葉隠とは?

はがくれ 【葉隠】


葉隠(はがくれ)

葉隠武士」「葉隠精神」等の名称はよく聞かされているが葉隠という語源定かでない。私は西行の『山家集』の中にある次の歌がその語流でないかと思っている。葉隠れ木の葉がくれの雑談であり今でいう縁陰閑話だという学者の説もあるが、私はこれ程のものがさしたる信念もなしに名づけられるものではないと思う。

葉隠れ散りとどまれる花のみぞ、しのびし人に逢う心地する」(西行)
これは「武士道とは死ぬことと見つけたり」という葉隠精神とは逆行するように思う人があるかもしれないが「葉隠れ散りとどまれる花」忠誠真の武士道があり「しのびし人」に耐え忍ぶ本当の葉隠精神があるように思う。

葉隠とは死に急ぎ哲学のように思われているが、葉隠の「死」とはただ自己の生命を断つことでなしに己を捨てて義を立て精神徹することであり何としても生き抜いて義を尽くすことがその本義である。葉隠の冒頭に「山の奥よりも土の下よりも、生々世々御家守護する心こそ鍋島侍の覚悟であり我等真髄である」と書いてあるように、御家守り君に忠を尽すことがその第一義である。

国を思い、君を案ずるならば軽々しく死に急いでならないし、七生までも生まれ変わってその目的を果たす覚悟なければならない
葉隠でいう「武士道朝な夕な死に習いということはいかなる些事に関して死力尽して当れという心構えの程を教えたものである。葉隠精神今の世大きく謳歌されるゆえんのものもまたここにその素因があるのではあるまいか。最近世相は国もなければ道もない。自分を守るためにはすべての物を犠牲にしてもかまわないという保身の術であり、延命哲学に墜している。

かかる混迷世代においてこそ「正義の旗手をもって任ずる剣道家すべからく葉隠の精神を体し「世直し運動」の先兵として活躍なければならない。それが剣道人の使命であり責任である。

葉隠

読み方:ハガクレhagakure

分野 教訓

年代 江戸中期

作者 田代陣基〔編〕


葉隠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/16 16:05 UTC 版)

葉隠』(はがくれ)は、江戸時代中期(1716年ごろ)に書かれた書物。肥前国佐賀鍋島藩士・山本常朝武士としての心得を口述し、それを同藩士田代陣基(つらもと)が筆録しまとめた。全11巻。葉可久礼とも。『葉隠聞書』ともいう。


  1. ^ モーリス・パンゲ著 竹内信夫訳『自死の日本史』ちくま学芸文庫 304p~
  2. ^ 戒名「高伝寺殿日峯宗智大居士」から直茂を「日峯様」と呼ぶ。
  3. ^ 長矩の切腹は元禄14年3月14日(西暦1701年4月21日)、浪士達が義央を討ったのは元禄15年12月14日1703年1月30日)で、1年9ヶ月を要した。


「葉隠」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「葉隠」の関連用語

葉隠のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



葉隠のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
たのもうや@武道具店たのもうや@武道具店
Copyright(c)2020 SHOJI Martial Arts Equipments Shop All rights reserved.
たのもうや@武道具店剣道用語辞典
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの葉隠 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS