徳川 和子とは? わかりやすく解説

徳川 和子 (とくがわ かずこ)

1607〜1678 (慶長12年延宝6年)
天皇中宮徳川家康の孫として天皇家入内幕府朝廷献身的に繋いだ
後水尾天皇中宮院号東福院門。二代将軍秀忠の8女。政治上経済上重要な京都との関係の緊密化のため、1620年14歳入内し、興子内親王明正天皇)らを生んだ1624年中宮1629年院号を受け、朝幕関係の円滑化貢献した入内後は一度も江戸には帰らなかった。

 年(和暦)
1607年 (慶長12年) 第1回朝鮮通信使来る 0才
1609年 (慶長14年) オランダ人に通許可 2才
1612年 (慶長17年) 幕府直轄領禁教令 5才
1612年 (慶長17年) 駿府銀座江戸に移す 5才
1614年 (慶長19年) 大阪冬の陣 7才
1615年 (元和元年) 大阪夏の陣 8才
1617年 (元和3年) 日光東照宮社殿竣工 10
1617年 (元和3年) 吉原遊郭開設許可 10
1624年 (寛永元年) スペイン船の来航禁止 17才
1629年 (寛永6年) 女舞女歌舞伎禁止 22才
1637年 (寛永14年) 島原の乱 30
1639年 (寛永16年) ポルトガル船の来航禁止 32
1641年 (寛永18年) 平戸商館長崎出島に移す 34
1643年 (寛永20年) 田畑永代売買禁止令 36
1651年 (慶安4年) 慶安の御触書公布 44
1659年 (万治2年) 江戸城本丸造営竣工 52
1663年 (寛文3年) 武家諸法度改定 56


狩野 探幽 1602年1672年 (慶長7年寛文12年) +5
徳川 家光 1604年1651年 (慶長9年慶安4年) +3
由井 正雪 1605年1651年 (慶長10年慶安4年) +2
保科 正之 1611年1672年 (慶長16年寛文12年) -4

徳川和子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 17:49 UTC 版)

徳川 和子(とくがわ まさこ、1607年11月23日慶長12年10月4日〉 - 1678年8月2日延宝6年6月15日〉)は、日本の第108代天皇後水尾天皇皇后中宮)。明正天皇の生母。徳川秀忠の娘(五女)で、徳川家康の内孫。女院号は東福門院(とうふくもんいん)。


  1. ^ 『ビジュアル日本史ヒロイン1000人』180頁
  2. ^ なお上杉景勝側室四辻氏は、与津子・季継・嗣良らの姉妹である。
  3. ^ 熊倉功夫『後水尾天皇』中公文庫 ISBN 978-4122054042、73p
  4. ^ この男二宮は誕生直後に江戸幕府の意向によって八条宮家に養子に出されて皇位継承から除かれ、八条宮家の皇子として葬られた。当時、紫衣事件を巡って後水尾天皇の譲位がささやかれ、幕府としては徳川の血を引く天皇の即位を断念してでも、天皇の譲位による朝幕関係の悪化を防止する必要に迫られていた。だが、最終的に天皇は内親王への譲位という強硬策に出ることになる(野村玄『日本近世国家の確立と天皇』(清文堂、2006年) ISBN 978-4-7924-0610-3 P156-167)。
  5. ^ 中宮源和子の東福門院院号宣旨(「孝亮宿禰記」)
    左中辨藤原朝臣俊克傳宣
    權大納言藤原朝臣公益宣
    奉 勅以母中宮宜爲東福門院者
    寛永六年十一月九日 主殿頭兼左大史小槻宿禰孝亮奉
    (訓読文) 左中弁藤原朝臣俊克(坊城俊克)伝へ宣(の)り、権大納言藤原朝臣公益(西園寺公益)宣(の)る、勅(みことのり)を奉(うけたまは)るに、母中宮(徳川和子)を以て、宜しく東福門院に為すべし者(てへり)、寛永6年11月9日 主殿頭兼左大史小槻宿禰孝亮(壬生孝亮)奉る
  6. ^ 雁金屋の代々当主である尾形家はもとは浅井家の縁戚であり、崇源院の乳母・民部卿局の実家とされる。和子は自分や娘、女官達の着物を自ら図案を考案した上、雁金屋に大量に注文した。その注文書は『雁金屋関係史料』といわれ、現在大阪市立美術館川島織物が所蔵している。費用は1着:500とされ、当時の大奥で定められた最高額(1着:銀300匁)を遙かに越える物であった。年間5千両以上に及ぶその費用は、和子の入内に引け目のあった幕府が負担した。この出費は上方町人を豊かにし、後の元禄文化の流行の元となったとされるが、江戸時代中期以降、幕府が困窮するきっかけともなった。京都国立博物館 編『花洛のモード きものの時代 Kyoto style Trends in 16th‐19th century kimono』(思文閣出版2001年ISBN 4-7842-1072-5 を参照。
  7. ^ 淡交社『名物裂』(淡交別冊35号)を参照。


「徳川和子」の続きの解説一覧

「徳川 和子」の例文・使い方・用例・文例




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

徳川 和子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



徳川 和子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
江戸net江戸net
Copyright (C) 2022 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの徳川和子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS