保科 正之とは?

保科 正之 (ほしな まさゆき)

1611〜1672 (慶長16年寛文12年)
会津藩主】 会津名君腹違いの兄家光遺言で、家綱の名補佐役に。
会津23万石藩主徳川家光異母弟。父秀忠の命で保科氏養子となる。1643年会津藩大名として入部すると、幕府先駆けて殉死を禁じるなど、藩政改革した。家光遺言で4代家綱補佐し、武断政治から文治政治転換する幕政主導した。殉死の禁は正之の献策玉川上水開墾建議も行った。

 年(和暦)
1612年 (慶長17年) 幕府直轄領禁教令 1才
1612年 (慶長17年) 駿府銀座江戸に移す 1才
1614年 (慶長19年) 大阪冬の陣 3才
1615年 (元和元年) 大阪夏の陣 4才
1617年 (元和3年) 日光東照宮社殿竣工 6才
1617年 (元和3年) 吉原遊郭開設許可 6才
1624年 (寛永元年) スペイン船の来航禁止 13
1629年 (寛永6年) 女舞女歌舞伎禁止 18
1637年 (寛永14年) 島原の乱 26
1639年 (寛永16年) ポルトガル船の来航禁止 28
1641年 (寛永18年) 平戸商館長崎出島に移す 30
1643年 (寛永20年) 田畑永代売買禁止令 32
1651年 (慶安4年) 慶安の御触書公布 40
1659年 (万治2年) 江戸城本丸造営竣工 48
1663年 (寛文3年) 武家諸法度改定 52


 人物
由井 正雪 1605年1651年 (慶長10年慶安4年) +6
徳川 和子 1607年1678年 (慶長12年延宝6年) +4

保科正之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/24 00:48 UTC 版)

保科 正之(ほしな まさゆき)は、江戸時代前期の大名会津松平家初代。信濃国高遠藩主、出羽国山形藩主を経て、陸奥国会津藩初代藩主。江戸幕府初代将軍徳川家康の孫にあたる。3代将軍・徳川家光の異母弟で、家光と4代将軍・家綱を輔佐し、幕閣に重きをなした。日本史上、屈指の名君との呼び声も高い。将軍の「ご落胤」でもある。




注釈

  1. ^ 正光は先に実弟の正貞を養子にしていたが、正貞を廃嫡・義絶して正之を嫡子とした。
  2. ^ この際、正之の嘆願で正貞も大名(上総国飯野藩)に取り立てられて保科家を存続させた。
  3. ^ 後述される、幕府の財政破綻を早々に察知し、金の浪費を抑えた結果、ともされる。

出典

  1. ^ 福田千鶴『江の生涯』中公新書、2010年。
  2. ^ a b c 長谷川 2005, p. 19.
  3. ^ 長谷川 2005, p. 18.
  4. ^ 長谷川 2005, p. 22.
  5. ^ 長谷川 2005, p. 20.
  6. ^ 『会津事始』「七木八草四壁竹本御定法事」
  7. ^ 『図説 福島県史』


「保科正之」の続きの解説一覧



保科 正之と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「保科 正之」の関連用語

保科 正之のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



保科 正之のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
江戸net江戸net
Copyright (C) 2020 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの保科正之 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS