匁とは?

もん め [3]

尺貫法目方単位。貫の千分の1。一匁は3.75グラム。目。尺貫法廃止後も、真珠目方量る単位として使用認められている。 →
(「文目」と書く)銭を数え単位。銭一枚一文目とした。文。 →

読み方:モンメ(monme)

(1)尺貫法衡量単位。1匁は1貫の1000分の1(3.75グラム)。
(2)江戸時代銀目単位小判1両の60分の1。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/26 06:00 UTC 版)

(もんめ)(記号:mom)には、以下の二つの用法があった[1][2]




注釈

  1. ^ 江戸時代初期鋳造と考えられている加賀花降銀は量目100匁だが、「百目」と表記されている。『日本貨幣収集事典』p81.
  2. ^ 『新稿 両替年代記関鍵 巻二考証篇』は「二百"九十"匁四分九厘」と記しているなど誤植による異同がある。

出典

  1. ^ 『広辞苑』「匁」p2209.
  2. ^ a b c 『廣漢和辞典 上巻』「勹部-匁(1410)」,p416.
  3. ^ a b c d e 『国史大辞典』「匁(重量単位)」, p920.
  4. ^ a b c d e f 『国史大辞典』「匁(銀貨の単位)」, p920.
  5. ^ a b c 『国史大辞典』2巻「銀目」, p697.
  6. ^ a b 小泉(1974), p345.
  7. ^ 小泉(1974), p220-222, 345.
  8. ^ 計量単位令別表第6 項番4、「真珠の質量の計量、もんめ、キログラムの〇・〇〇三七五倍」
  9. ^ a b c 花野韶「貨幣から見た匁の変遷」2008年
  10. ^ 大内家壁書 13/32コマ”. 国文学研究資料館. 2018年2月12日閲覧。
  11. ^ 三上(1996), p29-30.
  12. ^ 小葉田(1958), p78.
  13. ^ 両替年代記(1933), p200-202.
  14. ^ 草間(1815).
  15. ^ 三上(1996), p213-215.
  16. ^ a b c 桜井信哉(1996)、江戸時代における貨幣単位と重量単位 : 大黒作右衛門の「匁」の名目化=貨幣単位化意図を事例に 『社会経済史学』 1996年 62巻 4号 p.486-511,568, doi:10.20624/sehs.62.4_486
  17. ^ a b 明治大正財政史(1939), p11-12, 138-146.
  18. ^ 小泉(1974), p358-359.
  19. ^ 小泉(1974), p220, p345.
  20. ^ 笹原(2007), p91.
  21. ^ 計量単位令別表第6 項番4、「真珠の質量の計量、もんめ」
  22. ^ 計量単位規則別表第4 真珠の質量の計量、もんめ、mom
  23. ^ Weights and Measures Ordinance”. The Law of Hong Kong. 2012年1月28日閲覧。
  24. ^ "Weights and Measures" in The Miners' Pocket-book.
  25. ^ 小泉(1974), p220-222.
  26. ^ 小泉(1974), p255-256.
  27. ^ 田谷(1963), p124.
  28. ^ 三上(1996), p123-124.
  29. ^ 小葉田(1958), p119.
  30. ^ 三上(1996), p29-30.
  31. ^ 田谷(1963), p125.
  32. ^ 小葉田(1958), p169-173.
  33. ^ 草間(1815), p822.
  34. ^ 三上(1996), p30.
  35. ^ 『新収 日本地震史料 第三巻 別巻』, p316.
  36. ^ 鹿野嘉昭, 銭匁勘定と銭遣い -江戸期幣制の特色を再検討する- 同志社大学 經濟學論叢 61(1), 19-60, 2009-07
  37. ^ 東京大学経済学部, 経済学研究科所蔵の古貨幣コレクション
  38. ^ a b 石原(2003), p170-187.
  39. ^ 田谷(1963), p464-465.
  40. ^ 久光(1976), p159.
  41. ^ 両替年代記(1933), p260-261.
  42. ^ 明治財政史(1905), p317-319.
  43. ^ 瀧澤・西脇(1999), p154-155.
  44. ^ 鹿野嘉昭, 2012, いわゆる銀目廃止について, 松山大学論集, 第24巻第4-2号, 221-246.
  45. ^ 岩田重雄,「近世における質量標準の変化」『計量史研究』, 日本計量史学会, 1979年, 5-9.
  46. ^ 小泉(1974), p355-356.
  47. ^ 西脇(2001).
  48. ^ 田谷博吉, 1973, 江戸時代貨幣表の再検討, 社会経済史学, 39巻, p23-24.
  49. ^ 青山(1982), p89.
  50. ^ 三上(1996), p66-68.
  51. ^ 小葉田(1999), p84-87.
  52. ^ a b 久光(1976), p201-207.
  53. ^ a b 度量衡令 付表
  54. ^ 「チー」、二村隆夫 監修『丸善 単位の辞典』2002年 丸善
  55. ^ WEIGHTS AND MEASURES ACT (CHAPTER 349) THIRD SCHEDULE Section 40 CUSTOMARY WEIGHTS
  56. ^ 「チー」、二村隆夫 監修『丸善 単位の辞典』2002年 丸善
  57. ^ 「マース」、二村隆夫 監修『丸善 単位の辞典』2002年 丸善


「匁」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2012/02/12 14:55 UTC 版)

発音

接尾辞

  1. 単位尺貫法における質量単位。1/1000真珠質量国際単位momme 記号"mom")。
  2. 単位江戸時代における同量の銀相当の貨幣単位

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



匁と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「匁」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||


4
90% |||||

5
90% |||||

6
90% |||||

7
90% |||||

8
78% |||||


10
58% |||||

匁のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



匁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの匁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS