徳川 家茂とは? わかりやすく解説

とくがわ‐いえもち〔トクがはいへもち〕【徳川家茂】


徳川家茂

読み方とくがわ いえもち

江戸幕府十四代将軍。和歌山藩主斉順の第二子初名慶福。前藩主斉彊の後を承けて封を襲ぎ、のち将軍家定の継嗣となり、名を家茂改める。正二位權大納言任ぜられ、内大臣征夷大将軍宣下された。慶応2年(1866)歿、21才。

徳川 家茂 (とくがわ いえもち)

1846〜1866 (弘化3年慶応2年)
十四代将軍】 十四代将軍。公武合体将軍上洛虚しく幕府崩壊が迫る。
14代将軍(在職1858〜66)。紀州藩主徳川斉順長男初め慶福4歳紀州藩主となる。一橋慶喜とともに将軍世継ぎ候補となり、慶福推す井伊直弼大老に就くと、13歳将軍に就任、家茂改名した公武合体のため、皇妹和宮結婚朝廷攘夷実施求めにより、歴史的な上洛敢行した。第2次長州征討のとき、内政外交混迷する中、大坂城21歳短い生涯を病に終えた

 年(和暦)
1853年 (嘉永6年) 黒船来航 7才
1855年 (安政2年) 安政江戸地震 9才
1858年 (安政5年) 安政の大獄 12
1860年 (万延元年) 桜田門外の変 14才
1862年 (文久2年) 生麦事件 16才
1863年 (文久3年) 薩英戦争 17才


渋沢 栄一 1840年1931年 (天保11年昭和6年) +6
Morel E. 1841年1871年 (天保12年明治4年) +5
沼間 守一 1843年1890年 (天保14年明治23年) +3
Griffis William Eliot 1843年1928年 (天保14年昭和3年) +3
尾上 菊五郎(五世) 1844年1903年 (弘化元年明治36年) +2
沖田 総司 1844年1868年 (弘化元年明治元年) +2
Balz E. 1849年1913年 (嘉永2年大正2年) -3
星 亨 1850年1901年 (嘉永3年明治34年) -4
小泉 八雲 1850年1904年 (嘉永3年明治37年) -4
Conder J. J. 1852年1920年 (嘉永5年大正9年) -6
Eckeert Franz Von 1852年1916年 (嘉永5年大正5年) -6
島田 三郎 1852年1923年 (嘉永5年大正12年) -6
高村 光雲 1852年1934年 (嘉永5年昭和9年) -6
明治天皇 1852年1912年 (嘉永5年大正元年) -6

徳川家茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/22 08:51 UTC 版)

徳川 家茂(とくがわ いえもち、弘化3年閏5月24日1846年7月17日〉- 慶応2年7月20日1866年8月29日〉)は、江戸幕府第14代将軍(在任:1859年 - 1866年)。初めは第12代将軍・徳川家慶偏諱を受け、慶福(よしとみ)と名乗っていた。


注釈

  1. ^ 早世した兄がいたため次男とみなされることもある。
  2. ^ 当時慶福よりも血筋が近い者として家定の叔父にあたる美作津山藩松平斉民と阿波徳島藩蜂須賀斉裕がいたが、徳川家を出て他家の養子となっていたためどちらも将軍後継者としてみなされなかった。皮肉なことに、この両者とも家茂より長生きし、実子を儲けている。
  3. ^ 慶頼も大老・井伊直弼の傀儡であったといわれる。
  4. ^ 慶喜の伯父にあたる徳川斉脩の正室は家茂の父である徳川斉順の同母姉、峯姫
  5. ^ ただしこの写真に関しては、和宮のかつての婚約者であった有栖川宮熾仁親王の写真だったとする異説もある。

出典

  1. ^ 『和歌山市史』
  2. ^ 小山誉城「紀州徳川家の参勤交代」 『徳川将軍家と紀伊徳川家』精文堂出版、2011年。 
  3. ^ 河内八郎「和宮降嫁」 『日本大百科全書』小学館。 
  4. ^ 山口和夫「近世の朝廷・幕府体制と天皇・院・摂家」(初出:大津透 編『史学会シンポジウム叢書 王権を考える-前近代日本の天皇と権力-』(山川出版社、2006年)/所収:山口『近世日本政治史と朝廷』(吉川弘文館、2017年) ISBN 978-4-642-03480-7) 2017年、P264・272
  5. ^ 海上安全万代寿 - 早稲田大学図書館
  6. ^ 徳川恒孝監修 著、徳川記念財団 編 『徳川家茂とその時代 ─若き将軍の生涯─』江戸東京博物館、2007年。 
  7. ^ 篠田達明 『徳川将軍家十五代のカルテ』〈新潮新書〉2005年5月。ISBN 978-4-10-610119-9 
  8. ^ “大河ドラマ「青天を衝け」に磯村勇斗、深川麻衣、中島歩、板垣李光人ら17名出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2021年1月26日). https://natalie.mu/eiga/news/413849 2021年1月26日閲覧。 


「徳川家茂」の続きの解説一覧

徳川 家茂(とくがわ いえもち)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/18 14:10 UTC 版)

あかね色の風 -新撰組血風記録-」の記事における「徳川 家茂(とくがわ いえもち)」の解説

徳川幕府十四代将軍。高杉らの暗殺標的となるも、新選組の影ながらの活躍により暗殺計画失敗終わり代わりに高杉飛ばしたヤジ驚き慄く

※この「徳川 家茂(とくがわ いえもち)」の解説は、「あかね色の風 -新撰組血風記録-」の解説の一部です。
「徳川 家茂(とくがわ いえもち)」を含む「あかね色の風 -新撰組血風記録-」の記事については、「あかね色の風 -新撰組血風記録-」の概要を参照ください。


徳川家茂(とくがわ いえもち)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/24 18:13 UTC 版)

SIDOOH/士道」の記事における「徳川家茂(とくがわ いえもち)」の解説

江戸幕府第14代征夷大将軍長髪菓子好き。家茂はわずか20年生涯であったが、幕末の動乱期の中をその若さ潜り抜けていることは高く評価されている。勝海舟からは、「若さゆえに時代翻弄されたが、もう少し長く生きていれば英邁な君主として名を残したかもしれない武勇にも優れていた人物であった」と評価されている。

※この「徳川家茂(とくがわ いえもち)」の解説は、「SIDOOH/士道」の解説の一部です。
「徳川家茂(とくがわ いえもち)」を含む「SIDOOH/士道」の記事については、「SIDOOH/士道」の概要を参照ください。


徳川家茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 05:47 UTC 版)

ばくだん!〜幕末男子〜」の記事における「徳川家茂」の解説

十四代目将軍普段は弱気だが、気概しっかりしている股間一物マコト驚愕するほと大きい。

※この「徳川家茂」の解説は、「ばくだん!〜幕末男子〜」の解説の一部です。
「徳川家茂」を含む「ばくだん!〜幕末男子〜」の記事については、「ばくだん!〜幕末男子〜」の概要を参照ください。


徳川家茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/15 01:47 UTC 版)

胡蝶の夢 (小説)」の記事における「徳川家茂」の解説

第14代将軍少年の頃紀州から江戸城移り住み皇女和宮を妻に迎える。第2次長州征伐大阪入りした後に発病し、良順を始め侍医団を心の拠り所としつつ若くして世を去る。

※この「徳川家茂」の解説は、「胡蝶の夢 (小説)」の解説の一部です。
「徳川家茂」を含む「胡蝶の夢 (小説)」の記事については、「胡蝶の夢 (小説)」の概要を参照ください。


徳川家茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 16:32 UTC 版)

お〜い!竜馬」の記事における「徳川家茂」の解説

第十四代徳川幕府将軍海舟・一翁が仕えた青年。わずか二十一歳で病没する。

※この「徳川家茂」の解説は、「お〜い!竜馬」の解説の一部です。
「徳川家茂」を含む「お〜い!竜馬」の記事については、「お〜い!竜馬」の概要を参照ください。


徳川家茂(とくがわ いえもち)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/07 18:00 UTC 版)

一路」の記事における「徳川家茂(とくがわ いえもち)」の解説

将軍優秀な人材求め左京大夫真の姿御庭番探らせる。

※この「徳川家茂(とくがわ いえもち)」の解説は、「一路」の解説の一部です。
「徳川家茂(とくがわ いえもち)」を含む「一路」の記事については、「一路」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「徳川 家茂」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「徳川 家茂」の例文・使い方・用例・文例




徳川 家茂と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

徳川 家茂のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



徳川 家茂のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2022,Hofu Virtual Site Museum,Japan
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2022 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
江戸net江戸net
Copyright (C) 2022 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの徳川家茂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのあかね色の風 -新撰組血風記録- (改訂履歴)、SIDOOH/士道 (改訂履歴)、ばくだん!〜幕末男子〜 (改訂履歴)、胡蝶の夢 (小説) (改訂履歴)、お〜い!竜馬 (改訂履歴)、一路 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS