頼政とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 能面図鑑 > 頼政の意味・解説 

よりまさ 【頼政】

能の一。二番目物世阿弥作。宇治の里を訪れた僧を名所案内した老翁は、実は源三位頼政の霊であった。頼政の姿に戻って現れた霊は、奮戦の様を見せ、僧に回向所望して消える。

頼政 Yorimasa

頼政 Yorimasa 頼政の専用面: 源三位頼政亡霊 源氏再興謀反起こし老将。 眼には恨みを表す金が入り血管浮き無念思い表現されている。
使用曲目:『頼政』

頼政

読み方:ヨリマサyorimasa

初演 万治3.10(江戸日向太夫座)


頼政

読み方:ヨリマサyorimasa

初演 元禄12.11(江戸山村座)


頼政

読み方:ヨリマサyorimasa

分野 謡曲

年代 室町前期

作者 世阿弥


頼政

読み方
頼政よりまさ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「頼政」の関連用語

頼政のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



頼政のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
大槻能楽堂大槻能楽堂
copyright(c) 2019 The Ohtsuki Noh Theatre Foundation All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2019 Weblio RSS