聞書とは?

きき‐がき【聞(き)書(き)】

[名](スル)

人から聞いてその内容を書きとめること。また、そのようにして書いたもの。「民話を聞き書きする」

叙位任官理由などを書いた文書

「源以仁、頼政法師父子追討の賞とぞ—にはありける」〈平家・四〉


きき‐しょ【聞書】

〔名〕 香道で、組香組み方、つまり香木香包用意仕方と、香の(た)き方、連衆答え方、記録取り方などを説明した書。


もん‐じょ【聞書】

〔名〕 =ききがき(聞書)③

*金刀比羅本保元(1220頃か)上「聞書(モンショ)には、『〈略〉』とぞ記されける」


きき‐がき【聞書】

〔名〕

① 人の話を聞きながらその内容を書きとめておくこと。また、そうして書いたもの

申楽談儀(1430)序「位のぼらば自然に悟るべき事とうけ給はれば、聞がきにも及ばず

仮名草子浮世物語(1665頃)四「野夫(やぶ)医者ありけるが〈略〉只聞書ばかりに療治をする」

記録一種直接、または間接に人から聞いたもの書きしるした文書記録

申楽談儀(1430)別本聞書「是より末は聞書の外題にて」

叙位任官結果その事由について書きつけたもの。

中右記元永二年(1119)一一二八日「今朝見聞之処、三位中将有仁任権中納言

高野平家13C前)四「源茂仁、頼政法師父子追討の賞とぞ除書(キキガキ)にはありける


聞書

読み方:キキガキ(kikigaki)

(1)伝聞などを書留めたもの。
(2)除目理由書きつけ文書



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「聞書」の関連用語

聞書のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



聞書のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS