十M 〜柳生忍法帖〜」の記事における「柳生宗矩(やぎゅう むねのり)」の解説

十兵衛の父。元将軍家剣術師範であり、大目付という高官でもあった。1万2千石の大名にまでなり、異例の出世果たした剣客で、家光諫言できる立場にある。厳格な彼と十兵衛そりが合わないようである会津での決着時に付き従って登場したその側近衆も、十兵衛が自らより力量が上と認め剣客である。前作バジリスク 〜甲賀忍法帖〜』に続いて登場

※この「柳生宗矩(やぎゅう むねのり)」の解説は、「Y十M 〜柳生忍法帖〜」の解説の一部です。
「柳生宗矩(やぎゅう むねのり)」を含む「Y十M 〜柳生忍法帖〜」の記事については、「Y十M 〜柳生忍法帖〜」の概要を参照ください。


柳生宗矩(やぎゅう むねのり)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 03:43 UTC 版)

SAKON(左近) -戦国風雲録-」の記事における「柳生宗矩(やぎゅう むねのり)」の解説

柳生家総帥柳生名を上げるため徳川秀忠接近し左近首を取ることを目論む最初石田三成処刑場配下軍勢左近待ち伏せしていたが、失敗その後関ヶ原左近世良田次郎三郎との邂逅柳生忍び差し向けるが、左近の力、次郎三郎家康並の威光により戦意喪失撤退追い込まれる

※この「柳生宗矩(やぎゅう むねのり)」の解説は、「SAKON(左近) -戦国風雲録-」の解説の一部です。
「柳生宗矩(やぎゅう むねのり)」を含む「SAKON(左近) -戦国風雲録-」の記事については、「SAKON(左近) -戦国風雲録-」の概要を参照ください。


柳生宗矩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/13 13:55 UTC 版)

江戸もの」の記事における「柳生宗矩」の解説

無条件で仲間になる剣の達人だが能力はあまり高くない

※この「柳生宗矩」の解説は、「江戸もの」の解説の一部です。
「柳生宗矩」を含む「江戸もの」の記事については、「江戸もの」の概要を参照ください。


柳生宗矩(登場シリーズ:『3』)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 08:07 UTC 版)

剣豪 (元気のゲームソフト)」の記事における「柳生宗矩(登場シリーズ:『3』)」の解説

柳生新陰流剣豪十兵衛の父、兵庫助叔父将軍家指南役一人

※この「柳生宗矩(登場シリーズ:『3』)」の解説は、「剣豪 (元気のゲームソフト)」の解説の一部です。
「柳生宗矩(登場シリーズ:『3』)」を含む「剣豪 (元気のゲームソフト)」の記事については、「剣豪 (元気のゲームソフト)」の概要を参照ください。


柳生宗矩(やぎゅう むねのり)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 00:25 UTC 版)

テンカイチ 日本最強武芸者決定戦」の記事における「柳生宗矩(やぎゅう むねのり)」の解説

柳生新陰流使い手異名は「剣術無双」。「剣聖」と呼ばれた柳生石舟斎を父に持つ生まれながらの武人で、その父親に勝るとも言われる実力を持つ。また織田家兵法指南役勤めている。後援者は織信忠

※この「柳生宗矩(やぎゅう むねのり)」の解説は、「テンカイチ 日本最強武芸者決定戦」の解説の一部です。
「柳生宗矩(やぎゅう むねのり)」を含む「テンカイチ 日本最強武芸者決定戦」の記事については、「テンカイチ 日本最強武芸者決定戦」の概要を参照ください。


柳生宗矩(やぎゅう むねのり)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 16:53 UTC 版)

バガボンド」の記事における「柳生宗矩(やぎゅう むねのり)」の解説

石舟斎が五男

※この「柳生宗矩(やぎゅう むねのり)」の解説は、「バガボンド」の解説の一部です。
「柳生宗矩(やぎゅう むねのり)」を含む「バガボンド」の記事については、「バガボンド」の概要を参照ください。


柳生宗矩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/17 08:46 UTC 版)

忍法十番勝負」の記事における「柳生宗矩」の解説

江戸幕府将軍剣術指南役本作では柳生又右衛門尉宗矩と名乗る柳生忍群を率いて絵図面奪取を狙うが、剣士として戦いたい思いから部下手を借りず戦うこと決意

※この「柳生宗矩」の解説は、「忍法十番勝負」の解説の一部です。
「柳生宗矩」を含む「忍法十番勝負」の記事については、「忍法十番勝負」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「柳生 宗矩」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



柳生 宗矩と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「柳生 宗矩」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



柳生 宗矩のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの柳生宗矩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの衛府の七忍 (改訂履歴)、猛き黄金の国 柳生宗矩 (改訂履歴)、真田十勇士 (柴田錬三郎・本宮ひろ志の漫画) (改訂履歴)、甲賀忍法帖 (改訂履歴)、あずみ (改訂履歴)、ガンリュウ (改訂履歴)、へうげもの (改訂履歴)、Y十M 〜柳生忍法帖〜 (改訂履歴)、SAKON(左近) -戦国風雲録- (改訂履歴)、江戸もの (改訂履歴)、剣豪 (元気のゲームソフト) (改訂履歴)、テンカイチ 日本最強武芸者決定戦 (改訂履歴)、バガボンド (改訂履歴)、忍法十番勝負 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS