小袖とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 小袖 > 小袖の意味・解説 

こ そで [0][1]小袖

袖口が狭く、垂領たりくび)で前を引き違えて着る衣服現在の長着原形平安時代には、貴族装束内衣であり、庶民日常着として用いた。次第貴族服装簡略化されるにつれて上衣うわぎ)となり、男女ともに広く着用するようになった室町時代にさらに洗練されて、打掛うちかけ)・被衣かつぎ)などの豪華装飾用の小袖を生んだ。近世になって袂(たもと)が長くなり、身丈長くなって近世後期にはほぼ現在の長着の形となった。
礼服大袖の下に重ね筒袖盤領まるえり)の衣服
絹の綿入れ。 → 布子ぬのこ

小袖

読み方:コソデkosode

平安時代以降貴族の厚い装束下の下着として用られたもの。


小袖〈繍箔風景四季花文/〉

主名称: 小袖〈繍箔風景四季花文/〉
指定番号 2138
枝番 00
指定年月日 1963.07.01(昭和38.07.01)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 工芸品
ト書
員数 1領
時代区分 桃山
年代
検索年代
解説文: 桃山時代作品

小袖

読み方:コソデkosode

表と裏地に絹を用いた綿入

季節

分類 人事


小袖

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

小袖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/01 15:11 UTC 版)

小袖(こそで)は、日本の伝統的衣装の一つ。現代日本で一般的に用いられている、和服(着物)の元となった衣類である。口の開きが大きく、袖丈一杯まで開いている袖の形状を、大袖(おおそで)と言うのに対し、「小袖」は袖口の開きが狭いことから付いた名称である。


  1. ^ 長崎巌『染と織を訪ねる』、p.67
  2. ^ 長崎巌『染と織を訪ねる』、p.60; 「新指定の文化財」『月刊文化財』549号、第一法規、2009、p.54
  3. ^ 長崎巌『染と織を訪ねる』、p.64; 「新指定の文化財」『月刊文化財』549号、第一法規、2009、pp.23, 54
  4. ^ 長崎巌『染と織を訪ねる』、p.67


「小袖」の続きの解説一覧



小袖と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小袖」の関連用語

小袖のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



小袖のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2020 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小袖 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS