立花直次とは?

立花直次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/06 02:22 UTC 版)

立花 直次(たちばな なおつぐ)は、安土桃山時代武将大名江戸時代前期の旗本


  1. ^ 中野等『立花宗茂』(吉川弘文館、2001年)4頁。中野等、穴井綾香『柳川の歴史4・近世大名立花家』80頁。
  2. ^ 下記寛政重修諸家譜。
  3. ^ 『續群書類従卷第六百四十七 高橋記』の紹運公御緣邊之事では「鎮実御妹」としている。
  4. ^ 大友・松野・吉弘氏関係略系図によれば義乗の室は紹運女で宗茂と直次の妹・退清院殿梅月春光に当たる人物とされて義政と義親の母と明記し、義政の改名は貞勝と記載されている。
  5. ^ a b c 矢野 1927, p.379
  6. ^ 家老薦野増時(立花三河守)の子で、もとは薦野吉右衛門を名乗る。
  7. ^ 別名は鎮貞。もとは問注所三右衛門 。
  8. ^ 吉永正春 『筑前戦国史』 葦書房、1977年、295-296頁。 ASIN B000J8REN4
  9. ^ 萩尾大学の娘・松尾殿が産んだという男児(庶子)。新宮高橋氏の祖[8]
  10. ^ 筑紫広門の子・岡掃部入道道甫は江戸時代で岡氏と改める、彼の姉・養福院と加袮は同一人物。
  11. ^ 母方の従兄弟にあたる。
  12. ^ 矢野 1927, p.380
  13. ^ 道白は戒名(法号)。
  14. ^ 原文は「世間に大剛なる者、主膳程の者、之あるまじく候」。『浅川聞書』による
  15. ^ 直次-忠茂-呂久姫(黒田綱政正室)-黒田吉之圭光院黒田継高正室)-相良長寛相良頼徳相良頼之池田章政池田詮政-博子(細川護立夫人)-細川護貞-細川護熙


「立花直次」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「立花直次」の関連用語

立花直次のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



立花直次のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの立花直次 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS